FC2ブログ

桜桃忌、何故今なお人気か?

、三鷹の禅林寺境内の、太宰治の墓〈友人の、亀井勝一郎の追悼文が書かれている 






 太宰治の墓、 斜め後ろに、森鴎外の墓がある。


ちょうど太宰の命日に、胃腸のカメラで検査入院していたら、新聞に、一切桜桃忌の記事がなくおかしいなと思っていた。秋葉原殺傷事件記事で一杯だからか、太宰の暗い文学は、この時期に、不適だからかと勝手に思いこんでいた、帰宅して他紙を見たら、写真入で報道されていた。私事ながら、私の検査は悪性ではなくほっとした。
太宰が、富栄と入水自殺してから速くも、60年が経た。来年が、生誕100年になる。
放蕩時代の友人今官一が[桜桃]から懐けたのが桜桃忌の起源だ。
その一節に下記の文がある。
「お父さんはお鼻にいちばん汗をおかきになるようね。いつも、せわしくお鼻を拭いていらっしゃる。」
「それじゃ、お前はどこだ。内股かね?」
「お上品なお父さんですこと。」
「いや、何もお前、医学的な話じゃないか。上品も下品もない。」
「私はね、」
と母は少しまじめな顔になり、
「この、お乳とお乳のあいだに、・・・・涙の谷、・・・・」
涙の谷。
父は黙して、食事をつづけた。
〈父は太宰、母は妻の、美知子さん)
このように太宰は、暗いイメージとは反対に、実に、ユーモアがあり、人を笑わせることが得意な面があった。所謂[奉仕の精神]、と言う奴だ。道化がうまい人でも在った。


次回に続く
                        

勝利は「女神」に愛されねば為らず

 モグラが土の中で薄暗い裸電球で本を読んでいたら、姪の子が遮二無二地上に持ち上げてくれた。
矢張り地上は何でも見える。明るい光に照らされ、一筆書く気になった。
■私の好きな棋士に米長邦雄(日本将棋連盟会長、都教育委員)と言う男がいます。15年前史上初めて、最年長50才で名人位を獲得した。相手は塩釜の天才中原誠名人(マスコミで林葉直子と不倫で騒動をおこす)6度挑戦して敗れ7度目にして遂に勝利したのだ。50年間{女神}-(西欧神話の女の神)を研究した変わった棋士だ。{勝利の女神}は謙虚で笑いを好むことに気がついたそうだ。そこで若い棋士(今を時めく羽生、佐藤、森内名人)に頭を下げて、習いに行ったのだ(謙虚)
勝って驕らず、負けて悪びれず、「ともに勝つ」(笑いの精神)が神の意思であると言う{女神信仰}を奉じている人なのだ。
■米長さんは、只の棋士ではなく、中々の哲学者でもある。3人の兄はみな東大に行き活躍している。語録に(兄貴は、頭が悪いから東大に入ったので、俺は、頭が良いから棋士になったのだ)という
有名な話がある。特に中国史に詳しく、唐の時代の「鑑真和上}(唐招提寺に座している)が日本に渡航を5度失敗し、弟子を36人失いながら、6度目に成功し、失明をしたことに感銘して一番尊敬していると言う粋な学者でもある人だ。
■人生相談にも応じている位で{家庭の空気が円い、夫婦仲が良いことが非常に大事で、これが勝負や子供の将来を決める事になる}と言うのが持論だ。勝利の女神は幸運の女神でもある。
このように、女神に好かれなければ、運も勝利も来ないらしい。
■、過去の辛酸、孤独、悲哀は反省すれども、とらわれず、不屈の精神を持っていれば、かならず
{女神}と仲良くなれると思った。政治、外交、教育もこの{ともに勝つ}の姿勢があれば解決策も処方されると思う。勿論俗世界の、{女性}に好かれなければ、人生の勝利は来ないことを銘記しなければ為らない。

[憎しみは憎しみによってとめられず愛のみによりとめられる]仏陀                         

喜怒哀楽と雑念妄想

 暫くご無沙汰いたしました。(悟った)?心算が大誤算。昨年の手術の痛みと愚恥に犯され〔欝〕状態の回廊に迷い込んでしまった。
遂に〔うめき声〕を発し、雲隠れしていました。
■幸い、4姉の援助で札幌近郊では、最大の温泉郷の定山渓(札幌市街中心部から国道230号を中山峠方面へ車で約40分の所に位置する定山渓温泉街。
定山渓温泉は、温泉開発に生涯を捧げた美泉定山(1805~1877)の名前にちなんで命名された。
その美泉定山禅師が生誕して今年200年を迎へる。}に湯治に行っていました。姉とは慈悲の人なり。!!しかしまだ北海道の温泉は残雪があり、秋の紅葉ほど風情を感じない。寧ろ苦悩が増幅したかの感じを受けた
■白楽天の詩に〔慈雨夜諦〕と言うのがある。{情け深い鳥が夜、母を慕って鳴く〕という.慈鳥と言って母の口に恩返しをする鳥とされているそうだ。俗にいう〔さと鳥〕=カラスである良寛上人が、夜烏の鳴くを聞いて悟りを開いたと言う話がある。鳥でさえ孝心があるのになんと、俺様はなんと情けない人間なのだろうか。

■先の記事で、「三心]「三毒」などという言葉を書いた自分に嫌気をさした。帰りの車窓から清流のせせらぎを聞き鳥の囀りに耳を澄ましても、詩情が沸くはずが無い。恩知らずの自分を恥じ、「三楽」を読みなおした。[家族の無事][心の平安]「後進の教育」
この三つが本当の人生の楽しみであると書いてあった。
■人の恩を忘れた、拙者は、更に手痛い罪と罰を受けた。帰宅して冷蔵庫からビールを出して呑もうとしたら、温水になっていた。つまり冷蔵庫が壊れてしまったのでした。諦めて寝るしか道は無かった次第です。改めて、感謝の大切さを再考させられました。こんな男ですが、亦今後お付き合いお願い申し上げます。
                        

春分の日に当たり

 最近バスに乗って[女性]の美しさに目を奪われる。セーラー服に見惚れ[俺も将軍様か、秀吉になりたいなー]と思い慌てて窓外に目を移す。男と言うものは何時になっても[煩悩」が消えないものだ。
■今日は彼岸の中日だ(17日ー23日]この季節は太陽が真西に没し水平線の彼方の岸に極楽浄土と言う真実の理想郷(悟りの世界)があるところから今は亡きご先祖の徳を偲び自己反省をする日だ。
 キリストは悔い改めたものが昇天するといい、仏教では死ななくても悟れるものは彼岸に往けると教えている。日ごろ読経している仏教経典を彼岸と言うことで熟読してみた。
 ■「三心」「三毒」と言う言葉に目が留まった。「三心」とは喜心[感謝の心]、老心「親切な心」、
大心「ゆたかな心」を言い、「三毒」は「一切の煩悩の根本なり」と。


「貧毒」とは、自分の欲望に執着するエゴイズムであり、「瞋毒」とは、自分の意にそぐわぬと、直ぐ怒りが顔や目にでる事で、「痴毒」とは、貧毒と一緒に起こるもの。自分の損になることには、[俺には関係ない)との逃げること。この三つの心の病が、一切の心を惑わせ身を悩ます原因だ。とある

この「三心」「三毒」にきずき「三毒」を捨てて「三心」を堅持するための心の修業が大切だと言う。言うは易いが中々大変な事だと思った。■論語にも「良い友達をもて」と言う言葉がある。今流に言えばというのだ、「剛直な人、誠意のある人、誠実をとうす人、良く勉強して博識な人を友とすれば益がある」自分もそのように努力すべきである。「類は類を呼び」世の中がよくなると思う。
 ■我々凡人は、そのひとつでも会得して、世の為、人の為に為るべく努力する以外ない。
ゴールまで「諦めずに」せいぜい先祖の供養に努めなければ為らないと思った。

  「友を選ばば書を読みて、六分の侠気、四分の熱」鉄幹                         

NHKドラマ「鞍馬天狗」をみて

 幕末物の好きな私は久しぶりにNHKの「鞍馬天狗」を見て清々しい思いを持った
一応討幕派の志士という設定だが勿論架空の謎の剣士である
弱きを助け強きを挫く勧善懲悪物語だが天狗と親も兄弟もいない貧しい角兵衛獅子の(杉作、実は女の子)との親子愛が涙を誘う。新撰組と長州藩士との殺し合いではあるが実はこの関係をテーマとして捉えたところが只の歴史物と違う感動を与えていたと思う
 数年前のドラマ「新撰組」の近藤勇とは違い、敵の天狗とも奇妙な友情を描写した事も成功の一因だ  勿論作者の大佛次郎の戦争反対の精神もあるが(無駄な殺生をしない)鞍馬天狗の正義感が
 思い存分発揮され、その役者の野村萬済の演技もさえていた。一辺にフアンになった。
かっこよさは何時の世でも痛快だ。
                        

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      433位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      125位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア