FC2ブログ

北海道南西沖地震から20年

         
 大火災に見舞われた青苗地区        生まれ変わった稲穂地区


1993年7月12日午後10時過ぎに発生した。震源は奥尻島の北方でm7・8。北海道・東北地方の日本海側を中心に津波があり、死者・行方不明者は230人。うち198人が奥尻島であった。98年3月には奥尻町が(完全復興)を宣言した。(朝日)

当時の人口は4700人現在は3000人を切ったと言う。津波に備え高台に建設された住宅街も、空き家が目立ち、東日本大震災後、視察に訪れた被災地の町長らも、その寂れように驚かされたと言う。
天然のウニ・アワビで有名な魚業資源は思うように回復せず、高齢化や後継者難で漁業者は減少、漁獲高も地震前の5-7割。観光客も減る一方である。働く場所のない若者は次第に都市部や道外へと離れていく。

この様にいくら防災設備、立派な住宅を建設しても人口流出は避けられず、復興事業を賄うために発行した起債の償還で財政的に追い込まれているのが現状である。

果たしてこの貴重な教訓が東日本被災地に届いているのだろうか?政府は膨大な公共事業費をつぎ込んでいるが
ハード面の整備事業が中心である。若者が喜んで働ける場所を設けなければ奥尻と同じことになると思う。東電、国の機関を大々的且つ本格的に移転し、既存の産業の再生はもとより、大企業の誘致や新規産業の育成を率先して身を挺した行動が求められると痛感した次第です。
関連記事
                        

コメント

Re: 江戸川と金 さんへ!!

> 本当に光陰矢のごとしですねー。そして東日本大震災いですものねー。いつ来るかわからない震災ですが、この大津波の教訓は余り生かされなかった感がありさびしく思います。伊豆大島の土石流も、さっぱり意気込だけで実際には防災警報も役に立っていませんですねー。のど元過ぎれば、熱さ忘れると言いますが、その通りです。もっと連携良く頑張って人災だけは防止しなければ、私達もいずれは生きてはいけないでしょうねー。汗】災害は忘れたころに来る』と言う事を真剣に自分の事の様に考えたいですねー。台風も何とか一過して秋晴れになりましたが、今度は雪の被害に見舞われます。備えあれば・・・』で頑張りたいですねー。コメントありがとうございます。!

20年経ちましたか・・・

早いものですね・・・もう20年経ちましたか。(-_-;)
当時職場の上司が1日違いで難を逃れたものでした・・・。
後1日泊まっていれば津波被害に遭って、もしかすればあの世に行ってしまったかも知れない話を聞いたときは背筋がゾッとしたものです。w(゜o゜)w

このときの津波も30mぐらいだったと聞いております。
海岸沿いの人たちは、一時も津波のことは頭から離れないよう心がけるしかありません。
いや、誰もが旅行などで海辺に行く機会があることを考えると、人間全てが地震と津波のことは常に考えていかなければならないと思います。

本当に最近は色々な自然災害があり、いよいよ異常気象炸裂といった感じです。
「天災は忘れた頃にやってくる」などという諺はもう古いです。「天災は忘れないうちにやってくる」・・・そう考えておいた方が良さそうです。(`・ω・´)シャキーン

てくっぺ さんへ!!


おばんです!
本当に日本は地震、災害大国の様ですねー。汗)
それだけに防災対策と危機管理が重要ですよね^^。
世界遺産に選ばれた富士山の噴火も有り得ない事ではなく南海トラフの直撃が、いつ来るのかを考えると寝る暇もありませんですね。汗)
>そして、最近では、災害になればなるほど、貧しくなっていくような気がしてなりませんね。<
全く情けないと思います。復興政策の抜本的改革が求められますねー。!

こんばんはです。^±^ノ

この国は災害が多い国ですよね。
特に地震は深刻です。x±x
住民は次にいつまた大きな災難がやって来るかいつでもひやひやしなくてはなりませんし。
そして、最近では、災害になればなるほど、貧しくなっていくような気がしてなりませんね。

flowerh さんへ!!


こんにちは!
東日本大震災では膨大な費用をかけた防潮堤も乗り越えて津波が押し寄せた事も多くの死者を出しました。
今更に、高い膨潮堤の建設をしているようですが津波は無限の高さで押し寄せる可能性があると思います。
地震で土手が崩れ防潮堤も破壊される恐れがあるという学者もいます。

海岸の街は高台に移す事はやむを得ないものと思いますが…
沿岸漁業には不便でしょうが何か、最善の方法があればよいのですがねー。!

NANTEI さんへ!!


こんにちは!

NANTEI さんはずいぶん身近に震災を体験されていらっしゃるのですねー。
南海トラフ地震の恐怖は想定以上の心配と思います。!
国の想定被害はその後の自治体の調査より低めに設定されていて危機管理意識の低さを証明していますね。渇)
仰る通りで自然への畏敬の精神に欠けているとしか言えませんですねー。

これでは神の怒りを鎮静することも不可能です。
宇宙の摂理<に謙虚であるべきで全く同感ですねー。!
そのためにも人類の敵、原発を廃止すべきと思います。!

ジョニパパ さんへ!!


こんにちは!
私も奥尻島と阪神のTV中継を見ましたが自然の猛威に恐怖を感じました。
札幌も30年以内に直下型大地震が来ると予測されていますが、果たして身を守られるかは自信がありません。
津波だけなら高台に逃げればと思いますが、ビルや家屋が倒壊したら当惑するだけでどうなるものか分かりません。汗)
防災訓練に足しげく参加して心構えと逃げる準備を身につけたいと思います。!

purotoko さんへ!!


こんにちは!
奥尻は復興宣言しましたが現実はこの通りなのですね^、汗)福島の復興は予測がつきませんですねー。

「画像縮小」の件は有難く後ほどお邪魔して勉強させて頂きます。‼ありがとうございます。!
URLがリンクされないのは私の設定が可笑しいのでしょうかねー。汗)

りんださんへ!!

> こんにちは!
> 元々小さな島ですのでこれだけ若者の流出があれば町の存在まで侵しかねません。
> 北海道には同じような礼文島・利尻島等の観光地が沢山ありますが、過去の自民政治の農業一辺倒の保護政策のひずみが現れいます。漁業資源の確保のためにも見直す必要が理ます。
> 北電の泊原発立地地の漁民もやむなく補償金をもらい魚業を捨てたのです。
> 今原発再稼働で揺れていますが原発は住民に取り複雑な思いに駆られていると思います。
>
> 奥尻は津波被害だけでしたが福島は余計な放射能被害が重なり、更に人口減少が進行しています。
> この現実を直視し、いかにして人が住めるようにするかを命がけで、知恵を出し復興に力を注ぐべきが責任だと思います。

ミー子さんへ!!


こんにちは!
そう思っていただければ幸いと思います!
家にいても、外を歩いていてもあらゆる災害が待ち受けています。
(生きている事)自体が「生かさせている」と感謝の気持ちを持ちたいと思います。!
高齢化もただ長寿とばかり喜んでいられない複雑な社会です。
少子化は大変な問題と思います。(産めよ増やせよ)とお金を支給して解決できるものでもありません。
昔の様に主人の給料で生活できるようになれば自然に子供も生まれるとも思いますがね^^^。そう簡単でもありませんですね^^汗)

本道も、珍しい暑さが続いています。頑張ります。!

華やぎさんへ!!


こんにちは!
復旧というインフラ整備は進みますが、復興は確かに置き去りにされているように感じますねー。

ただでさえ日本は人口減少が確実にINGですのに、被災地からは激しい現象となっています。

歯止めをかける地場産業の再生・育成に惜しみない予算をつぎ込むべきでしょうねー。

魚・野菜も依然風評被害があります。補助金で地域の産物を安く売れるシステムも大事なことだと思います。

除染の困難さを見れば、再稼働は絶対反対しなければなりませんですねー。!

見張り員 さんへ!!


おはようございます!
北海道南西沖地震も風化しようとしています。(のど元過ぎれが暑さを忘れる)では教訓になりませんですねー。汗)
選挙戦たけなわですが東大震災のことさえあまり聞こえません。
戦争、被爆、原発の被害にあいながら再稼働などと言っているようでは犠牲者の霊も生かされませんですねー。
あれほど(復興)が大優先と叫んでいたことをもう、忘れたかのようです。渇)

>いずれ来るであろう南海トラフ型地震や東京直下型地震にも生かしてゆかねばなりません。<
日本全土が災害に襲われる可能性がるのですから、まずは福島の復興に全国民の視線を向けさせるよう政府、政治家は真剣に取り組んでほしいものです。!

No title

こんばんは~

多分、一番の間違いは、
丘の上に住居を移したことじゃないでしょうか。

海の町が、丘に移ったら、
根本が変わってしまいますから。

海は元には戻ってはいないけど、
新たなことも起こっているはず。

それを活かしていないのが、
原因でしょうね。

こんばんは。

もう20年になりますか。
私の親族が小樽におりましたので、
消息が判るまでは非常に心配でした。
次に少年期を過ごした北陸の新潟、能登、
そして生まれ故郷の神戸と、
ゆかりのある処ばかりが大地震に見舞われて、
ついには東関東大震災!

これだけ大災害が続いても、国の危機管理はずさんですね。
想定外などと言ってる場合ではないでしょう!
地球や宇宙を舐めているとしか思えません。

たかが霊長類ヒト科の動物のくせに!
そう思います。
もっと宇宙の摂理に従順であれ。
と思うのです。

北海道南西沖地震の多くの犠牲者に、

合掌。

No title

こんにちは。
あの地震からもう20年経過するのですね。
あの時は他人事のようにテレビを見ていましたが
東日本大震災を経験して震災は身近にあるということを
改めて知らされました。
いつ我が身に降りかかろうとも生き残れるよう
しっかり準備だけは怠らないようしておこうと思います。

No title

奥尻町が完全復興まで5年かかるのですね。東日本大震災の完全復興までとうてい5年では終わらないような気がします。
話は変わりますが、画像縮小ですが詳しいことは私のブログに書いてあります。
記事のタイトルは「 撮った写真を拡大表示する方法 」です。アドレスは下記です。
http://rachina.blog70.fc2.com/page-9.html

No title

おはようございます~~♪
地震の後 そんなに人口が減ってしまってるんですね。
行動力のある若い人からいなくなってるのでしょうから さびれてしまいますよね。
東日本大震災の後も遅々として復興もすすまず・・・若い人が離れていってしまうのが心配です。

「生かされてる」のが奇跡なのですね!

鷹虎さま。
いつもコメント有り難く思っております

もう20年経つのですね。風化し忘れ去られた象徴の
ようでもあります。こうして記事にして下さることで
亡くなられた方々 被災されたご家族 慰めになるのでは
ないかとも思います。起きて欲しくない天災です
私達が今 生きてる 生かされてるのが奇跡のようですね
有り難さ 忘れていました。過疎になる所、人口密集地域
様々ですが 少子化 高齢化も 問題が山積ですね〜〜

鷹虎さん、猛暑続きます お体ご自愛なさって下さいね
いつも有り難うございます。

北海道南西沖地震から20年

早いものですね。

復旧は、進むけど~

復興は、非常に難しいですね。

被災地域から、どんどんと人が流出していきます。

創造的復興、掛け声と裏腹で残念ですが~

過疎、少子・高齢化

何処も、現実はなかなか厳しいです。

こんばんは

北海道南西沖地震。あれからもう20年ですね、本当に早いものだと思いますがそれは風化が始まっているということでもありますね。
あの地震と津波も大変悲惨でしたがその経験が東日本大震災に生かされているかといえばそうではないというのが大変残念です。
いずれ来るであろう南海トラフ型地震や東京直下型地震にも生かしてゆかねばなりません。
多くの犠牲を無駄にしてはならないですね!

そしていまだに改善されない避難住民への住宅や仕事の供給を政府は真剣に直視してほしいです。
いずれ、東京に住む私も「被災者」になると思えば全く他人ごとではありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まり姫 さんへ!!

過去の歴史が復興の難しさを教えているのですねー。国が口を出さないで自治体に資金を任しては如何でしょうかねー。

奥尻も資金難で困っているように資金を基金として積み立てておくことも大事なようですねー。
>地場産業の保護と生業ができるよう<!!
成るほどそう思いますねー。!
土健屋は人の不幸を食い物にする困った団体です。渇)義捐金は一体どうなっているのかも明瞭になっていませんでしょう汗)
天下のソニーが逃げるとはねー。汗)
大企業の体質が嫌と分かりますね^^爆)

ボス。さんへ!!

おばんです!
本当におっしゃる通りですねー。
復興そっちのけで原発、TPP等、どこか狂っていますねー。渇)
いつ来るか分からないのが天災ですよねー。
備えあれば憂いなしとは言いますが、備え方がね^^

No title

鷹虎さんこんばんは~♪
大規模地震からの復興は過去の歴史を見ても簡単にはいきません。
住民の多くがうくれた場所から離れたというのは明治時代の濃尾大地震、大正時代の関東大震災、最近では阪神淡路大震災などいずれも表面上は復興したかのように見えますが、住民の多くが住んでいたところから離れたケースが多くあります。
いくら基盤整備に金をつぎ込んでも、住民が安心して暮らせるような国・自治体の援助がないようでは到底無理でしょう。
阪神淡路大震災で大企業が誘致され雇用の確保ができたように見えましたが、今ではほとんど撤退してしまっています。
要は企業ではなく、地場産業の保護と生業ができるよう必要な援助を国・地方自治体が責任をもたない限り、東日本大震災の復旧・復興はあり得ないと思います。
ひどい例をひとつだけ、ソニーは地震を幸いとして東北から撤退しようとしています。
仮設住宅建設も大手が独占的に受注した宮城県は、冬場の寒さや夏場の暑さも無視したメチャクチャな住宅を建て暴利を貪っただけです。
大企業とは所詮こういうものですよ!!

こんばんは。

天災は忘れた頃に、、、、、
何処の地にも、二度とおきないでと、祈るのみです v-220v-17
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      401位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      116位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア