FC2ブログ

カラヤン生誕100年



1908年、ザルツブルクに生まれた。ウイーンで音楽教育を受けた後、ベルリン国立歌劇場で常任指揮者をつとめ、ウイーン交響楽団およびウイーン・フイルハーモニーの演奏会監督、ベルリン・フイルハーモニーの終身指揮者となっている。ヨーロッパの第一線で最も重要なポストを独占,縦横に活躍している。フルトベングラーとワルターの後を引き継ぐ。
■ところが、評論家の間では、賛否両論で[楽団の帝王]と呼ばれ、アンチ派の多い指揮者でもある。
[精神性の欠如][通俗だ][内容がない][音楽のセールスマン]等々厳しい批判にさらされた。
音を徹底的に磨き上げ洗練された力強さで聴くものを魅了するのが、眼目と考えたのではないかといわれている。
ベートーヴェンを好んで演奏したカラヤンは、汗臭く、苦悩に満ちた男性的なベートーヴェンとは水と油
のような乖離があり、酷評の的にもなった。映画俳優張りのかっこよさで、リムジンを颯爽と乗り回す
傲慢さが顰蹙を買ったともいえる。
■プッチーニの[蝶々夫人]だけは、褒められている,純情可憐なヒロインの生き様と親しみ易い音楽の美しさを見事に表現したカラヤンも実は優しい指揮者なのかもしれない。
しかめっらしく演奏してきた「クラシック」を素人の聴衆に幅広く認めさせた功績こそ絶賛されてしかるべきだと思うのだが・・・
■晩年は、脊髄をいためて、歩くにも苦労しながらも、演奏に精を出した、カラヤンも熱情の人に違いない。来年は、没後20年になる。そろそろ音楽の純粋性から改めて再評価する好機ではないだろうか。

[教養は万人が身をもって養い創造すべきもので、一部の専門家の占有物ではない」
   講談社  野間省一
関連記事
                        

コメント

yukoさんへ!


敬愛するソプラノ歌手、yukoさんに読んでもらえた事は、うれしい限りです。また恥ずかしさも覚えます。(汗)酷評する批評家のとおりでは、ウイーン、ベルリン・フイルで活躍できるわけがないと思います。

 カラヤンは、難しさはそれなりに、表現し、しかも分かり易く音楽を愛好家に伝えた、熱情の指揮者だと思います。

楽譜以上の、音を思索することがなぜ悪いことなのか・・

[音楽は、人生を豊かにすることの為にある]と晩年に言っています。!

>自分の音楽作りにそれほどの集中力を費やしたカラヤン・・・。
やはり偉大です<

ご賛同されていただき、有り難うございました。

yukoさんの健康とご活躍を祈ります。


カラヤンはやはり偉大ですよ。
賛否両論ですが、ここまで世界中の人を沸かせ、感動させた人に批評など出来ません。
出来るとしたら感謝の念を示すことくらいです。

ウイ-ンでもカラヤンの特集をしていました。
そこで印象に残ったのが友人のお話。
友人が彼の元を訪ねて、「ヘルベルト!ヘルベルト!」と30分くらい横で呼び続けたのだけれど、彼は遠く宙を見つめるように微動だにせず、反応もせずじっとしていたそうです。
そして30分後くらいに、ふと我に返り、「お~君来てたのか・・・?」って・・・。
彼は笑って30分ほど名前をよびつづけたよって!
彼は次の振る曲の曲作りに思いをめぐらせていたのです。
自分の音楽作りにそれほどの集中力を費やしたカラヤン・・・。
やはり偉大です!

雫さんへ!

>評論家族は、言いたいことを言うのが商売ですので、仕方ないですが・・

自分の、好き好きで批判する人は嫌いですね・

客観的に評価して初めて一人前の評論家だといいたいです。

いつも応援感謝します!コメントいただけるだけでm感激です。!!ありがとう!!

ノエル鷺草さんへ!

ご返事ありがとうございました。!
最近、写真に興味を落ち、お宅のページを見て気に入りました。プロ並ですもの~^^
花も、花も心の栄養、になりますねー
クラシックは聞いて気分がよければと思ってます。
ではまたよろしくねー!

こんばんは。

>評論家

自分で演奏も、指揮もできないのに・・
そして、自分が見本も見せることも、出来ない・・
批判と肯定でご飯を食べてる不思議な人たち。
羨ましい?ww

訪問ありがとうございます。応援★

こんばんは^^

荒野鷹虎さん・・・
先日もご訪問頂き、花信風・・・に、コメントも残して下さって嬉しく拝見しました。
有難うございました^^

カラヤン・・・ベルリン・フィル・・・いいですよね
昨年は色々あり冬に一度くらいでしたが、オケは年に何回かいきます
クラシックは色々ありますから、曲が有名とか関係なく、自分に心地良いが一番ですよね^^ 

また、お時間がありましたらお立ち寄り下さったら嬉しいです。

白虎 さんへ!

福島の地震お見舞い申し上げします、
しばらく記事お休みでしたので、お忙しいのかと思っていました、いつも見てはそう思っていました。
最近は、仙台、岩手の人が多く友人になりましたよ。!”

白虎さんも暇を見つけてがんばってください。!

がちゃ子さんへ!

がちゃ子さんの時代は少し違って、カラヤンは引退していましたか?CDの時代ですね
日本人はやさしい人種なのか,ペ・ヨジュンと同じく人気を博した指揮者でした。

日本人は、スターが好きな人種だと思います。


テクニカルな天才に違いないです。。天才音楽家だと思いなす。今こそ、音の革命家を認めるべき時期と思います.がちゃ子さんの意見もきいて見たい思います、専門的音楽愛好者に抵抗して記事を書いたしだいですが、聞いて遜色がありますか?
ぜひ意見も拝聴したいと思います.

桜子ちゃんへ!

わからぬ本を読むなということと同じで、音楽は大衆のものです。

クラシックは昔、貴族の独占でした。

作曲家も貴族のための音楽でした。これではだめです。
だからいい加減な音楽を作ったこともあるのですよ・・・(笑)
桜子ちゃんのように素直な人のために、楽しむ為に音楽は存在しているのですよ・・・・!!

カラヤンさま・・・

生誕100周年だったんですか!
この方のビデオは、全部目を瞑って
ご本人は、カメラアングルまで注文をつけていたそうですね~。
ナルシスト全開の方でもあるのかもしれませんね。
音楽家って、基本的にみんな
強烈なナルシストなのかもなぁ~と最近感じております。。。

リムジンを颯爽と・・・

カッコイイですね。

私のお客様の中にクラシック音楽をやっている方が
・・で、時々チケットをいただいて聴きに言うのですが
生の演奏はそれだけで迫力があり
感動して帰ってくる事しばし・・・

内容も、その曲の意味も・・・
分からないままでも心に残るものだと思いました。
音楽は耳ではなく心で聴くものかな~ぁ
・・・なんて、生意気な口を!

荒野鷹虎さまっ!
なんか・・・いいなぁ~!v-398

御無沙汰いたしました。
この度は福島県沖地震のお見舞いありがとうございます。
会津は震度4で揺れは大きかったのですが被害はありませんでした。

私事ですが、しばらく離れていたブログですが、また8月から
力を入れていこうと思います。

それにしても荒野さんは博学でいらっしゃる。何時までも若者ですね。
私も見習っていろいろ学ぼうと思います。生涯学習ってことでね。

それではまた・・・。

桜子ちゃんへ!

クラシックはよく分からないですが聴くことがが好きです。理屈抜きですよ!
クラシックは専門的に聞くものではないのです。耳で聞けばよいのです。
作家の心とか演奏者の、考え方や、指揮者の、人間性が大事ですね。
難しく考えて聞くのは、セミプロ的マニアです。普通は、聞いてよかったと感じればそれでよいと思います。高尚と考えることもありません。!
今夜は、これで寝ましょうか(笑)お休みなさい!☆

荒野鷹虎さま

クラシックも、お好きなのですか?
本当に高尚な趣味を・・・
で、博学でいらっしゃる
素敵です!v-398

影の応援者、桜っち、今日はちょこっとお邪魔しました。
おやすみなさい!

タウン

こんばんは!今日は、日高地方の温泉に癒しに行ってきて、今帰宅しました。
>クラシック音楽の大衆化<まさにこの面だけでも素晴らしい功績だと思います。
ベートーヴェンと彼岸でどんな話になっているか興味がありますね?!

「蟹工船党員生活]を読まれているそうですが逆に、タウンさんの感想を聞きたいものです。!
 また、北陸、神戸で水害があり、日本列島も、危険がいっぱいですね。
うれしく読ませてもらいました!ありがとう!


いつも応援有難うございます。
本当に多趣味ですね!!
カラヤンは音楽は一部の人のものではなく世界中の人々が誰でも楽しめる。。。クラシック音楽の大衆化。それだけでも素晴らしい”功績”だと思います。

ところで今、ご推薦の『蟹工船』を読んでいます。読み終わったら、感想をブログにでも。。。請う”ご期待”(笑)

ユリシス さんへ!

はじめてコメント頂きうれしく思います、カラヤンはスタジオ音楽と言われれるくらい、音のきれいさは、流麗で素晴らしいですが、評論家があまり褒めず腐してばかりいたのです。しかし、実際、[帝王]といわれました。実力はあるのですが、音の革命家なのかもしれません。人工美の天才とも言われるくらい、聴衆を魅了したのは確かです、それだけでも、大したものだと思います。
本当に、ありがたく思いますよ!。カラヤンを嫌いな人が多いですから・・・・

カラヤンって「絶賛」一本の方かと思ってました・・
ベートーベンが好きなのでカラヤン指揮のも聞きましたが結構好きです^^
世の中知らないことばかり・・・ってことですねw
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      1032位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      306位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳3ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 31 - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア