FC2ブログ

終戦記念日

画像 185 画像 143
次兄が朝鮮西海岸沖で米軍潜水艦艇を攻撃したが悲運にも撃墜された。その時の海軍省からの弔意の色紙である。大臣の印鑑も役所の印証もなかった。実にお粗末なものである。終戦まぎはで混乱もあり「戦死広報」も陸海や戦地により違いがあるらしい。白木の箱の中には砂浜の砂と石ころがはいっていた。後で「戦死広報」が来て数千円の弔慰金もきました。親は入隊を断ったのですが、長姉が内緒で、印鑑を押して海軍飛行予備学生として志願したのでした。当時では、仕方がないことと思っています。
 

 毎年のように命日が来ると、仏壇に向かい写真を穴があくほど眺めていたものでした。
決まって私と母は、「海鷲だより」(作詞/作曲/不詳)を聞き涙するのであった。
♪ いよいよこれが 最後です
 父さん母さん お元気で
 白木の箱が 届いたならば
 たいした手柄じゃ ないけれど
 泣かずに賞めて  下さいね ♪
 
 自らも戦争体験をした故新藤兼人映画監督が映画を通して発信し続けたメッセージ「戦争は絶対してはいけない」
深く心に刻まれている。
関連記事
                        

コメント

私は、ボス。さんへ!!

やはり、ボス。さんの家も戦争被害者だったのですねー。

お兄様がなくなっていたのですねー。泣)


恋人にも別れ悲しい思いをされたのですねー。

こんな惨めな戦争を恨んでも、憎んでも、死んだ人は帰ってきません。

お盆に当たり仏前に手を合わせひたすら合掌するのみでございます。!

こんにちは。

ボスの母も、戦争で人生を狂わされたと言っていました。
好きな人との別れ、1歳6ヵ月の息子との別れ、、、

今は天国で幸せにしていてほしい。

kaboとaki さんへ!!

この日を迎えるとあの忌まわしい戦争の思い出が浮かんでまいります。

私は子供でしたのであまり身にしみた思い出はないのですが親の特に母の働く姿が痛々しく鮮明に思い浮かびます。

戦後は食糧難と物資不足で、遺品の「軍服」まで私の学生服に変わってしまいました。
世界中のあちこちで戦争は続いています。日本を取り巻く情勢も、戦争の火種になりかねない問題もあります。賢明な処理を望むものですねー。

戦後わずか13年後に58歳でなくなってしまいました。
もう少し生きていたら良い暮らしも出来たのにと思うと、可哀想でなりません。「戦争はもういりません」!!

ミー子 さんへ!!

この歌は作者不明となっていますので、ひょっとして予備学生の仲間が作ったのかと想像もされます。あまりにも、よく気持ちを表現していますものねー・・・

私も、帰還した戦友が主催してくれる「遺族会」でカセットテープをもらい初めて知ったのです。悲しい文句ですよねー・・

母も好きでした。よく口ずさんでいました。
戦友も歳をとり少なくなっていき、寂しくなりました。
犠牲者の尊い命を無駄にさせないためにも、私たちがときの、政権を監視しなければと思いますねー。

ヒポユキ さんへ!!

情けないことに、未だに戦後処理もできず沖縄基地問題を見ると戦争は終わっていないように思いますねー。
遺骨の収集も進まず兵士の霊は浮かばれませんですねー。

 虎も今頃目を覚ましたのか?3位への自力進出の可能性が復活しましたね~^^ま~無理でしょうが・・・一方今日にもウサギは優勝マジックが出ます・・・汗)

プリティ・カフェ・チューリップ さんへ!!

その通りなのですが一日アップするのが早かったのです。汗)
母と、兄に会いたい気持ちがそうさせたと思いご勘弁を・・

私も外地での日本兵の脱走を裁いた軍法会議の非道な処刑は聞いていました。敵の捕虜の銃殺も事実です。いずれも上官の命令によるもので、
戦後の今も、「悪いことをした、謝らなければ・・」と悩んでいるのですねー。これまた悲劇です。


また戦地での外国の軍事法廷でのBC級戦犯の処刑も曖昧で非道い過酷なもののようでした。

武器を取る戦いは悲惨そのもので、二度と起こしてならないと痛感するものですねー。!

花ちゃわん さんへ!!

「万歳」は強制された美談だったのかもしれません。
軍国教育の悲しい結末のように思います。

只、次兄が休暇で帰宅したとき雨が降り制服を脱いだことを思い出します。「天皇から授かった軍服を雨にさらされない」というわけです。
あくまで心の中は知り得ませんが・・

この歌が海鷲の気持ちを表しているということは「お母さん!」と叫んだのかと想像されます。

この夏は高齢者にとり厳しい暑さでした。しかしお盆を過ぎる頃には、いっぺんに涼しくなります。夜は冷たい風が吹き、窓を開けてはねられませんですね^^・

こんにちは。

戦争を知らずに育った私達ですが、
戦争はもう二度と・・と思います。
当時の政府が、一極支配で誤った方向へ進んで行ってしまった。
今の政治も、戦争ではないけれど、
誤った方向へと進んでいる。。
そんなことを、終戦記念日と重ね合わせて感じています。
結局泣くのは、国民なのはいつの時代も変わりませんね。
by aki

No title

鷹虎さま。

お兄様を戦争で 亡くされたのですね<合掌>
母上様、鷹虎様 ご家族の無念さに胸が詰まります
「海鷲だより」(作詞/作曲/不詳)初めて拝読し
涙が込み上げてきます。私達はこのような尊い命の
犠牲の元に 生きてるのですから。戦争は二度と起こしては
ならない・・・強くそう思い願います。そして恥ずかしくない
生き方をしようと思いました。鷹虎様、お辛い体験を
記事にして下さり感謝致します。
残暑も厳しく お体もくれぐれも ご自愛下さいますように。

まいど~終戦も随分過去の事に感じますが、まだまだ犠牲者の生の貴重な声が聞けるほどですもね、今もまだ米国ポチ政権のために日本人庶民が犠牲となっているのが現実です
まぁ兎にも角にも、虎も久々の連勝、終戦どころか連戦連勝で行きたいものです
ではまた

No title

終戦記念日・・・
日本政府が、ポツダム宣言を受諾した日ですね。
私は日本の降伏が国民に公表された明日15日だと思って
いましたが、同じようなものですね。(^^ゞ
亡くなったおじいちゃんや親父から、戦争の話はイヤと言うほど
聞かされたものでした。戦争は国民の意思で始まったものでは
ないのに、多くの国民が犠牲となり家族が苦しめられました。
今日のテレビでも兵隊が食べ物を探しに隊を離れたら、脱走者
として処刑された話など、戦場では理不尽な事で死ぬ人も多か
ったようです。二度と戦争は起こさない!その決意が崩れない
事を願うばかりです。m(_ _)m

No title

与謝野晶子の詩を 思い出しました。

    弟よ 君死にたもうことなかれ・・・

なん年か前、こちらの新聞に取り上げられた記事がありました。
特攻隊の少年達は
決して「天皇陛下万歳!」と言って 敵機に向かっていったのではないと。
一人残らず「お母さん!」と張り裂けんばかりに叫びながら
空に散ったのだと。

ワタシは戦争体験者ではないけど、その記事を思い出す度に
胸が詰まります。

朝夕涼しいですね~。風邪引きませんように。
北海道は、明日は雨風が強いみたいですね。
気をつけてくださいね♪ 



purotokoさんへ!!

飛行機乗りは、特攻隊でなくとも、出撃するときの燃料では帰還できず皆死を覚悟しなければなりません。諦めて潔く死んでいったようですねー。
何人かは逃亡飛行機もあったようです・・汗)
米軍も恐怖だったことを思うと一定の評価はできますが、勝てる見込みがないわけですから、無駄なことでしたね。

日本軍も中国や朝鮮で一般人を虐殺していますので、戦争の悲劇はどこ国も同じです。指導者の判断、決断が大切なことなのですねー。
この度は敗戦したわけで、極東裁判で処刑されたことはやむを得ないことだと思います。

次の世代は絶対戦争を起こさないよう世界と仲良く生きて欲しいとおもいますねー・!

ゆっころさんへ!!

この歌を聞きますと、今でも、母を思い出し、泣けてきます。
子供は、まっさきに思うのは、やはり「母親」なのですねー!!

No title

特攻隊はたまに聞くことがあるのですが、敵陣に衝突していくのですから
その人の気持ちはどんな気持ちで衝突していくのでしょう。上どうしのエゴから戦争は起きるのですから、戦争をしても何の得もないのです。いわゆる広島に原爆が落とされたのも、日本軍が戦争をやめなかったからではないでしょうか?今の時代は戦争はなく幸せな日本でありますが、いつ戦争が起きるかはわかりません。われわれ一人一人戦争のない世の中を作り上げていかなければならないのです。

No title

悲しい歌ですね。
涙がでました・・・
いつまでも本当の平和であってほしいですね^^

怒助兵衛さんへ!!

ありがとうございます。!

出征兵士を見送る姿は子供心に記憶しています。万歳、万歳と勇ましかったものです。

子供の頃は皆、憧れていたものですが、徴兵令には決して喜んでいたわけではありませんですねー。

働きでの男が取られ農家の人は困り学童が手伝いに行ったものでした。

育ち盛りの子供も芋、かぼちゃで辛うじて生きてきたわけです。

戦争ほど悲惨なものはありませんですねー。




まり姫さんへ!!

おばんです!

勝てる筈のない無謀な戦争でしたねー。戦争指導者の責任は重く、「靖国」問題はやはり合祀は間違いだと思います。戦病死の英霊が安まら無いものと思うのです。

終戦間際には外地で、食糧難のため脱走した兵隊の処刑とか、ぎゃくに、嫌われ者の上官を背中から撃ったという話も証言されています。

大義のない戦争は悲惨な結果をもたらすばかりですね・。

現在でも、周辺国とのきな臭い種があります。決して武力行使の無き様あくまで外交交渉で解決することが大事だと思います。!

江戸川と金 さんへ!!

おばんです!
当時は「お国を守る事」が青春だったと思うのですが,戦地では燃料もなく、食料もない酷い戦争だったと帰還兵は言っております。
私の兄はいうも笑って「俺は決して死なない・・」とよく言っていたそうです。
運良く帰国できた戦友が開いてくれた「遺族会」では母も実の子のように
喜んで話を聞いていたことをお思いだしますね^^。

戦争は嫌ですね。

いつもブログ楽しく拝見しております^^
荒野家と日本の歴史、興味深く記事を読ませていただきました。
ありがとうございます。

15年前に私が大学生だったおり天袋に戦死した親戚が出征する前にとった集合写真を見つけました。
徴兵された4人の男たちは皆戦死覚悟をしていたのでしょう悲壮な顔をしておりました。
生き残ったのは私のおじいちゃんだけです。

暑い日が続きますが、くれぐれもお体ご自愛ください。

No title

鷹虎さんこんにちは~~♪
鷹虎さんもお兄さまを無駄な戦争で亡くされているんですね~。
私の祖父は運が良かったのか呉で待機のまま敗戦を迎えたそうです。
職業軍人だったそうですが、はじめから負ける戦争だったと父に言い残したそうです。
「侵略には何の正当性もない」というのが下級士官の常識だったと聞きました。
故新藤兼人監督の語っていたように「あの戦争には大義がなかった」というのは本当でしょう。
明日の戦没者追悼の日には第二次大戦で亡くなった320万人もの人々の無念さを悼み、二度と戦争をさせないことを約束したいですね(*^^)

おはようございます

何とも言えない体験ですね・・・。
当時は、お国の為に命を投げ出すことを当然だと思っていたとは言え、実際の気持ちは本人にしか分からなかったと思います。生きたかったと思っていたはずでしょう・・・。
未だに世界では戦争が続いているところがあり、その犠牲者が何の罪もない国民だというのは辛いですね・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      641位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      184位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア