FC2ブログ

津軽、冬の旅(3)

リサイズIPHONE画像 122   リサイズIPHONE画像 137 リサイズIPHONE画像 136 リサイズIPHONE画像 131


リサイズIPHONE画像 128 リサイズIPHONE画像 115 リサイズIPHONE画像 125

斜陽館を出て近くの蕎麦屋で天ぷらそばを食べ体を温め次の目的地、十和田湖に向かった。途中、ばかでかい建物があり入ってみた。立佞武多の館だった。

五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭りとは、青森県五所川原市で8月4日から8月8日に開催される祭りです。 「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つで、高さが最大で20mを超える山車の壮大な運行が魅力です。
三大佞武多だけでなく青森県一帯の街で行われているとは知らなかった。亡き妻が近くが実家の関係で一度弘前ねぷたを見学したことがあるが、大混雑で遠くから見るのがやっとだった。

愈々、好天に恵まれ冬の十和田湖へと向かった。30年前長野の白馬村での聖会に行くのに故あり4回遠回りだが、このコースには自信があった。しかし段々道幅も狭くなり路面は凍結していた。
案の定突きあたりの標識には「11月からの冬季間は十和田湖への道は閉鎖されています」と在った。戻ろうとしたが十和田市への迂廻路があったので、決死の覚悟で進撃開始、日も暮れ始め何度も(迂回→)を頼りに突き進んだ。しかし、携帯電話の電波も通じず、ここで止まったら、一巻の終わりである。中山峠の比ではない。若し吹雪かれたら本当にオシャカである。遭難とはこんなものか、なんて悠長なことを考える暇もなく助手席に固定されてエコノミー症候群に襲われ不吉な思いにとらわれた。


   

   
   
ところが間もなく立派な橋が見え窓外に目を向けて地獄に仏の光景が目を不安を一掃してくれた。ちょうど峠の頂上らしくパーキングウエアがり一台止まっていた。何と八甲田山の麓だったのである。寒風吹きすさぶ中トイレと一服をして絶景をカメラに収めた。凍死の恐れ無きにしもあらぬので、直ぐ再び進撃を開始した。後は下りばかりと思いきや、数回上り下りのクランク道路が続き、日が落ちたころ一軒のスタンドが見えた、やっと生きた心地がした。近くで衝突事故があったようでパトカーも見えた。
ずいぶん、遠回りではあったが、連れの運転の確かさにより、約3時間で十和田市のホテルに着いた。廉価なホテルではあるが温泉付きであり、ゆっくり冷えた体を温めた。九死に一生はやや大げさであるが、窮死に一生だったと二人で笑った。神仏に感謝するとはこのことか!アーメン。

さすがに31日であり営業している飲食店がなく止む無く、全国チェーンの白木屋グループの「魚万」で年越しとなった。二人は吟醸酒付きの飲み放題コースで命あることの尊さを祝ってしたたか飲んだ。
私は勢いがつき近くのルーマニア人専門のバーで気炎を上げて無事2013年の年を越すことができた次第。
            続く。。
関連記事
                        

コメント

萌永 さんへ!!


こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。!
衣類の上から貼るカイロはよいのですがうっかりするとやけどしますよね^^
お腹と肩関節には普段は貼っています。
お酒はつい飲み過ぎますので、十分注意して行こうと決心しました。
大雪も一服して好天になりましたが実に寒いですねー。買い物も配達ばかりになりますねー。笑)

No title

今年もどうぞよろしくお願いします

お祭りの写真がとても綺麗ですね、
でも気温はとても寒いので、カイロを使うほうがいいのだと思います。
萌永は凍傷になったことがあるので、雪の時には用心して、
保温するようにしています。
鷹虎さん美味しいお酒も飲んで、元気も出してお身体のほうも大事にしてくださいね。
いつもありがとうございます。

wakasaママ さんへ!!


おばんです!

有難うございます!

「家庭菜園」の春を楽しみにしております!

こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します。!

kaboとaki さんへ!!


こんにちは!
今朝から降り続いていた雪も止み、晴れ間がのぞきほっとしています。!
視界不良の道は本当に怖いものですねー。
二人いれば事故った時の110番。やはり一人旅は危険ですね~~
今、こうしてブロガ―さんと話し合いできる幸せをかみしめています。
体調は無欲で行こうと思っています。汗)
今年も宜しくお願い致します。!


No title

こんにちは

寒中お見舞い申し上げます

今年もどうぞ宜しくお願い致しますね。

No title

無事で本当に良かったですね(^_^;)
一面の雪景色の中では、右も左も解らなくなっちゃいますもんね。
遠回りでしたが無事で何より。
独りの旅でなく本当に良かったですね。
気を付けなきゃいけないと私も実感させられました。
体調は大丈夫ですか?
風邪ひかないで下さいね。

てくっぺ さんへ!!


こんにちは!

青森では「ねぶた」と言い弘前では「ねぷた」と呼んでいますが
起源は七夕の灯篭流しだと言うらしく基本的には同じじゃないでしょうか・・・

確かに大きくて全体を写す事が出来ませんでしたね~~^^

秋田、山形、仙台と東北には大きな祭りがありますね~~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんはです。^±^ノ

「ねぶた」と「ねぷた」は違うんですよね。^±^
実際に見るとものすごくお起きらしいですね。
祭り好きのうちとしては、一度は見たい祭りです。^±^
秋田の竿灯もみたいですが。^±^

岩淵猛(たけし) さんへ!!


おめでとうございます。!
大変懐かしいですね~~!
気象のプロ岩淵猛(たけし)さんに聞いていればこんなに苦労しなかったのですがね~~~
ルーマニアの店には最初は警戒したのですが店が開いていませんので一応最初から料金契約して
入りました。汗)

雪は少ないと思っていたのですが、ここ急に大降りになりました。

岩見沢市は凄いです。生活がマヒ状態です。
今日は札幌にも大雪が降り、冷えもひどいです。
最近は気候変動が多いようですねー。汗)
今年もよろしくお願いいたしますねー。!
ご訪問ありがとうございました。!

matsuyama さんへ!!


おばんです!
自分でも奇跡としか考えられません。不思議ですね^^。
十和田湖へのコースは多くあるようですが、五所川原からに限定されていましたので、運悪く通行止めに会いました。汗)
実は奥入瀬にも行こうと思っていたのでした。笑)
欲が深かったわけでです。笑)
春以降は問題ないのですが・・・汗)
帰還してみて、はじめて怖さを思いだしています。
若さゆえの無謀でしたね~~~笑)

No title

大変にごぶさたをしております。

僕のブログに書き込みいただいていたのにずっと返事を書かず、すみません・・・

十和田湖までいらっしゃっていたのですね。
最後のルーマニア、単純に吹き出してしまいました(笑)

この冬は雪少な目では?
12月に天気図的には寒そうなのに大したことないことがあったので、
この冬は暖かい傾向なのかなぁ、と予想している僕です。
どうなりますかね?

それではまたよろしくお願いします。

No title

決死の東北旅行でしたね。
遭難せず、無事帰還できたのも奇跡でしょうか。

自分も紅葉の時季、秋田の男鹿市から十和田湖に行こうか、
八幡平にしようか迷ったんですが、
結局八幡平のコースを選びました。
八幡平でさえ11月から通行止め、十和田も11月から
入れないんですね。
無謀といえば無謀。秘湯に引き寄せられたんでしょうか。
強烈な思い出になりましたね。

お夕 さんへ!!


おばんです!

八甲田は決死の撮影でした。笑)
仰る通りの光景でした。唯一の収穫だと思います。!

そう言われますと「五所川原」ねぶたの館には高橋竹山の写真がりましたね~~
「紋次郎気質」を掲載されているだけあり見る目が違いますね~~!

秘湯を狙ったのですが、十和田湖でくじかれました。汗)
道産子の先祖は東北が多いのですねー。!
季節を選んで是非、本道と東北の旅をお勧めいたしたく思います。!
コメント大変ありがとうございました。
今年もどうかよろしくお願致します。!!

N郎♪ さんへ!!


おばんです!

今年もどうぞよろしくお願い致します。!

なるほど、冬の八甲田は恐ろしいところでした。汗)
夏は素晴らしい絶景だと思いましたが、車も道路管理の車しか交差しませんでした。汗)

景気が良いと言われていますが何処も商店の閉店が目立ちました。汗)

私は八戸、三戸、田子、浪岡には親族がいますが、「N郎♪」さんが十和田市の隣の市と聞き何か縁を感じますね~~^^!

今年も更なる「ラベンダーの夜」が発展されます事をお祈りいたします。!
共に頑張ってまいりたく思います。!
コメント大変うれしく有難うございました。!
今年も宜しくお願い致します。!


ミー子 さんへ!!♪


おばんです!

太宰の斜陽館は経営が公営化するたびに役人臭が濃くなり少し問題ありかと思いましたね~~汗)

何はともあれ良く帰って来られたことを感謝しています。!

写真の編集はあまりにも多くて同じ苦労をしました。笑)
漸く疲れも取れてきましたので、ゆっくり再訪問させて頂きますね~~‼
ありがとうございました。‼
今年も宜しくお願い致します。!!

まり姫 さんへ!!♩


おばんです!

岐阜も凄い豪雪地のようですね~!
道産子は雪道は慣れているのですが道路情報の遅れが、困難をきわめたかんじもありますね~~

ねぶたは段々大きな組織となり、札幌の「ヨサコイソーラン」と同じく利権がらみで問題もある様ですが、
見るなら、「青森ねぶた」が最高の様ですよ・・!

観光地は客も経営者も外国人が多くなりましたね~~
ルーマニアも親欧国なので多くなったのでしょうか? 驚きました。汗)








風露草 さんへ!!♪


おばんです!
本当に自分でも帰還は奇跡と思っています。!

雪は普通でしたが寒さが異常でした。汗)

ハイ‼少し休んで後ほどにいたします。笑)

大晦日は流石はお好みは無理で全てが呑み放題でした。笑)
この店は、最初は空いていましたが、帰る頃には満員でした。
各地から若者が集まってくるそうです。開いている店がここしかないのでしょうね~~

遂に今日はサッポロも大雪でした。気温もー8度は寒いですねー。

ボス。 さんへ!!


おばんです!

凄い寒波が来ましたね~~

ルーマニア人専門のバーなんですが店名が「クレオパトラ」なんですよ・・・笑)

日本語が上手なのには驚きました。

話題が政治的で、面白かったですがちょっと高い値段でした。笑)

No title

お邪魔します。

今回のお写真、とってもステキです。

闇に浮かび上が極彩色のねぶたと、水墨画のようなモノトーンの雪景色……。
この対比がいいですねぇ。

五所川原といえば、津軽三味線発祥の地ですね。
「五所川原」という地名がどんどん訛って、「じょんがら」になったというのをどこかで聞いた覚えがあります。

関西に住む者にとっては、東北は憧れの地でもあります。私はまだ、青森は訪れたことがないのですが、いつかは絶対行きたい、そして秘湯に入りたい……と思っています。

旅愁を感じるお写真、ありがとうございました。

十和田湖

鷹虎さんおはようございます

冬の八甲田・・・遭難しちゃいますよ(笑)無事に脱出できてよかったですね。

十和田市は自分の地元の隣の市です。市の中心地は昔は栄えていたんですけどね。今はちょっとシャッター街、郊外のジャスコは人でいっぱいだと思います。

続きに期待です( ^.^ )

今年もラベンダーご紹介ありがとうございます

No title

鷹虎さま。

津軽 冬の旅 拝読させて頂きました。
特に 太宰の記事はいつもその深さに
驚かされます!!太宰の生家にも行かれ
たのですね。しかしまぁ よくご無事に
帰還されましたこと(@@;)安堵致します。
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。

尚、ミー子ブログにコメント頂き感謝です
その後、記事 写真 見直し大分変更してます
写真の編集に頭悩ましてます(笑)再読して
下さると嬉しいです(^^)

No title

鷹虎さんこんばんは~♪
まるで私のところに突然来られたような光景ですね(笑)
無事目的地に到着できてよかったですね~
山間部の道路は北国の人でも怖いでしょう,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、

弘前のねぶたは一度実物を見てみたいです^^

十和田湖畔にルーマニア人がたくさん住んでいるんですか?
日本も国際化したということかな(笑)

No title

こんばんは!

大変な思いをされた東北旅行だったんですね。
読んでいますとよくぞご無事で。。。です。

東北は大雪だったんでしょうかね。
でもまぁ~(笑)この後の続きを待っています。
そう言っても体調がいい時のUPで。

それにしても体調が悪そうだったのに、
飲み放題つきだったとは。。。
お身体を大切になさってくださいませ。(笑)

ごきげんよう。

ルーマニア人専門のバー・・・

思わず、笑っちゃいました v-222v-17

野の花 さんへ!!


こんにちは!
イヤ~今日は酷い寒さでした。病院で血圧が上がりました。汗)

まさか八甲田連峰付近まで来ていたとは思いませんでした・・笑)
青森歩兵5連隊の記念館の様な建物もありましたが雪で行けませんでした。

修行時代に良く「この世で用いて下さい」と祈れ!と言われました。
末法でもう少し働かなければ行かせてくれないようですね~~!

おはよう~\(^〇^)/

大変な思いをした旅行でしたのですね~^^

新田次郎の『八甲田山』の小説を思い出しました。
映画も観ましたが、
八甲田山の死の彷徨が頭に浮かんできましたよ^^;

兎にも角にも(・・・笑)
ご無事に戻れて何よりです~(^^)
きっと無理をせずこの世でもう少し頑張りなさい!
という神の思し召しですよ~^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      693位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      191位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア