FC2ブログ

浦臼町の「三日月湖・鶴沼公園」(龍馬の一族が移住した街)

 画像 077
画像 079 画像 082 画像 085
 

 久し振りの好転に恵まれ、日帰り温泉に出かけた。道内の温泉は、くまなく行き尽くし、最も過疎といわれる空知地方(道庁改革で空知支庁から現空知総合振興局)の浦臼町の道の駅「つるぬまの湯」に向かった。信号もなく札幌から一時間半で着く。途中豪華な「月形刑務所」(旧樺戸集治監)を通り過ぎ浦臼まではただ広大な原野の中に、農家が散在しているだけである。しかし、樺戸連峰の山肌を覆う残雪は小さなヒマラヤ連峰を見るかのようで、見事な景観である。
浴槽は小規模であったが、食堂や浴槽から真下に眺望できる「つるぬま公園」の池はたまらない癒しと成った。桜の季節には格別の景色だろうと思い残念でした。玄関を入り驚いたのは、竜馬の大きな写真が飾ってあるのだ。何故だろうか?と疑問を持った。帰宅して調べてみると下記の通りの理由があった。

「坂本竜馬は3度、北海道開拓を目指したといわれます。

「新天地で農業や漁業を振興させたい」――

幕府の弾圧や船の座礁、近江屋での刺客により、竜馬らしい壮大な夢は叶うことはありませんでした。
現在、竜馬が生まれた土佐の高知に、竜馬の子孫はいないといいます。

なぜなら、坂本竜馬の系列一族が、浦臼町に移住したためです。
明治29年、北海道開拓を目指した坂本竜馬の意を受けた甥・坂本直寛は、北見を視察する途中、浦臼の聖園農場に立ち寄ります。

これを機に明治30年、直寛は4人の子どもを連れて浦臼町の浦臼沼の北側に移り住みました。

その後、高知では、坂本龍馬の養子・高松太郎が没したため、妻の留とご子息が、坂本直寛を頼って浦臼町に移住、没するまで浦臼町で駄菓子屋を営みつつ、浦臼町の発展に尽力したといいます。
(坂本竜馬の系列の子孫は、その後、東京に移住したとされます)(浦臼町HP)
▲龍馬は薩長同盟を成立したときの、ヒーローであり、今も広く国民に慕われている。しかし「歴史は後で作られる」というとおり真実は意外性も含まれているものだ。薩長同盟は、龍馬が一人で画策したのではなく、薩摩の、西郷が脱藩浪士の、龍馬に長州に使者として交渉させたのである。
今の米国の、CIAのエージェントのような立場であった。勿論、勝海舟から龍馬の人格、能力の高さを知らされていたから、利用したわけで、龍馬が実質、桂小五郎を説得した事実は否定できない。

幕府から警戒されていた薩摩藩は脱藩浪士の龍馬を主役に立てることが都合も良かったわけだ。
いざというときの、逃げにしようとしていた節がある。
しかし、自由人の活動力のある龍馬は維新の立役者には違いない。とかくヒーローは伝説化されやすく、浦臼の記録も100%真実とも限らないのではないかと思った。
いずれにしても、維新を見ずに、何者かに殺された、竜馬の求めた「自由と平等」が今の世の中、生かされているかは疑問符がつく。           
浦臼町は明治20年樺戸集治監の囚人によって、月形~晩生内間道路を開削した
ことにより未墾の地に開墾の鍬が入り明治32年には月形村より分村、平成22年には
開町111年、町制50年を迎える。
  本町は、北海道の中西部、空知管内のほぼ中央に位置し、面積101.08キロ平方
メートルで人口2200人くらい、樺戸連山と雄大な石狩川に挟まれ、いくつもの川や沼が点在する
ほぼ平坦な地形で、気候も高温適雨で農業に最適な環境にあるが、冬は雪が多く
平年降雪量は13メートル~14メートルに達する。 函館本線にほぼ並行して石狩川右岸を通っている。

札沼線という名称は、札幌駅と、かつての終点だった留萌本線石狩沼田駅から一文字ずつ取ったものである。ただ、1972年に新十津川 - 石狩沼田間が廃止されたため、札沼線という路線名が意味をなさなくなっていたこと、沿線に北海道教育大学札幌校や北海道医療大学など、学校が数多くあることから、1991年3 月16日から学園都市線という愛称が付けられた。なお、列車内などで行われる乗り換え案内においても、正式名称の「札沼線」ではなく「学園都市線」が用いられている。

889年に起きた奈良県吉野郡十津川村での十津川水害の被災民がトック原野に入植し新十津川村と称した。この関係で十津川村とは同じ町(村)章を用いている。
関連記事
             

コメント

ももたろう! さんへ!!

今注目の中国の記事をUPされている「ももたろう」さんは貴重な人です。!
いつも拙文で申し訳なく思います。汗)

荒野鷹虎 様

今日は~!
何時も為になる記事を有難うございます!
今後とも宜しくお願い致します!

阿修羅王さんへ!!

龍馬暗殺は当時の兵部省が京都見回り組だと判定しましたが永遠の謎ですねー。
北海道は多くの武士がわたって来て、原野を開拓したものです。此処浦臼は囚人の血と汗の結晶で出来たようです。10年間で、1400人以上も死んでいます。
IFは禁物ですが、龍馬が暗殺されなかったらこのような、悲惨なことも起きなかったかも・・・いずれにしても、龍馬の功績は
どこかで活かしていかなければかれも浮ばれませんねー!

見張り員 さんへ!!

私も、びっくりしました。それにしても高知に一人も身内がいないというのが、信じられないのですが・・未開の分野に興味を持っていた竜馬の意思が親族により実現したということでしょうか?!坂本家の、お墓もあると聞きました。竜馬資料館があったのですがよる暇がなく、又言ってみたいと思います。
>「こりゃいかんぜよ!」・・・なんて。」<
本当にそう思っているでしょうね~^^

No title

開拓の歴史には多くの逸話があるのですね。
十津川村のことは、そう言えば聞いたことがあるように思います。しかし龍馬もこの件にたいして関わりがあったとは、本当に知りませんでした。勉強になりました。

歴史には「もしも」がよく言われますが、龍馬ももしも開拓に成功していれば、また歴史も変わったのでしょうね。
現在の政府ももう少しよくなっていたら嬉しいけど・・・(^^;

灰色は黒です。断じて白ではないと思うんです。

こんばんは

坂本竜馬。
私たちを魅了してやまない人物ですね。その関係者が北海道に移住なさっていたとは知らなかったです。
新しい日本の姿を追い求めて、志半ばで倒れた竜馬さん。今のこの日本のあり様をどうご覧になってるでしょうか。
「こりゃいかんぜよ!」・・・なんて。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ろーずまりー さんへ!!

浅学非才の私は汗が出ます。
龍馬の脱藩の理由はあまり語られていませんが、「幕藩体制」に矛盾を感じたことが一番だと思いますねー。「コメ」を農民から搾取する幕藩の体制改革を願ったのでしょう。身分の低い出自だから(お金はあるが)自由と平等の精神に燃えたのでしょうねー。もしは禁物ですが、生きていても、政府の要人にはならない人物だったようです。魅力のある庶民感覚の人物で、今の政治家に必要なタイプでもありますね~!

まり姫 さんへ!!

岩倉具視一行がアメリカにわたり尊王は別として、攘夷ということは、時代遅れだと確信したのではないでしょうか。下級公家の岩倉は面従腹背というか腹黒い謀略家ですねー。倒幕というクーデターです。
明治新政府は、結局、中央集権で武士、農民の一般庶民のためにならず、西郷も、見限ったと思いますねー。看板は変りましたが、幕府とたいした変わりが無かったように思います。

龍馬の、暗殺は、謎に包まれていますが、矢張り幕府の死客なのでしょうかねー?
>「何せ天皇制を廃止して、日本を大統領制にしようなんて考えてたのですから「目の上のタンコブ」程度ではすまなかったと思います。」<
そうだったのですか。!其処までは知りえませんでした。汗)

こんばんは。

鷹虎さんの歴史ものの記事は、その時代背景とか人間関係などが、とても幅広く、掘り下げて書かれていらっしゃるので、なるほどって思うことがたくさんあります。
歴史から、教訓として学ぶべきことが伝わってきます。

幕末に大きな影響を与えた偉大な坂本竜馬についても、たいへん勉強になりました
ありがとうございます。

No title

こんにちは~♪

幕末史なら私の範疇だから、一言コメントしますね(*^^*ゞ
日本の歴史の歯車を狂わせた張本人は龍馬を暗殺させた連中だと思います。
明治新政府の高級官僚になった顔を見れば一目瞭然。
自由と平等とかけ離れた政府になってしまいましたよね。
政府中枢に座ったのは大久保利通と岩倉具視、西郷はすぐに鹿児島に引きこもってしまっています。

明治封建社会をつくるのには坂本龍馬はどうしても排除したかったものと考えられます。

何せ天皇制を廃止して、日本を大統領制にしようなんて考えてたのですから「目の上のタンコブ」程度ではすまなかったと思います。



華やぎ さんへ!!

脱藩して自由への道を駆け抜けた龍馬の意思を我々は受け継ぎ真の自由な社会を築き守っていかなければ成りませんね~!

最近いろんな記録が発見され真実も解明される日も来るでしょう!
いつもコメント感謝いたします。!

龍馬

享年三十三歳

人の生は潰えても、夢は誰かが引き継いで行く。

わからない部分もあるけど、大きな夢をもった生涯だったと思います。

プリティ・カフェ・チューリップ さんへ!!

 実は、旧国鉄を含む交通広告の営業をしていた関係で、全道を走り回り、手当たり次第に温泉に飛び込んだのです。笑)
ゴルフ場の近くはたいてい温泉がありますが、今はビール一杯も飲めず、寂しくなりましたよね~^^事故が自らの首を絞めたのですからやむをえません。!
桜は、函館あたりでは、そろそろでしょうが、札幌は5月に入ってからでしょうねー・
北部は浦臼の山がまるで氷山に見えるくらいですからまだ遅いのでしょうねー。

龍馬の本は好きでよく読みましたが、浦臼伝説は、初めて知り、驚きました。
義経伝説よりは信憑性が高いですねー!
屯田兵の開拓史でも見ればあるいは記しているかもしれません。!

No title

道内の温泉は、くまなく行き尽くしたとは凄いですね~!
温泉は格別ですが、新潟も結構ありましよ。
でもほとんど行ってません。(^_^;)
ゴルフ場隣接の温泉は制覇したかな?くらい・・・(^_^)v
桜の季節はこれからですか?
今日は桜吹雪がとってもきれいでした。
近日公開なんちゃって、

坂本竜馬は北海道に大変縁があるようですね。
勉強させていただきました。感謝!m(__)m
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      433位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      125位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア