FC2ブログ

安倍政権と太宰と戦争

 安倍政権は「国家安全保障に関する有識者会議」「「憲法改正推進本部」を相次ぎ開き、憲法改正を強調しました。将来は徴兵制をも視野に入っている感じが透けて見えます。

 肺疾患で徴兵を免れた戦時下の太宰は、あからさまに国家社会主義に乗じた小説を書くことも、あからさまに戦争反対を掲げることも、あえて沈黙もしなかった。

太宰は『十五年間』の中で「私は戦争中に、東条に呆れ、ヒトラアを軽蔑し、それを皆に言いふらしていた」と書いているが、この発表は戦後のことで、戦時中の作品には勿論このようなストレートな発言は見当たらない。
又「若い人が戦地で戦っているのに自分が死んではいられない」とも言っています。事実この間の自殺行動はありません。当時の戦時教育の強い影響で志願した人もいたが、醤油を飲んで徴兵を拒否した人もいたのも事実です。誰しも、死を覚悟の徴兵には拒否反応を持っていたのです。勿論親たちも・・!

 イタリアの反戦監督の「ひまわり」でも主人公のアントニオは精神病を装い病院に入ることに成功したが、詐病を見破られ、ロシア戦線に送られ愛する妻とも別れます。戦争が興した夫婦の悲哀の名画です。誰しも、死に直面する戦争には喜んでいく人は居ないと思う。
僅かでも、このような悲劇を生む危惧のある憲法改正にはこぞって国民は反対するべきと付くづく思った次第です。                         

太宰と政治

 体調を崩し、一日入院したベッドでゴルフの「日本女子オープン選手権」を見た。優勝したのは、中国のフォン・シャンシャンであった。尖閣問題で揺れる日中間の不穏な空気の中、多くのギャラリーの声援を受け「心配は、飛んじゃっています」とあどけない笑顔で答えた。日本の暖かい姿に中国国民もホッとしたことであろう。
スポーツに国境はないと痛感した。

 自民党も政権から下野して3年間の斜陽を体験し、今また、失政から自ら斜陽を迎えた民主党を見るとまさに、諸行無常の感を覚える。政治の黄昏を迎えたようである。

 「斜陽」で一躍流行作家となった太宰治は、政治には無関心で個人と個人との真実を追求していたが、「政治は大袈裟なこと言ってても、何も変わらず、私のような個人の歴史を語る作品が将来思わぬ良い結果をもたらすであろう」という趣旨の言葉を残している。
同じ仲間の、坂口安吾も「政治による救いなどは、上皮だけの愚にもつかない物である」と堕落論で述べている。

 政治家は庶民に対する、罪悪感がなく、反省の気持ちも乏しく期待するに値しないと、言わんばかりである。
太宰が「富獄百景」で(富士には、月見草がよく似合う)という名セリフがあるが、富士は月見草のような庶民への純粋な声援とも取れる太宰の純朴な心情が詠われていると思う。

この作品を発表した昭和14年は、第二次世界大戦が始まった年で文壇も国策文学が氾濫した重苦しい時代であった。太宰は、侵略戦争には反対であった。だからあまり、戦記物は書いていない。
今、尖閣、竹島問題で、勇ましい「愛国論もどき」が叫ばれているが、戦争へのわずかな危険に対しても国民は迎合すべきではないと予見していると思うのだ。

 所詮、国と国には自国の権利のみを主張し国益という便利な言葉で、中々妥協はできないものと思う。
国といえども、個と個の集合体である。個人同士が声援し合う地味な活動が大切なことと思う。
スポーツを含めた文化交流の有効性に、ゴルフ大会から学ばされた感じがした。

 政治は、保守だけではダメで、常に改革が必要であり、保守と改革のバランスが今後の政治に求められるものと痛感した次第であります。



☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ


                        

太宰と水のモチーフ

 images (2)
 
太宰と小山初代       田部シメ子(田辺あつみ)





太宰の「魚服記」の発表する前に「魚服記について」という文章がある。(私は切ない生活をしていた期間にこの雨月物語を読みました。これを読んで私は、魚になりたいと思いました。魚になって日頃、私を虐げている人たちを笑ってやりたいと思いました)と記しています。しかし、「切ない生活をしていた時期」に「雨月物語」を読んだとは限らないと、武蔵大の鳥居邦朗が書いている。
むしろ、師匠と憧れた井伏鱒二の「山椒魚」に影響されているのではということである。


太宰が最も「切ない生活をしていた時期」とは昭和5年11月の江ノ島小動ヶ崎(こゆるぎがさき)の心中未遂事件である。弘前高校時代に知り合った芸妓小山初代の家出上京事件を契機に、東大仏文科時代、当時非合法の左翼運動に奔走し、長兄により太宰は分家除籍させられる。衝撃を受けた太宰は、銀座の女給田部シメ子と心中を図り女を死なせてしまう。この事件は実は服毒心中未遂であったのだが太宰は「投身心中未遂」として作品化しているのだ。この事件は「自殺幇助罪」として当局に取り調べられたが、長兄らの働きで起訴猶予となるのだ。
「道化の華」で(僕はこの手で園を水にしづめた。僕は悪魔の傲慢さもて、われよみがえるとも園は死ね、と願ったのだ。)と書いている。太宰は「小説を書くということは「復讐」である」とした。「虚構の春」「「東京八景」「人間失格」でもこの事件をモデルにしながら投身心中未遂として描いている。「魚服記」を含めた太宰作品の水中のイメージは、この事件の体験によるものだ。「魚服記」や「思い出」、話題作「道化の華」等を収めた[晩年]は、刊行と同時に反響を呼び従来の小説のスタイルを無視し大胆に描いた作品は新鮮な印象を与え広く歓迎され、新進作家としての地位を確立した。
この事件は太宰にとって強い心の傷になったことは否めない。長兄に対する反抗も事件の原因になっているのだが、自分を苦境に立たせた人たちへの強烈な反逆でもあり、復讐であったのである。「処世術」としての自殺であったか計画的殺人の様にも考えられるのだが憶測の域は免れない。投身自殺でもないのに水にこだわる執念は、このような嘘や罪悪感からの開放が水のイメージへとなったのであろう。自虐と罪悪感から自己弁護、自己救済の思惑も見られるのだ。

39年の人生で5回の自殺を試みているが、田部シメ子や小山初代(未遂に終わる)との自殺は「愛ゆえの情死」ではなかったと言われても仕方がないのである。親友の檀一雄の話によると「彼は、女性蔑視の男」と語っている。1948年(昭和23年)に玉川上水における愛人(山崎富栄)との入水心中により生命を絶つ。この事件は当時から様々な憶測を生み、愛人による無理心中説、狂言心中失敗説等が唱えられている。2人の遺体が発見されたのは、奇しくも太宰の誕生日である6月19日の事であった。
最後に、玉川上水に入水して死んだ事は「水」の中へと導かれた皮肉な現実である。


☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ
            

続きを読む

             

太宰、田辺あつみと心中事件の謎、

田辺あつみ(田部シメコとも言う)  ダウンロード 

 昭和5年のある日、太宰は銀座の[ホリウッド」で初めて洋服姿の美貌の[田辺あつみ]とめぐり合った。広島第一高女に進んだ才媛である。しかしが画家の内縁の夫がいる身であった。39年の生涯で5回の自殺未遂を繰り返し、狂言自殺とさえ言われた男である。太宰から頼り無い夫のこともあり、店の借金もあり、自殺をし様といわれたあつみが鎌倉七里が浜でカルモチン自殺を図る。太宰21歳、あつみ18歳であった。苦悶中に太宰は丘で発見されあつみは水中で死んだ。「葉」[道化の華」[狂言の神][人間失格]などの小説では全て「入水自殺」とされている。この事件は晩秋の海にあつみが突き落とされた可能性が否定できない。彼は自殺ほう助罪で取り調べられた。

 当時太宰は非合法運動に熱心で、兄の国会議員は名代の名士でもあり、この問題をなんとか音便に終わらせたかったはずである。警察のあらゆる縁故を頼り、結局、[起訴猶予]となった。

 現代でも司法は堕落し、冤罪事件が後を断たない異常な時代である。世界の大文豪として揺ぎ無い、大フアンの[太宰治]といえども法的には時効の壁はあるとしても、この不可解な事件の「真相」を検証しても、太宰の、偉業は落ちることは無いと思う。敢えて、太宰フアンには申し訳ないと思うが思い切って一端を提言した次第です。

                        

家庭は諸悪の本

 酒もタバコもやらない模範的な、役場の戸籍係がいた。しめた!帰宅の時間だ。その時みすぼらしい身なりの女が出産届けを持って彼の窓口に現れる。「お願いします」「駄目ですよ。きょうはもう。」「今日でなければ、あたし、困るんです。」彼はその出産届けを窓口の外に押し返す。

その夜半にその女は玉川上水に飛び込む。極めて官僚的な仕事振りを描いて、その背景には家庭の小さな幸福を、守り通そうとするエゴイズムがあると言い「曰く、家庭の幸福は諸悪の本である」と断じた、太宰治の「家庭の幸福」の一節である。
彼の信条に「自己は他のためにある」「人を傷つけずに、奉仕することだ」とあり精力的に、多くの作品を残している。

 政局は菅降しが極まり自公が不信任案を提出すると言う。数から言えば否決されるのだが、あれだけ嫌って排除した、元小澤一郎グループの反旗に期待するところが多である。この非常時に、何故か?と疑問がある。
復興の手立てと、原発の対応が悪いと言うが、若し、可決して誰が総理になると言うのか、国会は大混乱を来たし復興をさらに遅くはしないだろうか。!被災地の方はどう思うだろうか。

 菅総理が不人気で、支持率も低いのは皆が分かっている。しかし、復興予算も決まらずにいる今、権力闘争をしているときではないと思う。予算を通した後でもよいのでは。
原発事故では、被曝して死者まで出ていると言うのに、一体政治家と言う人種の性根が分かりかねる。

 政党を家庭に置き換えて考えてみると、各党の繁栄を思うのは当然であるが政治の目的である弱い者を助け、安心安全を願うことが先ではないだろうか。
太宰も、「家庭の幸福は人生最大の栄冠である」と言っているが、他者(国民)を救うための土台であるからなのだ。各党の利益を追求するうちに悲劇はかまわず、突き進んでいくことを忘れてはならないと思う。

                          

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      464位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      133位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア