FC2ブログ

裁判員制度

  
                                    最高裁

           
裁判所の仕事は,個人間などの法律的な紛争を解決したり,犯罪を犯した疑いがある人が有罪か無罪かを判断したりすることにより,裁判官が独立して裁判をします。国民の権利を守り,国民生活の平穏と安全を保つことです。
平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が,成立し,平成21年5月21日から裁判員制度が実施されます。
裁判員制度とは,国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度です。「裁判官が独立して裁判をする」ということに反するのでは。という意見もあります。 国民のみなさんが刑事裁判(極刑を含む、重大事件のみ)に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民の信頼の向上につながることが期待されています。国民が裁判に参加する制度は,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア等でも行われています。アメリカやイギリスは陪審制を採用し、12二人の陪審員が、密室で、有罪か無罪を決めます。それにもとずき裁判官が量刑を決めます。
▲日本は、独仏型の参審制をとり、量刑まで、裁判官と協議して決めます。法律に疎い裁判員が果たして公平な判定をできるかは疑問に思います。裁判官の誘導があってはなりません。そもそもこの制度は、権力の暴挙を牽制する意味あいがあります。外国では、裁判官の買収、警察の 賄賂は常識です。被害者だけの、味方のための制度ではないのです。いかに一人一人の、人権を、正当に守れるか、冤罪の防止になれるかが、導入の目的でもあると思います。



▲いずれにしても、裁判の遅延、社会の非常識をいかに正すかの、試練でもあります。裁判員に指名された多くの人は、不安を持っています。日本の刑事裁判の有罪率は、99・9%もあり、その中には、死刑もあります。自分の意見で、一人の罪人の命を奪うことに、ためらっているのです。制度の、合理性、日本向きかどうかは、3年に一度見直すことになっています。
          
「12人の怒れる男」17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員(ヘンリー・フオンダ)が無罪を主張した事から物語は動き始める……。 最後まで「有罪」を主張し続けた男は、息子と喧嘩別れしてもう2年間も会っていないことで苦しんでいた。自分の息子と被告の少年を心の中でだぶらせて、だから「有罪だ」とかたくなに繰り返していたのだった。男は泣きながら「無罪だ」と言って机に突っ伏した。

 少年に対する評決はついに「無罪」で一致した。12人の陪審員は裁判所の建物を出て、それぞれの家へと帰って行く。もう二度と会うこともないかもしれない。しかし、1人の少年が死刑になるかどうかを真剣に討議した体験は忘れることがないだろう。そうして「疑わしきは無罪」との評決に達したのだ。
 格好のいい役で、ヘンリー・フォンダがやりたかったのも頷けます。一人無罪を主張するのですが、目撃証言があやふやなことなどを説いて、少しずつ賛成者を増やしていきます。

裁判長が話す陪審員の心得、「どんな容疑者でも判決前は無罪なんだ。それを検事が有罪を立証しようとする。陪審員はその検事の意見に納得するかしないかで、それまでは白紙でいなければならない」と言う言葉と、映画の中で展開される陪審員の討議を通して、陪審員制度を幾らかは理解できたような気がします。自分自身が納得できる意見を持つことの大切さと、納得いくまで議論し尽くすことの素晴しさ。そんな当たり前のことを描いた作品である。だが、当たり前のことが当たり前のこととして実践されることが少ないからこそ、この作品の訴えに熱い感動を覚えるのだ。もしもあの時、あの場にたった1人でも「無罪」を主張する陪審員がいなかったら…。そして、陪審員の多くが先入観や思い込み、偏見、いい加減な気持ちで評決を出し、人の命を左右してしまっているとしたら…。陪審制度の持つ危うさについても鋭い問題提起をしている。





 
関連記事
             

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

愛さんへ!!

 自殺と殺人が、まるで、競争でもしているかのように、毎日紙面を賑わしています。何が真の原因なのでしょうか。命の尊厳が、軽くなったようです。
家族から犯罪者を出さないように温かい環境を作るようにすれば、社会も、国も、良くなるはずです。徳育が大事だと思います。!

No title

おはようございます。死刑制度は賛否両論ありますね。タウンさんのコメントの事件、忘れません。仰るとうりと思い同感です。被害者、遺族の方の気持ちを考えると胸が痛くなります。私にもむすめがおりますので許せません。命は尊い宝物、惨い酷い事件が起きないために、親がしっかりと小さい頃から善悪を教え込む必要があります。

タウンさんへ!!

おはようございます。!
裁判員制度は、司法への国民の参加です。民意の反映でもあります。当然今までの、裁判官独自の判決が、変わらなければ意味が有りません。「名古屋事件」も全員死刑になるかも知れません。

しかし現実は、三曹の専門家の意見が強く反映される恐れがあります。それでは意味がありません。

その検証が大事です。最初は、被告人が犯意を認めた簡単な裁判からはじめるそうです。量刑だけ決めるわけです。実は、その時素人の、裁判員が自由な意見を出せるかどうかが、問題だと思います。
当然裁判官の参考意見が、優勢になり引きずられることになりそうで、心配しています。紆余曲折を経て、進歩するしかないでしょうね。
脱税、背任、公金横領等と悪質な事件が比較的執行猶予が多く矛盾を感じますねー。

立法府の都合の悪い法律は、できないものなのでしょうか・・

「人が人を裁く」難しさを皆で考えるチャンスでもあります。

コメント有難うございました。!!

No title

こんばんは

今まで人々の手の届かなかった司法の世界が 裁判員制度によって開かれることは良いことだと思います。

皆さんも記憶にあるかと思いますが、平成19年8月24日に名古屋で起きた”磯谷利恵さん拉致殺害事件”。闇サイトで知り合った三人が”誰でも良いから女性を殺害して金を奪おう”と計画し実行された事件である。そして何の罪もない磯谷利恵さんが「助けて。。。」と懇願するのも聞かず僅かなお金を奪い殺害してしまった事件です。そのときの被害者の気持ちはどんなに無念で恐怖に満ちたものであったろう。その状況を考えると胸が張り裂けそうです。そして残された遺族の気持ちを考えると言葉もありません。最近、その裁判で判決が下りました。自首をした一人には”無期懲役”そして他の二人は”死刑”です。死刑を回避するための自首。。。しかしその被害者もどれほど生きたかったであろうか。何故殺害前に人間としての心が取り戻せなかったのか。本当に残念です。私はそのような残酷な事件を抑止するためにも極刑も必要だと思っています。
しかし死刑によって何が生まれてくるのであろうか。
死刑にしたところで被害者が生き返ってくるわけではないし。。。

人が人を裁くことは大変に重いことである。
もし私が裁判員になり、”死刑”を下さなければならないときやはり苦悩するだろうと思います。

裁判員制度もこれから時間をかけ論議され見直されていくであろうし
むしろ民事や行政訴訟でこそ発揮されるほうが良いのではないでしょうか。

おしんさんへ!!

 暫くでした。ちょっと心配をしてコメントしてみました。
皆陥るスランプというやつですねー。止むを得ませんよ。人間ですもの・・・私も、今日、1週間ぶりに更新しました。笑
ブログの性質のようなものですねー。気にしないで、マイペースが一番です。心身を鍛えて頑張ってください。わざわざコメント有難うございます。ではまた。!!

ありがとうございます

いまさら五月病でもないだろうに、最近ちょっと気が乗らないというかスランプというかそんな感じで更新が止まってましたが、気にして頂いてありがとうございます。
なんか書かなきゃと思いつつも手が動かない。そんな感じです。
ぼちぼち動かないといけませんね。
暖かくなってきて北海道もいい気候になっているのではないでしょうか。

ほんとにありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ejnewsさんへ!!

 禁止ワードで苦労をおかけしました。事実、歴史上廃止の理由は良くわかりました。世界の趨勢もそうです。人が人を合法的に殺すこと事態も神仏も許容しません。
ただ私も日本人の一人として、(約70%以上)死刑存続の、意見を持っているということです。感
情的かもしれませんが。

しかし、何年掛かるかは、別として、「死刑廃止」の方向に向かうことと思います。寧ろ「企業や株主の様に間接的に大量に殺人を犯すと罪人にもならないと言うだけでなく彼等は普通の生活が続けられると言う不平等な現実なのです』<>このような、社会悪を厳罰にして、殺人のない、友愛精神の豊かな教育こそ求められていると思います。いろいろ貴重なご意見今後の私の、考え方にも、影響を与えそうになりそうです。有難うございました。!!、



sbさんへ!!

ランクは、必ずしも、実力、人気と完全には一致しないと思いますので、もうsbさんの実力は、「実質一位」に近いものと自信を持ってください。!残念ながら、私は。AB型なのですよ。笑
死刑廃止について、このコメントにあるejnewsさんの高見に、深く思案しているところです。

私は、PC技術が未熟で、無図かいいのは苦手です。
しかし、sbさんが,漫画家を目標にしていることに感動して、全面支援を惜しみません。!!がんばってください。!!

ヒロヒロさんんへ!!

 やはり同じ考え方が多いようですねー。昨日4件に該当事件の起訴が行われました。6月末には、初めての、裁判員参加の裁判が始まります。待ったなしです。
恐れずに、もし選ばれたら、勇気を持って参加して体験してみてくさい。!感情が悪いとばかりいえません。自分の信念で、発言することが大事なことです。!がんばってください、!!暫くでしたねー。!安心しました。「有難う」!

No title

私は抽象的な議論が余り好きでなく現実問題を話す事が多いのです。と言う前置きで..............裁判、司法と言うものは常に不公平で、例えば....企業犯罪では企業がズサンな経営方針で何百何千の人間を公害や危険な製品で殺したり、身体障害者にしても企業が閉鎖されたとか経営陣が死刑になった話は聞いた事が無いでしょう?水俣病、川崎病、イタイイタイ病、サリドマイド事件、例を挙げると切がありません。処が、ある特定の個人が何らかの理由で人を殺すと皆大騒ぎをして此の殺人者は死刑になる可能性が高いのです。
 不公平だと思いませんか?企業や株主の様に間接的に大量に殺人を犯すと罪人にもならないと言うだけでなく彼等は普通の生活が続けられると言う不平等な現実なのです。然も、企業経営陣だとか株主だとか裕福な人は有能な弁護士を雇うことが可能であ利、彼等は無罪になる可能性が高いと言う事実もあります。19世紀末~20世紀初頭の或るフランスの政治思想家のも彼の著作で“どの国でも少数民族が被告になったときは彼等は有罪になる可能性が非常に大きい………….。”と言う様な事を言っています。
 其れよりももっと大切な事は誰かを死刑にしても死んだ被害者は生き帰らないのです。
死刑は有罪を決定する人々が間違いを犯さず、然も彼等自身には何の心に疚しい事が無いと言う非常に精神病的な自己正当意識によって支えられた行為なのです。私自身の事を考えてみても他人を後ろめたさ無く裁けるほどの人生を歩んで来た自身は無いのです。
 人類の歴史を振り返ると仏陀、キリスト、老子、トーマスモア、ロバートオーエン,クロポトキン、ガンジー等々の思想家、行動家等の人類を精神的な高みに導く努力で我々はやっとの事で精神的に野蛮な状態から救われているのです。人殺しを死刑と言う殺人によって中和する事は可能ではなく愛によってのみ克服出来るのです。罪人がキリスト等の教えに影響され最終的に聖人と言われるまでの人物になったとかと言う話もあるでしょう!仏陀なら何と言うのでしょうね?確か仏教では殺生厳禁だったのではないでしょうか?仏陀も“この世に置いて、憎しみは憎しみで静める事は出来ない。憎しみを持たない事だけが憎しみを静める事が出来る。此れは永遠の法である。”と言っています。
老子等に言わせると人間としての論理性を自負するならば、殺人を殺人で解決出来ると考える事自体論理的矛盾だと言う事で、人間は無知だと言う代表的な例だと言う事ではないでしょうか?死刑は過去の偉大な人々の努力を台無しにしている行為と言う事ではないでしょうか?其れとも“、単に目には目を歯には歯”と言う4千年程前まで人類の精神性を退化させる事が我々21世紀の人類が誇れる行為だと言うのでしょうか?処で此の“目には目歯には歯”は過剰な敵討ちはいけませんよ!と言う法律の始まりだったのですが、現在では殺人には殺人でお返ししても良いと言う様な意味に取られているようです。此れは人間の精神性の退化と考えて良いのではないでしょうか?英国の有名な歴史家アーノルドトインビーも彼の著書で“科学的、技術的に進歩した社会が進歩した人間の文明と言う訳ではない。科学、技術が進歩していても人間にとって最も大切な精神性が退化していた国家、文化、文明の多くの例が歴史上にある。”と言う様な事をスパルタ等の例を挙げて書いています。ナチの支配していたドイツも科学、技術的に非常に進歩していたにも拘らず精神的に野蛮状態に退化していた国家の例ではないでしょうか?
 と言う事で私は死刑は死刑を合法とする社会の精神的退化か、少なくとも精神的怠慢だと考えています。

毎度ありがとうございます!

わざわざコメントまで誠にありがとうございます。
昨日から認証画面をつけたので、
コメント入れるのが面倒になったというのに・・・恐縮です。
タカトラさんは、本当に律儀な方ですね。
きっとA型ですよね^^
わたしは、めんどくさがりで社交性もあまりなくて、ほんと申し訳ありません。
でも、いつも応援して下さってるの感謝しております。
この記事もアップされた時に読んでましたが、コメントはま、いいかと見るだけでスルーしてました;;;
しかし、どうなんでしょうね・・・実際、自分が裁く側に立ったとき、どれだけ公正に判決を出せるだろうか・・・。
まあ、プロでも、本質的には同じ変わらない人間だから、ただ、プロか一般市民かの差くらいで、実質的には変わらないんでしょうけどね。
ただ、死刑は廃止してほしいですね。

あ、うちのハロー投票の事だったでしょうか?あれは、なかなか難しかったりします;;
1回クリックしても、そのあと投票画面が出てきて、それをクリックしないといけないという
2段階の手順のかかるやつです;;; でもって、すぐ押さないと、次回からエラーがでたりと
なかなかめんどうでやっかいなランキングになってますwww
本当にありがとうございます。(1位はハードルが高くてなかなか難しいですよねwww)

No title

鷹虎さん、こんばんは。
人を裁くってすごく恐いし、不安だし、自信を持てないっていうのがヒロヒロの本当のところです。
選ばれたくないってやっぱり思っちゃいます…。
私たちはやっぱり素人なので、法律のあり方はもちろんわからないし、弁護士や検事・裁判官の意見にのまれてしまったり、鷹虎さんの記事のも書かれていた自分の境遇による偏見的な気持ちも出てしまうような気がします。
自分に人を裁く権利なんて、ないような気もするし、被害者・被害者の家族の気持ち、加害者の気持ちを考えてしまうのが、法律がわからない一般の私たちなので、重く感じてしまいます…(汗)

みる姉さんへ!!

 お嬢さん大丈夫ですか?
確率は、1000人に一人くらいでしょうか。「守秘義務」は一部弁護士会は「表現の自由」二ハンスト反対を声明しています。おしゃべりの、(失礼)女性は、しゃべりたくなるでしょうね。この証明も、また面倒ですし・・
ま~ともかく折角の、司法参加は名誉と思い、がんばってくださることを願いますよ。
今日は、夏日です、27度です。
「変」ですねー。笑

ejnewsさんへ!!

 禁止ワードはあまりないのですが・・今見てみます。申し和歌絵ありませんでした、ぜひ聞きたいと思います。少し待ってください。

さすらいさんへ!!

 雨降って地固まるで時間をかけて進化してくれればよいと思いますねー。それにしても、選ばれた人は、大変な不安感を持っています。気の毒に思います。

応援有難うございます。!

No title

死刑について追加のコメントをし様としたのですが禁止されている言葉が含まれているとの事でコメント出来ませんでした。コメントの内容は到って冷静な論理的内容でしたが。残念です。

No title

こんにちは。
まだまだ難しい問題ばかりですよね。
どう変わっていくのかみものです。
応援♪

birdyさんへ!!

 いつもモダンな、ブログ感動して見ています。!
確かに、一審だけというのは、問題があります。上級裁判所で、否定されたなら、意味が半減するからです。

上級裁判所も多少、高速されrかもしれませんが・・・や手見なければわかりません。まさに、暗中模索ですねー。
「12人の怒れる男」参考になる名画ですねー。放送界も、再上映をするべきと思います。
ご訪問、ご意見大変感謝致します。!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いまこそ「12人の怒れる男」を観るべきかも

「12人の怒れる男」は名作ですね。
自分は裁判員制度に対し積極的な方ですが、
その意識になれるのもこの映画の存在が大きいです。

裁判は参加する人間次第です。奪われる命、裁かれる命の
どちらに対しても公平でないと裁判そのものの存在が危うく
なると思っています。

人間が人間を裁くという是非もありますし、また参加するのは
一審のみという部分にも疑問は感じます。
でも選ばれたなら、きちんと考えて答えを出したいと思っています。

いまこそ「12人の怒れる男」を放映して、多くの人が
裁判員制度について考える機会を持ってもらいたいなと思います。
三谷さんの「12人のやさしい日本人」もいい映画でしたね。


正直な所、自分が司法に参加?実感がありません。
選ばれる確率って低いのでしょう?
それに守秘義務って…
ガ━━((゜Д゜;))━━ン
自信ないです。
「王様の耳はロバの耳」状態になるです。
誰かに話したくて、ウズウズしてしまいそうです。

ejnewsさんへ!!

確かに、死刑制度は、犯罪抑止力にならないという意見が多いかもしれません。しかし人を殺したものは、自らの命を差し出すべきという意見もあり、それが、正義だとも思います。判例でも、殺人者が全部死刑になるわけではなく、凶悪非道な、矯正不能な者だけが死刑になるわけで、中々両論があり、論理だけでは、判断ができない問題のようですねー。
「冤罪は、救いようのないことですが。」難しい問題で国民投票でしか、決められないことだと思いますね。適切な、答えになっていないかも知れず、すみません。

No title

人間は完全ではなく何時も間違いを犯す生き物ですから裁判での死刑の判決も判断の間違いの可能性があるのです。
 アメリカでDNAを使い過去の判決の洗い直しが行われていますが、かなり高率で有罪判決が無罪と証明されているようです。其れと死刑は犯罪の抑止にならないと言う意見も専門家の間では多いようです。
 どちらにしても間違って死刑にされた人の家族は国家の圧政の被害者ともなるのですから社会的にも将来問題になる可能性もあるのでは?確かレーニンは死刑にされた兄の敵討ちの為にボルシェビッキ武力革命を行ったと言う話じゃなかったですか?

ユリシスさんへ!!

 「なりたくない」という人が、80%もいるので、そう思われるのも仕方がありませんですねー。
選ばれた限りは、正当な理由がなければ、処分されます。
誠に、きつい制度ではあります。
また考えようによっては、司法の参加により、よりよい司法を作り上げるチャンスでもあります。頑張って参加してくさい。私は免除年齢ですので・・・無責任と思わないで下さいねー。!

No title

大分前に導入の発表があったとき
もし選ばれたらどうしようなんて思いましたが・・・
自分の票が相手の人生を変えることもあるのかと思うと責任重大ですよね・・・
余程の理由がないかぎり、断ることも出来ないのだとすると
本当に不安です!
v▼・。・▼σポチポチッ♪

愛 さんへ!!

 いつも優しい愛さんの心に打たれます。!
この制度は、いつかは、選ばれると思いますが、守秘義務があり、反すると、罰則があったりと、大変負担の多い制度です。しかし、義務か権利かはわかりませんが、選ばれたからには、正義の気持ちを発揮して、よき司法を実現してくさいませ。
カノンちゃんお元気でしょうか・・
よろしくお伝えて下されば、幸甚です。!

ペカリさんへ!

 ご訪問有難うございます。!またきてください、私も、訪問いたします。!

No title

おはようございます。裁判員制度、難しいですね。挙手してなりたいとは思いませんが選ばれたら感情的にならずに、前もって勉強してするしかないです。逃げてばかりではいけませんものね。でもー簡単なことではありませんね、きっと悩むと思います。

No title

参考にさせていただきます。読み逃げばかりですみません。

ほずさんへ!!

 実際問題、選出された人は、大変な苦労だと思いますね。
傍聴席には、身内もいれば暴力団もいるだろうし、ひな壇に上がって、上がりますよねー。笑
女性の人は、特に心配があるのは当然なことだと思います。もしあたったら、気を強く正義感を持って頑張ってください。!

Nemoさんへ!!

 後半前整理手続きと言う三曹が裁判の方針を話し合う制度があり
非公開なのですねー。これが、ちょっと問題があり、裁判員がお仕切られそうに危惧しています。
暫くの間は、戸惑うことになりそうです。ですから、終わったあとに、裁判員の、感想を聞くことが大切なことになります。

この映画は、俳優もよかったせいか迫力がありましたねー。その後
いろんな俳優でやっていますが二番煎じでした。趣味が、多すぎて、映画も見る暇がありません。笑

No title

鷹虎さん、こんにちは!
裁判員制度機能するんでしょうか?
あまりに唐突にスタートしますよね。

この映画大好きです。
でも、実際にもし自分が裁判員に選ばれたら、正義よりも早く終わらせて帰りたい思いがもたげると思います。

grassyspotさんへ!!

 最高裁も、少し民意を意識するようになってきたと思いますが、判例に拘束される今の法律では、一気には変わらないでしょう。
この制度も、3層(法律家)のリードが優先するようでは、失敗に終わる危惧があろうかと思います。正しく定着するまで紆余曲折があるはずですねー。

ejnews さんへ!!

死刑制度は、確かに、人が人を殺す野蛮な行為だと思いますが、一般論的には、酌量の、余地のない、悪質非道な、犯罪者もいます。日本の、世論も支持が多いようです。犯罪の一定の抑止になると思いますが。、
冤罪の発生は、警察、検察の大きな罪です。この官憲の横暴を、監視する役目としても、裁判員制度は、有効だと思います。一人の命を確たる証拠もなく、死刑にする行為は絶対許すことはできません。
この、大学生の、勇気ある行動は、賞賛に値すると思います。
検察審査会法も、改正の動きがあり、民意の常識が、裁判に反映するようになることが、「法の下の平等」、「公平な栽判』を実現し、安心社会で生活できることを切望します。いつも、理性的ご意見参考になり、有難く思っています。!!

湘南のひろさんへ!!

 困難は付きまといますが、民意の反映という面では必要なことだと思います。選出されら、ぜひ、がんばってくださることを頼みます。!

No title

裁判員制度…
以前、この実施を念頭において、
わかりやすさ を目指すために、遺族にとってはつらい写真を何枚もスクリーンで見せたり…
ていうような話もありましたね。
なんだか、つらい事件にあたったら、夜眠れなくなりそうです。
人が人を裁く…って難しいですね、感情に流されそうだし。

sou

カタにハマりすぎる
判例の参照のオンパレードより、
より人間の心情を
細かくさぐるこの
制度に期待は高まりますが、
課題もおおいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

“疑わしきは罰せず!”此れは中学校でも社会科の時間に習いましたよね。忘れてはいけませんね。
 其れと、死刑は無実の人を殺した後では取り返しがつかないので先進国と自負している国家では廃止になっていて、アメリカ合衆国と日本位ですね、未だ死刑なんて残虐行為をして平気な国は。『アッ!勘違いしてた。ごめん!』じゃすまない事ですからね。本当に野蛮ですよね。
 其れとアメリカ合衆国では死刑の方が終身刑よりも費用が大きくなり政府に財政的にも負担が大きいとの事です。
 陪審員制度は市民として国家の主権者として真剣になれる良い機会だと思います。日本人は政党や政治家に投票する事だけが市民の義務だと勘違いしている人がいるのでは?
 アメリカでは去年ブッシュ政権最後の悪あがき、ユタ州国立公園の競売を阻止する為一人の大学生が無一文で競売で国立公園の一部を競り落とし連邦政府によって裁判に訴えられています。有罪になれば長期間刑務所暮らしになるそうですが競売の結果変更には長時間必要でブッシュ政権がオバマ政権に交代した為此のユタ州国立公園の競売は中止となり此の大学生は身を徹して公園だけでなく其の後の鉱山採掘による公害も阻止した英雄として捉えられています。俳優のロバートレッドフォードも此の学生の弁護に協力しているそうです。此の学生は『市民の宝である国立公園を守る事は市民の当然の義務だと考えたから行動した』と言う様な事を言っているそうですが、臆病な我々は少なくとも真摯に陪審員制度を受け止める事が市民としての最低の義務の一つだと思います。

No title

裁判員制度って難しい問題ですよね!!!
一般の人が果たして裁けるのでしょうか・・・

ポチポチっと

シャイドリーマーさんへ!!

 やはり圧倒的に、「なりたくない」という声が多いですねー^^「さもありなん」というところです。!女性は特に、人を裁くということに、敏感ですねー。
何せ、80%も(なりたくない)という意見ですから。困ったものですね。定着するまでは、いろんなトラブルがありそうですねー。
憲法改正も容易ではなさそうです。笑)お元気にて!

No title

こんにちは。 私もsunnylakeさんと同じように不安を持っています。 

第一に人を裁くことは不本意で、少なくとも自分の役割ではないと思っていますし、第二に、私の性格上、毎晩うなされて、日常の生活もままならなくなるかも知れません(大げさのようですが、そういうタイプの人間なもので)

どうにかこの制度改正されないものでしょうか。 真剣に困ってます(選ばれてませんけど、将来的に)

こまみちさんへ!!

 本当に、選ばれたら、困りますねー。偽らざるみなの気持ちだと思いますね。司法参加で司法を国民に近付けるける面では、よい制度ですがわかりづらいのが、欠点ですね。もう少し、十分な、検討が、あってしかるべきだっと思います。

阿修羅王さんへ!!

「日本人の優柔不断な性格に躓きそうです。 」<
三曹の専門家に押し切られる心配は付きまといますねー。何せ、3人の裁判官と、素人の6人では、どんな協議内容になるのかが、やや疑われる思いですねー。
寧ろ、陪審制のほうがよいのでは・・・と思ったりもします。これからの問題でゆっくりと考えてみたいです。

lavandreさんへ!!

 実際問題、選ばれた人は、困惑をすると思います。大変な負担だと思いますねー。
果たして公平な判決が出るかも、これからの注視が必要ですねー。!

恋じぞうさんへ!!

こちらこそ、読み逃げで、申し訳ありません。汗)すでに採用している先進国は定着していますが、日本はこれからのことです。
「この制度をゲーム感覚にして欲しくないですね」<>運用次第では、有り得ないことではありません。

裁判の核心の、守秘義務はよいとして、裁判員の経験者の感想を聞くことが大事なことだと思います。有り難うございました。!

ヒポユキさんへ!!

 実は、以外に、民事の損害賠償額の、社会とかけ離れた、金額、裁判官の社会感覚のなさにこそ、メスを入れるべきと思う人が多いのではないでしょうか。ま~実施していろんな問題が、浮かび上がると思います。

ヤクルトが、虎をいじめていますが、三差でウサギにぴったりついています。日の消えない役目をしています。交流戦で、がラット流れが、変わると期待しています。!

ろーずまりーさんへ!!

 確かに、制度の説明が、あまりされていなく、拙速な感は免れませんねー。なぜ導入するか?なぜ今なのか?が国民が、わからないのです。だから、人気がないのだと思います。日本の諮問会議とか何とか言うものは、お金だけかけて、密室で決まっています。この当たりにも大いに責任と問題がありますねー。

野いばらさんへ!!

>「できれば、汚職事件などの裁判員になってみたいです。
わたしだったら執行猶予なんて甘いことは、絶対に許しません。」<将来そのようになってほしいと思っていました。同感です。!
西松建設の問題で、検察への不信も出ましたし、その意味では、監視役としての、裁判員制度は悪くないものだと思いますが、まだまだ不備な面があり、三年後の、見直しに期待したいものです。

momocanalさんへ!!

おはようございます。
裁判が始まる前の、「公判前整理手続き』が3曹(裁判官、検事、弁護士)で非公開で話し合われ、一定の「流れ」ができることが、ちょっと心配ですねー。これを「公開せよ』という意見があるのも事実です。私は、死刑制度は、存続論です。
寧ろ、この制度を拡大して、脱税、政治犯、公務員の無駄使い等
の事件にも参加させたらいかがなものかと望んでいます。

sunnylakeさんへ!!

 裁判員に「できればなりたくない」という人が、80%もいるのです。人情ですよねー。
また、なりたくても事前審査で断られることもあり、未だ国民に理解されていない面があります。
不安を解く国側の十分な説明がなされていません。
選ばれたら、頑張って参加して裁判とは何かを勉強すのも人生観が変わるかもしれませんよ。!

荒野鷹虎さん

┏━━━━━━━━★┃
荒野鷹虎さんおはようございまーす
いよいよ実施ですねー 
一般の人には解らず、権力を持つ者だけが解釈の鍵を持ち、それを国民に押し付ける、、その世界に一般国民が参加することは とてもいいことだと思います が さて私が選ばれたら、、悩みますねー  まだピンとこない ハッキリしないことだらけです、、(-"-)┃★━━━━━━━━┛

No title

先日、ケーブルTVで邦画「12人の優しい日本人」を見ました。
この映画の日本版ですね。

誰しも有罪にするのはいやです。それで命が奪われる可能性もあるのです。しかしそれ以前に、人の意見に惑わされて自分の意見をまとめられない日本人の優柔不断な性格に躓きそうです。

何はともあれ、もう、目前に迫ってきた裁判員制度。日本向きの制度ではないですが、自分の意見をはっきり言うという鍛錬にはなりそうです。好きにはなれませんが、いいことではないでしょうか。

No title

私も裁判員制度にとても不安を持っていて嫌ですね。
選ばれたりしたら辛い毎日を送るような気がします。

う~ん

いつも訪問ありがとう御座います^^
裁判員制度
私には難しいですね。
人が人を裁く事が・・・
例えば私のような素人に出来るのでしょうか?
なんて思います。
ただ・・・この制度をゲーム感覚にして欲しくないですね。
きっと、そんな人が出てくると思うのですが。。。

まいど~
私はくじにハズレたみたいで選ばれませんでしたw
もし選ばれたら、よっしゃやったろやないかいと意気込んでましたが、ハズレてホッとしてます
政治家や金持ちの犯罪も裁ければ良いのですがね~なんて思ってる私みたいな人には当てませんねw

まぁ兎にも角にも、いよいよ交流戦に入りますが、虎の爆勝街道になれば良いのですが
ではまた

No title

裁判に国民の意見をとり入れること自体はよいことだと思いますが、凶悪事件にのみ導入するとか、一審のみとか・・・・、基本的なところが中途半端で、根本的改革になっていないと思います。
重大な判決の責任を国民にも押し付けようという感じがします。
また、近年、高まってきている司法への不信感に対するガス抜きのために導入したのではないかと思えてなりません。
国民から歓迎されないこのような制度でしたら、あまり長続きしないような気がしますが・・・・

なじみにくいけど

裁判員制度はなじみにくいですが、
法律や裁判について身近に考えるいい機会にもなるんじゃないかなと思います。
ただ、あまり残酷な事件の裁判などは、負担が大きすぎるような気がします。
                              (配慮が欲しいところです)
できれば、汚職事件などの裁判員になってみたいです。
わたしだったら執行猶予なんて甘いことは、絶対に許しません。

No title

裁判員制度で人を裁かねばならない立場になったら、とても悩みます。
まず、死刑制度に基本反対ですから、重罪を犯した人とて、
死刑だと言いたくありません。
それに日本のように「和を持って尊しとす」という国で、
一般人が突然、とことん欧米のように議論することが出来るのかも心配です。
流された意見で判決が出ては、たまりません。

以前、三谷幸喜さんの『12人の優しい日本人』を見ました。
『12人の怒れる男』を元に作られた法廷劇です。
こちらも『12人の怒れる男』同様、とても興味深い内容でした。

No title

私は裁判員制度にとても不安を持っています。
個人的にひどい事件などには拒絶反応してしまいます。(けんかとかでもダメです)
そういう性格なので、裁判員なんかできないと思うのです。
もし当たったら、どうしたらいいのかと悩みます。
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      641位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      184位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア