FC2ブログ

太宰文学 (2 )




太宰治は東大の学生時代に、銀座の女給田部あつみ(シメコ)と知り合い、鎌倉の七里ガ浜でカルモチン100錠を呑み入水自殺を図る。しかし太宰は、助かり、自殺ほう助罪で留置される。このとき太宰は、水に濡れた所がなかったようだ。だが太宰の有力関係者のお陰で、無事、不起訴となる。
[葉」[狂言の神][東京八景][人間失格]などの小説で、書かれている。
太宰は、狂言自殺をしたのではないかと疑われたわけだ。第一の疑問である。
▲青森の、芸妓小山初代と直後結婚するが、前の事件で、武蔵野病院に入院中、初代は、太宰の姻戚、小館善四郎と不倫の関係を結ぶ、そして、善四郎は太宰に、初代と結婚したいと告白した。
流石の太宰も、怒って、離縁してしまう。この内容は太宰19才の時に本名の、津島修治の名前で[この夫婦」で予言されていた。
 彼の人生は予感と、宿命との中に初めから決まっていたかのようだ。初代とも、
カルモチン自殺を試みたが、100錠では致死量ではないことを知っている太宰と、二人は、助かった。
この顛末は、その後[姥捨て]で発表された、まるで小説の題材の為に、狂言自殺をしたかのような印象を受ける。第二の疑問である。
▲29才の時に、東京女子高等師範出の石原美知子(26才]と師匠の、井伏鱒二の媒酌で、正式に結婚する。[富嶽百景]、[津軽」「走れメロス」等々暗さから、解き放たれたような、佳作を発表する。
長女園子が生まれる。幸福なひと時であった。
その直後、文学少女の[太田静子]から手紙が舞い込んだ。運命の出会いである。
静子の母はチェーホフの戯曲[桜の園」の女主人公ラネーフスカヤのような人で困っているといわれ、太宰は、日本の[桜の園]を書こうと決心し、静子に日記を書くように迫る。後の最大文学、[斜陽」の
原稿と為る。太宰は、日記を借りるというより、すっかり、惚れてしまった。.静子が、〈子供が欲しい〉と言い出し、神奈川の下曽我で情愛を重ね、遂に、不倫の子を身ごもることになった。
▲[斜陽]の執筆で多忙な太宰、静子との不倫が、知れる事えの不安、ダウン症の長男の不憫、次女の出産で疲れた、険しい美知子の表情・・・・。
そこへ現れたのが、山崎富栄である。どんな冗談でも真剣に受け止める。〈至高無二の人から、女として最高の喜びを与えられた私は幸せです]と日記に書いた。昭和22年11月12日に下曽我で太田静子が女児を出産した。太宰は、富栄の部屋で、修治の一字を取って[太田治子]と命名して[この子は私の可愛い子で父をいつでも誇って健やかに育つことを念じている]と認めた.。「さっちゃん、どうだろう]太宰が訊いた客が帰ると富栄一晩中泣き通した。.太宰は、思いつく限りの言葉で慰めた。
「おまえにはまだ修の字が残っているじゃないか」
なんと太宰は、女心を知らない男だろうか。この部分を読むと、涙が禁じえない。


▲山崎富栄は本当に、太宰の子供を欲しかったのだと思う。これだけ献身したのに、 静子に[治子]
を与えたことに、女の、嫉妬もあったと思う。また津島家の周りを歩き、家庭の幸せを垣間見たときも、
同じ感情を抱いたとしても不思議ではない。[太宰は、私を本当に、愛しているのだろうか。]口先だけは、(さっちゃん、一番愛しているよ、一緒に死のう]と口走る。
 本当に死のうと思っている富栄と生きようとしていた、太宰の間には、男と女の、深く暗い川底のようなものがあったように思えてならない。
太宰が6日後に玉川の下流で発見された時に、放蕩仲間の、〈山岸外史〉が太宰の顔を見て〈実にさわやかな顔をしていた)と回想している。つまり水を飲んでいない証拠だというのだ。
 
 富栄が太宰の過去の、心中事件を知っているから、生き残りは絶対させないと思い、ウイスキーに
あらかじめ青酸カリを入れ入水する前に、太宰は、死んでいたという推理だ。
文壇が、[斜陽]で一気に一流作家として認めたときだけに、富栄にとり思わぬ、濡れ衣を着せられたようなものだ。その意味でも富栄程可哀想な女はいないと私は思っている。二人とも死んだので、真相は永遠に、謎ではある。

▲太宰文学は、死と生との狭間を迷い、平易な文体で自己の内閉された恥部をさらけ出し、読者〈作者でもある〉に日常の語り言葉で語りかけるところが若者の、心情に受けたのではないだろうか。
臆病な所があるかと思えば、図太い強さもあり、生真面目さと無責任さ、正直さと虚言、これ全て、人間のもつ二面性である。世間、社会、神を畏れこの世では、到底生きてゆけなくなって、事実、〈生まれてすみません〉の名言を残し、死を選んだところが、現代の、苦悩の闇世界に共通し、弱者の味方
と捕らえられているのではないでしょうか。
現代の、若者の魂と、交流する魔性があると思う。
 太宰文学は、青春の、永遠の希望なのだ。


追記
退院後、この記事を書いたのだが、パソコンの不調で3日間友人のブログにも行けず愈々閉鎖かと悩んでいた所、ヘルパーに来てもらい動き始めた。この記事も残っていたので、その日のままUPしました。桜桃(サクランボ]も朽ちた時期だが、敢えて載せました。しかし二部が消えてしまい、トンダハプニングと為る。付かれきった。女とパソコンは優しくしないと、怒り出すものらしい。

太宰の遺書
[池水は濁りににごり藤なみの影もうつらず雨降りしきる]伊藤左千夫作  伊馬春部宛て

「おまえを、一番愛していました」妻美知子宛て
関連記事
                        

コメント

私は、割引でXRumerを探して !!!

こんにちは、私の友人 :)
私は、割引でXRumerをダウンロードしたい !

あなたが私にアドバイスになるだろう、私はそれをどこでダウンロードできますか?
それは本当に、フォーラム、ブログ、ソーシャルネットワーク上の大量の投稿のための最適なプログラムです。 !..



P.S. 他のすべてのバージョンが古すぎると効果的ではない、 12.0.6 - 私は最新バージョンのみのXRumerが必要です!

なつ。O*゜¨゜さへ!

 ご尤もと思います。善か悪か難しい判断がいります。
内面の問題ですので、興味はありますが・・・
余り健康的な小説とは言いがたいかもしれません、しかし
魅力は付きません。青春の一頁に残る事でしょう。!

太宰

ぼくは、ひょっとして、・・・・最初からこの人を信じてなかったのかもしれない。
ただ、ぼくのなかに見え隠れするものがある。

ハンムラビ卿 さんへ!

 ようこそご訪問有難うございました。!お名前をみて法典で裁かれるのかと
一寸構えました。〈笑)しかし同じ太宰のフアンと知りほっとしました。!
中学生で読んだとは、ませていますね。〈笑)私なら、理解できませんでしたでしょう。[人間失格]太宰の遺書的な集大成の作品でしようね。

 [恥の多い人生でした]といい最後に。[お酒を、飲まなければ、いや呑んでも、神様みたいないい人でした]と言わせる[誇り高い、自信家]でもあります。

 生きていたらどんな作品を書いたのかと思うと、残念で溜まりません・。
沢山読んでみたかったですね。!今度寄らせてもらいますので、宜しく。[有難う」!

はじめまして

 初めまして、ハンムラビ卿と申します。
 中学二年の時に太宰の人間失格を読んだときの衝撃は忘れる事ができません。「恥の多い人生を送ってきました」の一言はあまりにもその時の僕には重すぎる言葉でした。
 あまりにも人を信じすぎるが故に絶望を味わってしまう哀れな男。だけれども彼の作品には人を惹きつける魅力があります。
 彼とは長い付き合いになりそうです・・・・・・。

 どうも、通りすがりの駄目男でした。

ウダムさんへ!

 何時も覗き見しては,コメントを残さずご免なさい。!
魅力的なマダムと思っています!文学に憧憬が深いようですね。
三島、は最も太宰を嫌った作家でした。太宰は堕罪に通じます。〈笑)
。それとも自分が破滅的人間だから、なのだろうか、惹かれるのはそこかもしれませんねぇ…(^^ゞ<
そういう人には、魅力に感じると思います。私もその一人なのですよ。〈笑)
太宰の仲間、壇、坂口,織田なんかも大好きですが、・・・
池波、司馬、柴錬なども愛読しています。ウダムさんって美輪さんに似ていますね。今度遊びに行き落書きしますよ。〈笑)

こんにちは^^

お久しぶりです♪

とても興味深く読ませて頂きました。
いや、素晴らしい★

以前にも言いましたが、どうも好きですね、この作家さんは。。。
それと三島由紀夫さん。
男性としてとても魅力的なんですよ。
前の方も仰っていましたが、「媚薬」なんですよね、私が男性に求めるのは。
作家さんに多いような気がします。
池波正太郎さんや北方謙三さんにも惹かれます。
どうもやみつきになる…上手く言えませんが、そんな感じです。
それとも自分が破滅的人間だから、なのだろうか、惹かれるのはそこかもしれませんねぇ…(^^ゞ

ヒロヒロさんへ!

おはようございます。^^
 太宰の苦悩は、真面目な健康な生活をしている人には、理解できないものがあると思います。
実家は、県有数の金持ち、頭脳明晰で中学生時代に、芸妓遊び、と贅沢三昧。
下流生活に追われている人には、かけ離れた生活です。

作家だからこその苦悩ともいえます。その環境に生まれた人だけの苦労かとも思います。彼なりの苦しさは、親の、金貸しで人からの搾取で儲かった事への恥と、母親の身体の弱さのため他人に育てられた寂しさ、自分の虚弱体質からきていたのかナーと思います。しかし反面、誇りもあり戦後、[斜陽]となる事への反感と不安、まるで、分裂型の作家といへます。

作品の魅力と人気は、自分の弱さ、醜さをあえて挑発的に、当時の、サロン的文壇に立ち向かった勇気があったからだと思います。大作家志賀直哉に[如是我聞]で悪口をいい、遺書に師匠の井伏鱒二を[井伏さんは、悪い人です]と書置きした事に現れています。

斜陽日記の[太田静子]さんは自分から接近して子供まで、貰いうけ[太田治子]の作家に成長した、唯一幸せな女だといえます。静子さんは寮母をして育てた苦労はしていますが長生きしました。
津島美知子さんも長男を除き印税で立派な家に入り、娘は作家と国会議員の妻と、後半は幸せになりました。〈本人は幸福と思っているかはわかりませんが)この長男の今で言う「ダウン症」があまりかかれていませんが、それだけに、父親としての最大の苦悩と思えば、太宰の堕落も赦せる気が私はいたします。合掌。



鷹虎さん、こんばんはi-159
太宰治さんの人生なんか悲しいなって思いました。
ひどい言い方かもしれないけれど、結局、だれも幸せになれなかったんだな。
って…。
人の価値観はあるし、方向性もあると思うから、
太宰治にしかわからない苦しみとか悲しみとたくさんあったんだろうなぁ
とも思うけど。
だけど、そういう感情の持ち主だからこそ作り上げられる作品なんでしょうね。

私は「走れメロス」と「人間失格」しか読んだことがないけれど、
どっちも好きです。人間失格みたいなものは実際あるうちの中だと思うからかなぁ~。
いろいろ勉強をさせてもらいました。ありがとうです♪

ぎぅ さんへ!

 こんばんは。![走れメロス]は教科書に載っているのですね。
太宰が嫌いな人でも、この本だけは読んでいますね。

案外生きていたら、漱石のような作家に為ったかもという評論家もいます。
漱石も一時[狂人]扱いされた事もありますし。
太宰は、矢張り[斜陽]と[人間失格]に代表されますので。
読むなら是非、一度挑戦してみてください。人生観が、変わるかもよ。!

タウンさんへ!

 二回もご訪問していただき、しかも、質問まで頂き光栄です。
太宰も、党員生活をしていましたが、所詮、貧困階級者ではありません。
 プロレタリア文学作家の小林多喜二の、[蟹工船・党生活者]は今の、
派遣労働者の過酷な労働条件にダブリ書店のブームになっています。思想としての[左傾化]とは一寸違うと思いますが・・・太宰の、内面の問題も、必要ですが、当時の[奴隷に近い過酷な労働者]の立ち上がる姿が今のの時代に、何か示唆を与えてくれるなら、興味深いものがありそうに思います。
ひょっとしたら、国の、流れを左に、向かわせるかもしれません。
団塊の世代が読んでいるところにも興味があります。

タウンさんこそ深い洞察力があると尊敬しています。「ありがとう」!!!

荒野鷹虎さん、こんばんわ!!
先日は拙い私のブログに足を運んでくださりありがとうございます。

そもそも日本の小説を読まない上に、太宰治は「走れメロス」ぐらいしか読んだことありませんが...何だか印象と違って驚きました。
自殺未遂したと言うのは知っていた気がするのですが...小説家の人は自殺が多い印象があります。日本文学に少し触れてみたくなりました。

改めてそんな見方もあったのか。。。と
『不思議な不正義』を訪問なさる方のコメントを読むのも楽しみにしています。
それにブログのコメント数が多いのが羨ましいです。
洞察力と文章力の違いかな。。。??
ところでどうして”蟹工船”を薦めるのかしら。。。大学時代に読んだことがあるが
”お薦め”なので読み返してみま~す。(笑)

Romaneさんへ!

 早速のご返事[有難う]お付き合いできれば幸甚です。
ばらばらなサイトですが、玉にでもご来宅されるとこれほど嬉しい事はございません。では亦。おやすみなさい

コメントありがとうございます。
読み応えがあるので、サイトしっかりと読ませていただきたいと思います。
来店、本当に多謝です。

みる姉さんへ!

 日本は、自殺が、年間3満人といわれます。異常な数字ですよね。

知り合いの[死]に出合った事は大変でしたね、怖い事でしたね。

心の平静をとり戻してください。

 太宰の死は自分の行為と希望の乖離が生んだ、必然性と思います。

左翼の裏切り、心中で自分だけが生き残った事への罪悪感、長男の発育不良の親としての不憫さ、自己の健康等々が家の斜陽と重なり、最後に、愛人の狭間でもがきしんだと言えるのではないでしょうか。

死んでやっと幸せな世界に行けた人だと思へます。[死]の運命を背負って生まれた人とも感じられます。

誇りを持って自己主張を通した事は、幸せな事にも思います。

太宰治は何故に、自ら命を断ったのでしょうか?

生きる事は死よりも苦しい事??

今日、知り合いが自ら命をたちました。。。

探して、探しまわって・・・

そして、私が最後の姿を発見しました。。。

怖かったです。。。

生きる事はそんなに辛い事なのでしょうか?

琳子さんへ!

 源氏物語を読もうと思うだけでもたいした少女時代だと思います。!
太宰もキリストの影響を相当受けた作家と思います。
神への畏怖がよく現れます。ただ自己弁護も忘れません。誇り高い男でもあったのかナーと思います。
 年とともに人生観も変化して読む作品も変わるのが普通だと思いますが、私の場合、一向に変わらず、無頼派の作家が大好きです。坂口安吾、織田,壇
の本が本棚を独占しています。〈笑)日本文学も面白いですよ。是非読んで感想を聞きたいものです。

イライラは胃腸には一番に悪いことを実感しました。今後リラックスした生活を心がけたいと思います。有難うございました。!

恥ずかしながら日本文学は、太宰も森鴎外も夏目漱石も芥川も教科書で読んだ以外は手に取ったことはありません。
古典は好きだったのですが、古典から英文学や仏文学へ目がいって文学史でお名前を覚えた程度です。詩や短歌は好きなのですが。
まだ少女だった頃、キリスト教的な道徳観に引かれたのだと思います。
源氏物語、小学校の時読んだ時は理解できなかったけれど、高校で読み返してみると、光源氏がかわいそうで仕方ありませんでした。年と共に作品に対しての見方も変わって来るのでしょうね。そろそろ日本の文学を読んでみても良いのかもしれません。
太宰治のように亡くなってからも人気が衰えないのは、それだけ魅力がある証拠ですから。

退院おめでとうございます。PCは気まぐれでイライラしますが、胃腸にイライラは禁物です。お大事になさって下さいね。

葉月さんへ!

 葉月さんも文学少女だったのですね! 矢張り、青春時代に合うようです。
大人〈常識〉の世界を、打破しようとした所も感じます。

志賀直哉に罵詈雑言をはいた、[如是我聞]はいいすぎな気がしますが・・・

>自分の人生を自分で演出し演じきった方だと思っています<
名評論家です。!
私も同感です。
生えの執念も感じますが、所詮[死に神]に押しつぶされる運命のような気がしますね。作品として長生きしているので幸せな人だと思います。!

タウン さんへ!

 読書暦は、私と似ていますね。親近感を覚えますね。!
女性の付き合いは多いですが、本当に、愛のある人なのか、懐疑的になりました。ひょとしたら、女性の敵かも・・

このような弱い男に、母性愛を持つ女性も多いようです。
世間的には家庭的に幸福を味合う事が難しいタイプかと思いますが・・

芸術家は、一般的に、変わっていますね〈笑)
蟹工船の方が良いかもよ・・・〈笑〉では亦。

桜子ちゃん へ!

 どちらかというと、濫読派です。その中で、太宰に、納まったという
感じですね。何か、自分に重ね合わせて心酔していました、金持ちではなかったですが。。〈笑)

社会的には、悪影響を受けたのか、規格外の、脱線生活でした。〈泣き)
読んでくださり、書いては、記事が消えたり苦労した事が、すっかり忘れました。有難うございました。!

さくら さんへ!

 確かに太宰は、所詮金持ちのどら息子かもしれません。
贅沢というか、父、兄貴に反感を持ちながら、左翼思想に走った時代もあります。しかし裏切り行為で自ら挫折の道をひた走るわけです。
 
人の、3倍の毎月90-120円の仕送りを受けても、借金地獄でした。
 自ら破滅してゆき、庶民感覚としては、理解しずらいですよね。
ただ文学としては、天才的なところがあったと思います。

パソコンの事詳しいですね。
残念ながら、私には、困難です。>『ゴミ』を吸い込んでたりする(ゴキちゃんがいてるときも?)ので、カバーをはずして掃除機で掃除もいいと聞きました(PCは熱に弱い)<そうなんですか?
しかし自分では怖くて出来そうもありませんね。〈笑い)

ヒポユキさんへ!

 暫くでした。お元気ですか?心が、いまだに青春?なのか時々古い本を持ち出し、若いときに、思いを寄せている所です。そのとき太宰に心酔していたわたしには、太宰文学が一番なのです。

是非挑戦してみてください、頭の柔軟さに、役に立つと思います。

青春の思い出です。

18~20位の時に太宰に夢中でした。
きっとあの頃は太宰の世界に浸っていたいような微妙な時期だったのだと思います。
「女生徒」を読んでみたりして・・・。
6月19日でしたね。太宰治の誕生日。そして2人の遺体が発見された日でした。
先日も新聞で来年で太宰生誕100年という記事を見て、「生きてたら・・?」って思いましたが、やはりあの方はこの写真のままで・・・がいいと思いました。
自分の人生を自分で演出し演じきった方だと思っています。
でも、今の年代になってあまりにも彼は純粋だったのでは・・・と思うようになりました。

いつもブログを覘いて頂き有難うございます。

初めて”太宰治の文学”に出会ったのは、かれこれ40年くらい昔のこと。
国語の教科書で『走れメロス』を読んだときです。それから大ファンになり『人間失格』『斜陽』『富嶽百景』『津軽』。。。と読み漁ったものです。

シャイドリーマさんのコメントの中に”女性好き”とありますが、女性にとっても見捨てておけない魔性のような魅力があったのでしょうね。
琴の線のようにはじくと切れそうな繊細な魂の持ち主だったのでしょうね。

夏休みに『人間失格』でも読み直してみようかな。。。?

こんにちは!
30分以上滞在させていただいています。
太宰の作品は多分、(?)何冊か読んでいると思いますが・・・
家の本箱の中に「人間失格」があるらしいのですが
何しろ入りきらないのはダンボールの中
本箱も本が重なり合っていて・・・どこにいったのやら、
・・・
荒野鷹虎さんは、本をたくさん読まれるのですね?
私は若い頃は、詩集が多く、成人してからは
人の影響を受けて五木、野坂・・・(えっ?古い?歳がばれそう・・・)
純文学と言えるのは、ほんの少しだけ
なので、今日は荒野鷹虎さんの文章を小説のように
読ませていただきました。
ありがとうございました。
応援のポチしていきますね。

うひぃヽ('(ェ)';)ノ

しっかりとした文章が
思わず『ん~・・なるほど・・・』と納得をせざるを得なくなり
いつもいつもコメントしてよろしいものかしら・・・と(^_^.)

太宰さんは結局『坊っちゃん』だったのでしょう?
昔からボンボンは・・orz

昔聞いた話ですが、
初代が財を築いて
二代目が散財して
三代目が家をつぶす
って・・・

て・・典型ですよね?

あと、パソコンは
Windowsのアップデート・ウイルスソフト・ブラウザを常に最新の状態に!
定期的なデフラグで断片化したファイルの整理を!
クリーニングソフトでキャッシュやクッキーの削除を!
と、教えられました。

意外とデスクトップ型のヤツは『ゴミ』を吸い込んでたりする(ゴキちゃんがいてるときも?)ので、カバーをはずして掃除機で掃除もいいと聞きました(PCは熱に弱い)

まいど~
最近の蟹工船ブームや、永遠の太宰治作品は今なお人気があるみたいですね~
昔の名作と呼ばれる作品を今また読み返してみるのも一味違うと思います

まぁ兎にも角にも、私は走れメロス位しか読んだ事が無いので、これから少し読もうかと思うのですが読書の秋まで遠いですね
ではまた

シャイドリーマーさんへ!

さすが、シャイさんらしいですね! 噴出しました〈笑〉
女にとり悪魔のようです。今回は、客観的に見てみました。太宰なりに、家庭的、家族関係に、苦悩が合ったのでしょうが、贅沢な、苦労だと思います。

三島由紀夫が[病気を治す努力のない奴は、病人の資格もない]と嫌いますがよく言いえて妙です。[死]に向かっている人生ですものね。
若物の、参考になればよいな~と期待していますが。
今後「パソコンさん有難う」というようにしますよね!
有難うございました。

ミカヱルルさんヘ!

本当に、太宰は、善人なのか、悪人なのか解らなくなりますね〈笑〉

少なくとも、かかわった女性は、〈静子さんは別ですが]かわいそうです.

津島家の娘さんは、今は長女は国会議員の奥様で、次女は、津島佑子で作家をしています。一番可哀想なは、富栄さんです。[愛と死と共に]の日記を見るたびに涙ものです。

邂逅の不運ともいえるのかも。ただ太宰も、家のことや兄貴との確執、母の愛に恵まれず、現代的苦悩を味わっているのですね。
自分相当の、男を選ぶことが大事ですね。〈笑)

ルルさんは、花も実もある人と結ばれよかったと思います。!

こんにちは。 太宰文学は好きだけど、ホントにこの人 女性好きですもんね。
この人の恋人じゃなくてよかった(!?)
恋愛もそうですが、「斜陽」などを読むと、自己破滅型だなぁと思います。
物書きの面では、それがいい方向に生かされているわけで、なんとも皮肉ですね。

パソコンは女性と同じ・・・優しくしてあげてくださいね。
長持ちの秘訣教えてあげるv-238
それはね、パソコンを閉じるとき、「ありがとう」って言いながら閉じるの。
私、実際にやってますよ~(笑)

とんだ嘘つき男と自己中女?

ああ、吐き捨てるように言っちゃいましたね。
すいません
もっと情緒のある、けれど単純な時代だったのっでしょう。
女と男の駆け引きは、ずっと変わらないのですかね。

幸せになりたい vs 平坦な生活は物足りない。
一人の異性と添い遂げたい vs フレッシュな恋愛を楽しみたい
分かれたい VS 現状のまま
などなど

考え方は表裏一体で、
さっき言いました、情緒と単純なとはちょっとくっつきにくい時代です。
彼の魅力は才能や色気、寂しさ等、操縦しにくい乗り物で
媚びず決して誰の物にならない所が
とんでもなくよいのでしょね。
媚薬のような。

うらやましい生き方で、悲しい人生ですね。

ちゃいますか~~~~???
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      464位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      133位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア