FC2ブログ

死刑制度の是非

谷垣総裁 谷垣法相は今日3人の死刑囚の刑の執行をした。自民党では鳩山邦夫元法相が11人の執行をして以来である。刑事訴訟法では確定判決から「6ヶ月以内に刑の執行をしなければならない」と決まっているから当然の事であるが、法相は自分の印鑑一つで死を決める事に躊躇うきらいがある。死刑存廃の議論は拮抗しているが世論の意見は86%が死刑制度に賛成である。「凶悪卑劣な殺人を犯し、矯正不能な犯罪者が死刑になるのは当然と言う声が強い」のも被害者遺族の感情を考えると当然と思う。いまや、死刑囚は130人を越え、刑務所に収容しきれないところまで来ている。しかし、それが原因で執行するのであれば、法律の実行をしなかった司法行政の怠慢といえる。
死刑制度がある以上は粛々として法相は刑の執行を命令するのが義務と思う。冤罪や恩赦に拠る減刑も在るが死刑囚は執行するまでの待合期間のほうが辛いと言う声もある。ただ絞首刑そのものは聊か残酷と言う声もあり、執行方法は議論の余地があると思う。死刑そのものは人道上非道とも言えないと思う。死刑制度は殺人事件の抑止力を期待した面もあるが、谷垣法相も制度の容認派である。
          
死刑判決確定後6ヵ月以内に、法務大臣が執行を命令しなければならない(刑事訴訟法475条2項)はずだが、実際には死刑確定から執行までそれ以上かかることがほとんどである。

東京地方裁判所平成10年3月20日判決によれば、同条2項は、死刑という重大な刑罰の執行に必要とされる慎重さと確定判決に必要とされる執行の迅速性という相反する要請を調和するために一応の期限を定めたものであって、法的拘束力のない訓示規定であり、(同条の定める期間を徒過したとしても)特に違法の問題を問題を生じない、とする。

異例の早さで死刑が執行されたといわれる附属池田小事件の宅間守元死刑囚でさえ、確定してから約1年の時間を要している。そのため、刑を執行されないまま拘置所の中で一生を終える死刑確定者もいる。
関連記事
             

コメント

jikeidan さんへ!!


こんにちは!
大変ご苦労な運動に努力されている事に敬意を表したいと思います。過去、数多の、冤罪事件が起こり警察の捜査に不信を覚え司法の信頼まで揺らいでいる事は憂慮に堪えません。しかも、!DNA鑑定でも検察の指定鑑定人と弁護側では正反対の結果が出ると言うお粗末さには驚きます。冤罪がある以上祖形制度は危険と思いますが、100%冤罪ではありませんので、現存の制度では
死刑も止むを得ないともいます。凶悪犯もいる事も確かなのです。
司法関係の、隠蔽体質、証拠の捏造。自己弁護、身内の論理こそが絶対の悪でこれを是正しない限りは司法の信頼は得られません。マスメデイアの報道も、容疑者段階から真犯人扱いする事も反省して欲しいものですねー。
今後とも、圧力に屈せず、正義を追及されますことをお祈りいたします。有難う御座います。!

No title

幼い子供達を無慈悲に殺害して、殺人を快楽のように行う犯罪者に対して、当たり前に死刑を賛成する考えの私でしたが!捏造されてしまい!証拠まで作れたらどうしますか!実際に犯人を目撃した私は、警察のでっち上げ事件を捏造するのを何度も知っています。
警察が証拠を偽造して作れば、冤罪者が簡単に犯人にされてしまいます
足利事件!飯塚事件!福井事件!等々は 完全無罪です。
私が目撃者になり、訴えた犯人が何故逮捕されないか理屈は単純で、警察庁科警研DNA遺伝子血液型鑑定検査方式 第一回目鑑定が!無罪逮捕された 足利事件冤罪被害者の菅谷利和さんです。
第二回目の警察庁科警研鑑定が、冤罪死刑の濃厚な 飯塚事件死刑確定事件す。
DNA血液型遺伝子鑑定検査方式は、2003年から 今の検査方式に改正されて、以前のDNA血液型遺伝子鑑定検査方式は2003年度に、新鑑定方式に変えられる前まで、鑑定度がズサンな為に 廃止されました。
第一回第二回目と 鑑定度が低い研究段階の方式を、警察が嘘の鑑定度が良いと!警察寄りの記者に虚偽リークしてしまい 間違った情報を世論国民に発表した責任を!警察庁科警研が 今だに隠している現実
この重大不祥事隠しの影響で、連続幼児女子行方不明殺人事件犯人を警察庁科警研関係者は、告発告訴状を訴えがあるのに!科警研血液型遺伝子鑑定検査方式の不備を隠す為に 不祥事隠しをする為に、目撃者証人に対して 圧力をかけてしまい揉み消し工作を警察庁自ら不祥事隠しを指導した疑い例が発覚致しました。
コツコツと人助け運動する 子供達の見方

ijinさんへ!!

こんにちは!
谷垣法相は、確か、「死刑制度は変える必要が無い」と言っていたように記憶していましたが・・私の勘違いだったでしょうか?
民主政権時代の千葉法相は「死刑廃止論者」でしたが、結局2人を執行しました。この場合は任命権者が悪いと思います。一般的に良く調べて大臣を任命する事が必要だと思いますね~!
コメント、有難う御座います。!

死刑

死刑が法律で決められいて居るのに「私は死刑に賛成できない」と法務大臣が言います。
「私は任務を完全に遂行できません」と言うに等しい。
それなのにその職を受ける。

法務大臣を任命するにあたって、総理大臣はその信条を確かめる必要があります。

お見舞い有難うございました。
応援。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

てくっぺさんへ!!

今夜は凄い雪で道も、家も埋まりそうです。汗)
「雪攻めの刑」ですね~^^
刑場の独房も、寒いでしょうが執行人も、辛い思いをしています。
遺体は家族の引き取りも無く、悲哀そのものです。
殺す前に、チョット考えてもらえれば全てが良いのですがねー。
普通の家庭も、灯油の値上がりで、暖房が弱い家が多くなっています。汗)

「か」行ですね^^。諒解いたしました。宜しくお願いいたします。!有難う御座います。!

こんばんはです。^±^ノ再

おお、同意です。^±^
本当は死刑より厳しいのが終身刑と思うんです。^±^
あ、もちろん冷たい独房の中で一生を過ごさせるのは言うまでもないです。
当然、シャバより厳しくないと。^±^
あ、ちなみに、我が家は独房より寒いかもです。^±^;…うちの部屋はコンセントが焦げて、暖房が入れられないので

そうそう。うちのブログの友達リング「か」行に入れさせてくださいね。^±^ノ

ゆっころ さんへ!!


おばんです!
先ほど、栃木日光で大きな地震がありましたねー。怖いですねー。
この問題は、人の命に関することで、非常に難しい問題です。
世の中、明るい犯罪の無いことが望まれますが、理想社会ではないので、無理なんですねー。汗)
軽やかな人生は春のようで素晴らしいですね~^^!

No title

難しい問題ですね。
平和に過ごせることに感謝です。
どうなんでしょう?
この頃、思うことは
「軽い人生、より軽く」
生きようと思います(笑)

プリティ・カフェ・チューリップさんへ!!


こんにちは!!
麻原彰晃は逃亡者も、逮捕され関連裁判も、全て終了したので、まもなく、執行されると思いますねー。国民感情もそれを望んでいるでしょうしねー。
拘置所で、自殺したり、病死する死刑囚も多いですが、彼に関しては、その恐れが又くないと思いますよね~^^
死刑囚の独房は冷暖房も無く、生きる屍と聞きます。寧ろ、残酷のように思います。!?
冤罪、再審申請の可能性、恩赦の申請もあり、慎重と、迅速との矛盾を抱え法務省も、一概に、順番どおり執行する事に、ためらいがあるのも、判らないわけではありません。
各種資料の検討に相当の時間も要し、一概に、法相の責任とも言えません。
今後、死刑制度の議論が高まる可能性もあるかもしれませんですねー。!
今病院にいき、帰ってきたところですが、日照りが強く、雪解けも始まっていますが、積雪の異常さには驚きました。汗!

No title

死刑制度、私は「賛成」です。
家で話題になる時は、いつも何故?麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行がされないのか?が話題の中心になります。
27人もの犠牲者がおられる中、死刑が執行されていないのは、逃亡者が存在していることに影響されていたようですが、確定されているのにいまだ執行されていないことに疑問を感じずには得られませんね~(=_=)

北海道の大雪、大変ですね。
早く春がくることを願ってやみません。(^-^)

てくっぺ さんへ!!


今回の死刑囚は死刑志願者のようで論外でしょうが、独房の部屋にいるよりは良いかもしれません。汗)
その意味では終身刑は厳しいかもねーただし今の、死刑囚の独房でなければ意味がありません。
執行人も、嫌で陽気を理由に休む人もいるとか、やはり人を殺すという事は非道な現実なのでsねー。
しかし、死刑制度そのものを廃止するのとは問題が違い、最後は、立法府に任すよりありませんですねー。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんはです。^±^ノ

死刑制度。
うちは両方ありと思います。
悪いことを反省してない人には何を言ってもだめです。ましてや、死にたかったから人を殺す死刑囚がいたけど、考えが無茶苦茶で言語道断すよね。
死にたい人は勝手に死んでください、だけど人を巻きこまないでね、って言ってやりたいですよね。
ただ、死刑は、執行している人の心が痛むと思うんですよね。^±^;
法律で執行のはんこをついてる人はいいですけど・・・。
映画の「お葬式」でも、焼き場を担当する人がつらいと言ってたように・・・。
でも、本当は、懲役何百年にして、死ぬまで苦しませたほうがいいとも思ってるんですよ。
もちろん「恩赦」という減刑は重犯罪者に適用されないことを前提に。^±^

見張り員 さんへ!!


おばんです!
最近の凶悪犯罪は余りにも身勝手で情状酌量の余地が無いものが多く、死刑を望むとか、反省の、態度も無く、善良社会には、共生できるものとは思えないと思います。
犯した罪は自分で償う事も当然ですねー。
死刑廃止論者にはやや、犯罪者側の論理に経つものが見られ、納得できませんですねー。
死刑存廃の是非を国民投票に掛けてどちらかに決めても良いともいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

死刑制度、賛否ありましょうが私個人は死刑に賛成です。
昨今のように快楽殺人や金目当ての殺人、尊属殺人等目にあまります。
人を殺したら己も命を持って償うのは当然ではないかと思います。中には全くそんな気が無いのに相手が死んでしまったというものもあると思いますがそれにしても人を死に至らしめたらそれなりの罰をうくべきです。
「だれでもよかった」「いたずらしたくて」などという身勝手な動機なら死刑で当然。
「殺された」人の思いをもっと司法も受け取るべき。最近思うに法律は犯罪者の味方ではないかと思うことしきりです。

まり姫さんへ!!


おばんです!
人が法を作るからには人の感情が入る余地があると思います。
裁判官も人であり、時期により、判断に迷うのだと思います。
世論は厳罰化の傾向に成り、裁判員制度を施行して以来、死刑判決も増えています。
被害者家族の感情をより重視するからだとおもいます。色々な意見があっても、尚死刑制度が存立して居るのは、多くの国民が加害者の非道に許されないと思う感情が強いからだとおもいますねー。善良な人を守るには公平、公正な社会を実現すりしか方法は無いと思いますねー。

No title

鷹虎さんこんにちは~♪
さつじんにかんする刑法は明治以来変わっていません。
裁判が法によってされるのであれば、そこに人間の感状が入り身む余地はあってはならないことです。
その時々の世論の風向きで判決が左右されれば法の下の平等という原則が破られたことになるでしょう。
現状のまま日本が死刑制度を維持しようとするなら国際社会で名誉ある地位を確立するなどというのはとてもできないことだと思います。
凶悪犯罪を犯させないための抑止力になるとのお考えのようですが、死刑執行が頻繁に行われるようになっても、凶悪犯罪が減るどころか増え続けています。
死刑が凶悪犯罪の抑止に役立つというのは私はどこからみても破たんした議論だと思いますね。
国際社会から非難されている今こそ立ち止まって考え直すいい機会だと思うのですが・・・・
ちなみに
被害者家族の感情は傷害致死や交通事故死亡者であっても被告に対し極刑を望みます。
法律はそこまでカバーしていない現実もありますが、どちらも被害者家族の感情を考慮しない前提での法律です。

まり姫さんへ!!


おばんです!
貴重なご意見大変参考になります。!
刑法も公正、公平な見地から、被害者側の意見を加味する事もあると思います。
再犯の恐れや矯正不能を考えれば国情に沿って色々な国があるのも当然でしょうが、日本は世論を見ながら比較的、他国より、公平、公正妥当な法律だとおもいます。
冤罪はあくまで司法官憲の捜査の不正、無力が生んだ悲劇であり、次元が違うと思うのです。
あだ討ちも江戸時代では、当然であり、寧ろ幕府が強制的に行わせていた経緯もあります。
現代は自力救済の禁止の精神から裁判で決めるシステムと為っています。
死刑制度が現在ある以上はこのたびの執行は寧ろ、遅きに失するともいえます。
ただ、今後の問題としては、何故、この3人が早く執行されたかどうかが曖昧な点があります。本来、確定者の順番に執行されるのが常道でしょう。しかし、冤罪、再審、恩赦の申請があるかどうかも、考慮しなければ成りませんので、やむを得ませんがもう少し、法務省が明確に公表すべきだとおもいます。
死刑制度の廃止、終身刑導入はあくまでも、正規の法律にのっとり、世論を考慮しながら決められるべき問題で今後の大きな懸案事項には間違いありませんですね~^。!
これから死刑執行が増える可能性がありますが、徳川幕府と同じく、一部経費の削減での「あだ討ち」の感覚で死刑執行を行う理不尽と非情は慎まなければならないと思いますね~^^汗)
以上,拙い私見でありますのでご賢察の程。!汗)

ボス。さんへ!!


おばんです!
私は、死刑制度の維持派なのですが、例え裁判でも、「人を殺す権利」がるか?となると、
難解に成りますねー。汗)
しかし自分や家族が被害者になって見れば良く分かると思いますねー。
勧善懲悪の精神からすれば、死刑は当然と思います。!
世論調査では86%が死刑を容認しています。

ジョニパパ さんへ!!


おばんです!
自分が犯した罪を反省し償う意味でも、極刑はあっても仕方が無いと思うのは同じです。
絞首刑は失敗例もあり意外に残虐な刑らしいです。他の方法を考えるべきと思います。
又死刑執行に関する情報も公開すべきと思いますねー。
再犯事件も多いので終身刑を設けることも必要でしょうねー。
6ケ月の期間は法的拘束力が無いのですが、拘束力を持たすべきと思いますねー。
冤罪防止は徹底的にやってもらいたいものと痛感します。


No title

鷹虎さんこんばんは~♪
刑法には遺族感情が入り込む余地はありません。
遺族感情を考慮して死刑制度を論ずるのは明らかに間違いだと思います。
もし考慮して死刑判決が出ているのなら、仇討と同じことになってしまうでしょう。
実際に大分県で冤罪の可能性が高くなり、死刑判決が覆る可能性がある受刑者が再審請求直前に、法の執行者によって刑が執行されてしまいました。
人が人を裁くのですから当然過ちもあると考えるのが世界の共通した認識です。
今回の3人の死刑執行に対して、すでに独仏政府から抗議声明が出されました。
世界の流れは完全に死刑廃止、終身刑導入です。
死刑制度が残っているのは後進国の象徴でもあります。
日本が先進国というのなら、凶悪犯罪抑止にまったく役立っていない事実を直視し、死刑制度は廃止、終身刑導入に移行すべきだと思います。
勝手なことを長々とすみませんでしたm(o´・ω・`o)mペコリン

藤井美菜さんへ!!


おばんです!
冤罪は確かに多いのは遺憾ですねー。死刑制度と又違う警察。検察の捜査に瑕疵があると思います。
制度そのもは凶悪犯罪の抑止に効果があると思うのが一般的だと思うのですが。
人を殺すという事が如何に非人間的であるかを教える道徳も必要だと思います。
ゆがんだ邪悪社会にも犯罪発生の責任もありますが、罪を犯したものは応報的処罰を受けることは止むを得ないと思います。
広く議論を重ね制度の存廃を、又執行方法も考慮する事が必要だと思いますねー。
現状では死刑制度に賛成する人が圧倒的に多いし、何も罪のない被害者遺族の心情に重きをもつのが法治国家の正しいあり方と思うのですが如何でしょうか?!
貴重なご意見を頂き有難う御座います。又よろしくお願いいたしますねー。!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

難しい問題ですね。。
被害者遺族の気持ちを考えて、賛成! との意見もありますし・・。
加害者の命も、、、、、の意見もありますし・・。

全国民に意見を聞いてきたら、、、
ボスは、「賛成」と言います。

No title

こんにちは。
死刑制度に賛成です。
ただ絞首刑ではなく薬による執行とか執行制度については議論の余地があると思います。
死刑制度にはある程度凶悪犯罪抑止力があると思います。
そして死刑執行までの期間味わう恐怖が殺され人が味わってあったであろう『死の恐怖』の時間なのです。
そして自分の犯した罪の反省の時間でもあります。

死刑制度に反対です。

日本のみならず、冤罪は今も無くなっていません。人の命を人の命であがなうことはできないと思います。
侍の「仇討」しかり、復讐法で憎しみの連鎖を断つことは不可能です。
今日、世界各地で起きているテロ事件は復讐心という「正義」のもとに実行されていることをみれば、「死刑」とは、もっとも原始的な解決策と言えるでしょう。
現在、日本には終身刑制度がありません。社会が生み出す犯罪が無くならないのであれば、国家が犯罪者の一生の面倒をみるべきではないでしょうか。

花ちゃわんさんへ!!

昨夜は凄い吹雪で吹き溜まりもあり、交通渋滞もあり混乱していたようです。寒さも厳しく今冬最大の寒波でした。
友人が来て未だおきて飲んでいましたよ・・・笑)
暖房最大にしてお酒を飲んだので背中が、灼熱のように成り熱かったです。笑)
花ちゃわんさんのほうが先に白河夜船を決め込んだようですね~^^!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

吹雪の夜だろうなぁ~
もう、眠ってるから、吹雪の音は聞こえてないでしょ?
ゆっくり休んで 調子上げていきましょう♪
こちらも、まだ 雪の日が続きそう。
お風呂に入り、お酒も飲んだのでポカポカです。
おやすみなさい。
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      494位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      139位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア