FC2ブログ

節分にあたり

今日は、節分、4季節の変わり目の立春(4日)の前日です。平安時代からの、風習で悪い鬼を小槌や柊の木に、鰯を巻いて、外へ、追い払う寺社の祭事です。狂言では、女を口説く、鬼を追い払ったとあります。子供のいる家では、豆まきに興じていることでしょう。
 は余り好かれていませんが、肌の青い魚は、健康に良いといわれています。それで、今でも節分には、鰯を食べる、習慣があります。以外に、知られておりません。残念ながら、現代の鬼は親爺のようだが、家庭では、優しい鬼になっている。一昔前(地震、雷、火事、親爺)と4大恐怖の代名詞であったが、親爺の威厳は完全に、失墜し、怖がる子供も少なくなった。教育は、学校だけでは、出来ない現状に、家庭教育の大事さが、叫ばれる。
 「男は黙って、サッポロビール」の時代は、終わりにして、親爺が、怖い、鬼にならなければならないと痛感した。
関連記事
                        

コメント

こんばんは、竜聖炎武です。
いつもコメントありがとうございます。

鰯を食べる習慣ってあまり知られていないものだったのですか。
自分の実家と隣近所では当たり前の様にやってましたが。

うちの父は12年前に亡くなりました。
厳しいだけじゃなく優しくもあった人でした。
もうじき仕事も一段落するので墓参りに行こうと思ってます。

あまり関係なかったかもしれません。
失礼しました。



こんばんは。


節分について詳しく知らなかったので勉強になりました!
普段はあまり意識しませんが、行事を行うことで季節を楽しむことって大切だなと改めて思いました。
鰯は健康にいいんですね!!以前は食卓に出ても手を付けなかったのですが、今度は食べてみようと思います!
あと、よろしければ、リンクさせてください☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメありがとうございます☆
ソラ飛びたいです・・・(泣)
いいな・雪^^
雪合戦したい^^(←子供・笑)

みる姉さんへ

何時も訪問感謝しています。今日から、札幌は、雪の祭典です。観光客には、笑顔と歓声が響いていることでしょう!お互い雪国に長く住んでいると、感激も薄れ10数年足を運んだことはありません。
 厳しい御父さんだたのですね、さぞ、女の子だから、心配のあまりのことと思います。闇雲に、怒る親爺は、いませんよ。必ず、愛の、思いが深いのですよ。何も言ってくれなければ、矢張り寂しいものです。父親は、雄ライオンの存在かも!!男を、可愛がって下さい!!風邪を引かぬ様に頑張ってね!。

がちゃ子さん、いらっしゃいませ!

熱烈な恋愛で結ばれた、父母さんは、「喧嘩するほど、仲がよい」のたとえの典型なのですね!だから、がちゃ子さんも、いまだに,父母が好きで、尊敬しているのですよね。
ベートーヴェンの第六番4楽章(雷雨、嵐)5楽章(嵐の後の楽しい感謝)の環境の中で育ったから、クラシックフアンになったのだと思いますよ!!自分の親を感謝できる人が、又、尊敬できることが一番の幸福と思います。これからは、本番の、子育てですね。私の、大好きな、山本五十六元帥の言葉を最後に、遅らせていただきます。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」

私の父は厳しい人でした。
だから、父との会話もできるだけ避けたり、
また、父が留守だと軽い安堵感があったり・・・

で、親になり、
主人を見てると娘に対して甘いというか、
怒鳴ったことすらないのが不思議でした。
だから、娘は主人に何でも話したり、
一緒に出かけたりします。

私には出来なかった事なので、それが羨ましくもあります。

しかし、その厳しかった父も
年を重ねるごとに、丸くなってきて
それが、また不思議な事に淋しくもあり・・・
あんなに、厳しい父が嫌いだったのに、
何かへんですよね。。。

あっ・・・
節分から離れちゃいましたね。( ;^^)ヘ..
鰯の話、知らなかったです。
勉強になりました。
ありがとう。。。

親父の怖さ・・・

私の父は、怒ると本当に怖かったですよーー!
決して殴ったりはしないですけど、泣く子も黙っちゃいます(笑)
それに母も気が強いので、そんな二人の夫婦喧嘩も
それはそれは、半端じゃなかった(笑)
だけど、二人とも根に持たない性格なので
私は大好きだし、二人を尊敬しています。

父も母も昔の不良(笑)  (何といっても、デキちゃった結婚!)
父・母ともに、若い頃に両親を亡くしてますから、生き様も力強い。
(なので私は、おばあちゃん・おじいちゃんの顔も知りません)
昔は反抗ばかりしていた娘ですが、最近ようやく親の凄さを感じますし
感謝の気持ちが尽きません^^

ユキさんへ

甘やかされるということは、優しい心になれるという、長所がある気がします、女性に限り、怒られて、根性が付き、きつい女になるより、得な面もあるのではないでしょうか?
 一般的には、優しさに、裏打ちされた厳しさが必要だと思います。子供の目線で、話し合うことが、親子の理想の姿かと思ってます。、

ちくおさんへ

やっと、怖い親爺と思う人に出会い、安心しました。
父親の怖さには、子供えの、強い願望が込められているものです。亀を育成している、ちくおさんは、親の愛情の、証と思います。子供さんには、是々非々で教育されることを、願います.初めて訪問したのに、早速のコメ嬉しい限りです。有難うございます。

「今日の一言」umasugiさんへ

何時も、上手い一言に感動しています。!
当然、善悪を正論で教育されているよい、親爺と信じております。言葉に、真実と愛が感じられますも。!!!

コメ本当に有難う!

小米雪さんへ

今日の短編小説見ました。雪さんらしい可愛い題材でした。
雀、当地では見たことがありません。面白い比喩でした。(笑)何処の親爺も、怖くない。女が強くなったことも一因だろうが。雪さんの家庭は母親が、一人二役のできる人、だから、立派な教育を受けたと思います。母親に感謝!

ぷりゅすさんへ

貴殿の前文は、正に、素晴らしい言葉で、説得力に溢れ、私も、思い当たることがあります。褒めすぎは、嫌ですが、少なくとも、人前で、自分の、親、、夫、子供、を腐すことは、最もよくない行為と思います。特に、子供は親を尊敬できるわけがないと思います。仕事人間の父親の反省も大切ですが、現代社会が、許してくれません。男は弱い立場になったな~と痛感しますが、男が頑張らなければ、所詮世の中歯、よくならないと思います。コメ感激です!!有難う!これからも忘れないでください!

四大恐怖はどこからか聞いたことがあります。
小さい頃にそれを聞いて、なぜ、親爺が入っているのか不思議に思ったことがあります。
最近では子供に甘い親爺が多いような気がします。
子供の言うことを何でも聞くのではなく、時には子供を説教することも必要だと思います。
甘やかすだけが親の愛なのではなく、時には厳しくすることも親の愛だと思いました。

よびさまへ

何時も、勉強させて頂き感謝しております。
 教育は、あくまで家庭にあると思います。親の背中が一番の教育と思います。一部の悪い教師の為に、教師全体が、虐められ過ぎで、萎縮してしまったと、同情する面もあります。しかし、教師も厳然として矜持を持つべきです!
よびさんの言うとおり、躾とは正に、家庭教育で同感至極です。

はじめまして
自分も子供の頃は親父が怖くて絶対に逆らえない存在でした。
親になった今、子供達は自分の事をどう思っているのか。時にはパパ、パパと友達の様に呼ばれ少なくとも鬼ではないですね。正しい事を正しいとまっすぐ教育していきたいです。

家では、

家で怖かったのは、親父というより、おじいさんでしたね。

さてさて、私はどんな親父になることやら。(笑!)

うちでは昨日豆まきましたよw
朝になると、外にまいた豆をスズメが食べにきていました^^
鬼を追い出す効力を持つ豆も、スズメには敵わなかったみたいです(笑)

雪は父親には甘やかされて育ったもので……^^;
恐怖の対象にはあまりなってませんでした。
むしろ地震・雷・火事・お袋という感じで、母親の方が怖かったですi-229
今では叱ってもらえてありがたいと思っていますが、そんなことを言うと、「叱られないようにちゃんとしなさい」とまた叱られそうですi-278

昔、親父は黙っていても、居るだけで怖かった。

その威厳を保たせてくれたのは母親だった。

お互いに役割を理解していて、母の小言で済まない時には

親父の雷が落ちる。そして母親が慰める。

子供の前で亭主の悪口を云い放ち、家電の進化した時代

持て余した時間で情報に踊らされ、噂に興じ、心失くしたのは

なにも、手渡しの給料袋から、振込みになっただけじゃ

ないだろうにね。それを仕事にかこつけて黙認してきた夫にも

責任があるけどね!

PS

毎度のご訪問に感謝いたします。

最近は親父だけでなく子供に対して怒るって事が少なくなったような気もします。学校でさえも私たちの時代には時には体罰もありましたが今は親の反感をかうためそれもなくなっています。というか子供のしかり方がわからないのもあるでしょう。また、親も子供に対して少子化のせいか甘やかすことが多いと思います。子ども自身も目や耳から昔以上に良い悪いにかかわらず情報が入りすぎる為に俗に言う「ませた」子供が多いようにも思います。自分の子供だけでもきちんと躾の出来た常識ある子供に育ってほしいものです^^

もとじさんへ

流石、学がありますね。(山嵐)ね、全然知らなかったです。>教育をする(教諭)もそのとおりですね!
徳育なんて新語?をつかわず、ずばり道徳、修身でよいと思いますが。駄目なんでしょうか?

火酒さんへ

昨夜は、久しぶりに、若い甥っ子が来て、安くて旨い酒を飲み、人生放談に酔いました。
PTAのあり方が問題だと思います。以前は(怒られるのは、お前が悪いからだよ)という父母が多かったですが。
(恵方巻き)という言葉知らなかったです(汗)太巻きのことなんですね。そう言われてみればスーパーに並んでました。関西方面の慣習ですかね?一つ勉強になりました。
有難う!此れからもよろしくお付き合いのほどお願いします。

楊さんへ

何時も、コメント嬉しく思います!「木漏れ陽の中に」を読む限り、怖い親爺には程遠く感じますが。
本当に、女性的(失礼)な優しい人ですもの!
大河に流される人生も、素敵に思います!
応援有難うございます。

シャイドリーマーへ

シャイさんの、詩のように、鬼と一緒に、豆を食べる思いやりが必要だな~。怒られて成長する子、怒られて、萎縮する子、子供の気持ちを、よく観察することが、大切かな、と思います。私は、父母、7人の、姉の中の末っ子で、怒られた経験がありません。優しいというより、(放任主義)に近かった感じです。自分の、子供にも、怒ったことがありません。ただ、KA(海軍で上さん)がやたらに、厳しく、夫婦喧嘩の基でした。女性は善悪でなく、感情で怒っているように思えました(放言かな)。無頼派の無責任男より

お久しぶりです。

鰯を食べる習慣知られていないですね。
僕も、去年、祖母に教わりましたから、ずいぶん知らなかったです。。。

「地震・雷・火事・おやじ」の「おやじ」なのですが、語源は、山嵐(やまじ)で、台風の事なのです。いつの間にか、「おやじ」に変化し、「おやじ」も「怖い」と感じている人が多かったため、「おやじ」=「父親」と思っている人が多いようです。

父親に関して、僕は、父親になったことは、ないのですが、理想を言えば、ただ恐怖を与えて怒るのではなく、正しいことを教え諭してあげるのが、教育だと思っています。

俺の親も、きちんと怒ってくれる父親では無かったですね。そのせいと言ってしまえば短絡でしょうが、俺も人に怒れない人間になってしまったようです。というか、たまに怒られた恐怖のせいで、怒られるのが怖くなってしまったのかもしれません。最近を見ていると家庭は子供の教育を学校に押し付けすぎ、先生に子供が怒られたら文句を言う。

節分のコトはすっかり忘れてました(汗)今日恵方巻きを食べるとします・・・

雷オヤジですか

オヤジになった寺内貫太郎のように怖いオヤジになろうと思ったが、無理でした。(涙)
時代に逆らわず、流されて生きようと思う今日この頃です。
応援入れときました。

こんばんは~ そのフレーズなつかしいです 「男は黙って サッポロビール」当時 おもしろいこというなぁと思ってた記憶があります。 

うちも地震・雷・火事・おやじとは、かけ離れてました。 父は静かな人で決して声を荒げませんでした(今も同じキャラです) ここだけの話ですが、ファザコンだったのか、私は父を近所のおじさんとは違って、すごく紳士で素敵な人だと思いこんでました。 ほんとは「雷」のようなお父さんの方が理想の父なんでしょうねえ・・・

鷹虎さんはどんなタイプなのでしょう?
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      641位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      184位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア