FC2ブログ

ビン・ラーディン殺害





 連休の今日、本道は3月下旬の低温で桜も萎んでしまう寒さである。
其処へ、衝撃のニュースが飛び込み背筋が寒くなる思いである。

 ▲米海軍特殊部隊がアルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者を殺害したことに対し、キャメロン英首相やメルケル独首相など世界の指導者の多くが支持を表明した一方で、欧州の一部では今回の作戦を批判する声も上がっている。

 元西ドイツ首相のヘルムート・シュミット氏はドイツのテレビ局の取材で、「国際法に違反していることは明らかだ」と強調。また、ビンラディン容疑者の殺害は、反体制活動が拡大しているアラブ諸国で深刻な影響を及ぼす可能性があるとの見方を示した。

 ロンドンを拠点とする人権派弁護士のジェフリー・ロバートソン氏も、殺害は「冷血な暗殺行為であったことも考えられる」とし、ビンラディン容疑者が「殉教者」として崇拝される可能性もあると指摘。オーストラリア放送協会(ABC)の取材に対し、「正義とは、(容疑者を)裁判にかけ、証拠に基づき判決を下すことだ」と述べた。

 ホルダー米司法長官は3日、ビンラディン容疑者の殺害作戦は法律に反していないとの見解を示している。(ABC)

 ▲9・11の史上初の、米国本土へのテロから10年目、其の首謀者と決め付けられた、ビン・・ビンラディン
をパキスタンという他国の隠れ屋を急襲して殺害、国内の喝采を浴びた。
 軍事力において、勝てる目算が無い「米国に対して戦争を仕掛けるだろうか」との論理で捏造説も出たくらいであった。しかし当時のブッシュ大統領は国内経済の疲弊で苦慮していたので、すぐさま、アフガニスタンに空爆を開始したわけである。

 イラク・イラン戦争のときは、あのフセインを支持し、無駄な25万人という死者を出し、旧ソ連軍がアフガンに侵攻したときは、ビン・ラーディンが組織した、義勇兵組織アル・カーイダに武器を送り、ソ連を撤退に追い込んだ国である。まもなく、湾岸戦争が起こり、米国という新たな「侵略者」が彼の母国「サウジ・アラビア」に駐留軍をおき、もう一つの「侵略者」イスラエルを支持する「米国」との戦いが、新たな【防衛ジハード=聖戦】となったのである。

 イスラーム国家の最大の敵は、パレスチナを迫害するイスラエル、それを一方的に支持する米国ということに尽きるのである。
 テロは悪いことであり、彼らが殺害されても、仕方がないのだが、軍事的に弱小集団の抵抗はテロしかないのも自明なのである。米国に取り敵は「彼らにとっても敵」なのである。
 米国は世界の警察だと思いあがっているが、果たして、「正義、博愛、自由の国」と思いがたいのではないかとおもうのである。仮に米軍がアフガンから撤退したとしてアルカイダのテロが収束したとは考えられません。
その背景にはイスラーム教徒が世界的に西側、キリスト教文明に圧迫されつつあるという認識と脅迫観念があり、彼らの要求は「米国、ユダヤへの憎しみ」へとエスカレートすることが明白だからである。

 イスラーム社会は、世界に、ネット・ワークを作り、キリスト教や、日本の仏教とは違い、【組織団体】ではなく、其の壊滅はきわめて困難といえる。従って、米国の「テロ集団との戦い」はエンドレス・ゲームなのである。「殺し合い」をやめ民族融和を図ることが得策と思う次第であります。
 

 
私のブロとも(怒 助兵衛さんの記事を表記します)


ビンラディン殺害事件、アメリカが情報操作か? - 助兵衛の随筆

関連記事
                        

コメント

別府葉子さんへ!!

 日ごろのご活動感服いたしております。!

まったく米国の理不尽なご都合主義には納得できるものではありません。
戦争当事者であるのに一方的にしかも、他国への無断な急襲で無防備の家族に、発砲する暴虐には鬼畜を感じました。

 しかも国内で、誇らしげに、報道し、それを聞く国民が歓声を上げる姿は、民主国家のかけらも見ることは出来ませんでした。

 アラブ。イスラム民族への再挑戦であり、
テロを壊滅するどころか益々、「怒りと憎しみ」を煽り果てしない、「テロ合戦」が続く結果と成りました。

 各地で、利権がらみの、戦争を仕掛け国内企業の軍需、石油産業のバックを当てにした選挙対策にも思えます。

 「世界の警察」「世界の憲法」を名乗るあつかましさが、世界の批判を浴びること必定だと思います。いまや、武器を捨てた民衆の力の蜂起が行われ「まことの民族独立と自由」が求められている時代で、米国の、軍事力を背景とした、覇権主義は、否定されていくことでしょう。

 コメントありがたく、恐縮に存じます。!

本当にぞっとするような事件でした。
「裁判を受ける権利」「有罪の裁判を受けることなく刑罰を科せられない権利」は、人が人であるというだけで保障された、奪うことのできない権利だと、私は理解しています。
彼の国の憲法にも謳われているはずですが。
「彼の国の正義」の傲慢さ、身勝手さには、心からぞっとします。
こんなことを許してはならないという、当たり前の意見が、あまり聞こえてこないことを、とても残念に思っていました。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

てのりぱんださんへ!!

 米国の「法」は白人優越主義、軍国主義を土台とした、「我侭な、お坊ちゃん主義」といわれても仕方がないように思いますね~!

 本当に、世界を民主化したいならもっと、「話合い精神」を貫いて欲しいものです。
自ら、暴力を肯定しています。

 是では、米国から民衆は離れていくこと必定だと思います。

 果てしないテロ合戦により、世界中の非戦闘員を恐怖に陥れているのは両集団といわざるを得ませんねー!

 子供たちも「強いものが勝つ」という間違った思想を持ちかねません。

 日本も、日米安保条約の関係で、米国寄りの姿勢を打ち出すばかりで、主体性がありませんねー!

 意外に、菅政権も、旧政権を踏襲しています。是では、「政権交代」の意味が薄らいで来ています。情けない限りですねー!汗)

 いずれにしても、この戦いから、世界の民族を守っていくには、国連も遠慮なく真実を追究して「殺し合い」を非難する姿勢を打ち出すべきと思います。!

Fancy Poolさんへ!!

 世界を自由へとリードする国にしては、不可解な言行不一致が多いですね^^

 その意味では、とても怖いところがあります。
 秘密主義のCIAがあるかぎり、真相は闇から闇へと消えさられ真実が見えません。

 やはり世界制覇の野望が常に念頭にあるのでしょうねー!

日本は、震災で外国の方が来てくれなくなったから、必死の思いで復興やアピールをしたり、この中でも来てくださっている海外の方には空港までお迎えしたりしているのに、アメリカは自ら海外から人を寄せ付けない方向へもっていったように思います。
このあと、アメリカに留学、観光など行きにくいです・・・。(かえって他国がねらわれるかも、ですね。その方がアメリカの立場は悪くなりますもんね。)

「仕返し」からはないも生まれないのに。
学問のすすめのなかで福沢諭吉さんもおっしゃってます。そのための「法」だと。

サッカーの試合で優勝したかのようなあの歓喜は、たとえ仇としても人が亡くなったときのリアクションとは考えられませんね、日本人には。国民性の違いでしょうね。
明るくていい国なんですが・・・。

ビン・ラーディン殺害
とても驚きました。
それに理解不能なことがいっぱい。。。
アメリカの怖さを感じますね。

kaboとakiさんへ!!

 アルカーイダも死亡を認め反撃の声明を発表しましたが、既に数年前に死亡していたという説も有力です。

 いずれにしても、他国に無断で入り、作戦遂行という暴挙には納得いたしませんねー。
 何故今なのか?というとやはり、オバマさんの選挙戦略の一環だといわざるを得ませんね~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。
言葉は悪いですが、死人に口なし・・ですね。
本当の事を知りたかった人は沢山居たでしょうにね。
現場もアメリカであったなら、まだ分からなくもないのですが、
他国に行って、やりたい放題では・・
何が正義か分からないですよね。
by aki

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ウダモさんへ!!

 オバマさんの選挙のことが可なり大きな要因だと思いますが、米国の報道のとおりとは、信じがたいものがありますねー・

パキスタンも可笑しいし、ヘリコプターの故障も、不自然です。遺体の引き取り先が無かったといていますが、イスラーム社会のどこかは引き受けるはずです。CIAのやることは謎ばかりで「裏取引」が必ず在りますので、米国内からも、批判の動きも出ることでしょうね。これでアル・カーイダの勢力が撲滅されたわけではなく、世界に、分散化して
テロ活動が盛んになると思います。
 
 中,露もそれぞれテロを抱えているので今後民族運動、民主化の動きには更なる引き締めが行われると思いますねー・。

見張り員さんへ!!

 これで、一応アフガンからの7月撤退の構想が出来たと思いますが、逆に、アル・カーイダの反転攻勢が激化した場合、米軍の駐留が延期となることも考えられます。

リビアの情勢も微妙で反体制派がアル・カーイダと関係があるかもしれないのです。

 アフリカ、中東情勢は今後いかに動くか、注目されますねー!

こんばんWA~♪

う~ん、どうも腑に落ちないですね…。
カダフィに対する威嚇アピールなのか…。
それとも、オバマ大統領の支持率アップの為なのか…。
軍事力維持の為の『やらせ』なのか…とか、色々ありますよね。
ニュースではビデオは存在すると言っていましたけれど、射殺してすぐに遺体は海にって…w
いずれにせよ、報復殺害のスパイラルは繰り返されますねぇ…。
いつまでたっても、変わらないなぁw

そして今日、1ドル79円代にwww

こんばんは
ビン・ラデイン以後のアルカイダやイスラム世界の動向が大変気になりますね・・・・。

ゆっころさんへ!!

 人間、二人以上いれば、争いになるのですねー。汗)

国も国民を幸せにしたくて他国の領土を欲しがるものなのですね~

戦争は国取り合戦なのですね~^^(悲しいですねー!)

こんばんは^^

難しい話で・・・わかりませんが
なぜ人は仲良くできないのだろうと
思います・・・・
悲しいことですねe-263

漸く春が来ました!

みる姉。さんへ!!

 おはようございます。!
漸く本道にも春が来たようで、桜前線が上陸いたしました。!私の地区は未だですが・・・

 あくまで真相は一部の幹部しか分からず、水の中ということでしょうか!笑)

 象徴としてのビンラーディン一人を殺害しても、世界中に、分散化したアル・カーイダ
のテロ活動は収まるどころか激しくなる気がして脅威は変わりありませんね。

 北陸の中毒事件は又、死亡者まで出て、復興への気運に、水をさしましたねー!

いつもお世話になってます。

テロは悪い事ですが、
この結末は疑問に思いますね。

結局は武力で終結しようとしたとしか思えないです。

これじゃ、イタチごっこですよね。


ヒポユキさんへ!!

 その説は、無人操縦の航空機で突っ込んだそうですねー。国防総省が未遂というのも、可笑しいというわけです。仮想敵国を作る必要に迫られていたようなまことしやかな、意見が可なり流れています。そして、この結末がまたしても、謎めいています。米国の、やることは中々謎だらけです。

 今日の試合は接線で息が詰まりそうでした。良く岩田が踏ん張りました。城島も、良く打ちました。あ~小笠原の2000本お目でとうでした。!
 明日は、15度くらいに気温が上がるそうです。気をつけて行ってらっしゃい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まいど~
謎の人物ビンラディンも謎のまま殺害されたでうやむやです~911もアメリカ自作自演でうやむや、全く真実はどうなってるのか、不思議な事ですね~
まぁ兎にも角にも、今日も城島の一発と岩田の久々勝利で素晴らしいこどもの日となりましたね~私は明日ドームでハムとソフト見てきます~
ではまた

ボス。さんへ!!

 真実は、アメリカの一部しか分かりません。汗)

 捉えて、裁判に掛けるのが憲政の常道と思いますが、殺害して、水葬したことになっていますので、身柄の信憑性は闇の中ということだと思います。

それを見ただけでも、この急襲撃はなぞを含んでいます。!

本当に死んだのですか!?
何かしらの取引があったりして・・ v-17v-361

まり姫さんへ!!

 仰る通り覇権主義の暴虐がまかり通る限り、世界の平和は遠いものだと思います。
 オバマ大統領も、ブッシュの引継ぎであったにせよ,殺害を命じたことは平和の皮がはげたといわざるを得ませんねー。

 >「エジプトやチュニジアの独裁体制を崩壊させたのは暴力でなくデモでした。」<
 この独裁政権と友好関係にあった米国は、まさに我田引水な、ご都合主義をさらけ出していて複雑な対応をしています。

 強大なユダヤ資本に支えられている米国はシオニスト運動に一方的に肩入れしている限り、民族融和も無く世界を民主化しようとする姿勢に陰りが見えます。

 米国社会は、あくまで軍需産業に重きを置いたシステムで「戦争」は無くならない物と危惧いたします。

 ロシア、中国を含めた「大国主義」は軍事的に弱い弱小国を植民地化する気配が濃厚で、歴史の逆戻りの傾向があり、日本の立場も大事であり、歯止めを掛ける方向にリードする必要があると痛感いたしますねー!

 
 

猫ねこりんさんへ!!

 アメリカという国は白人優越主義が根強く湾岸戦争でも然りで、「勝利」への歓声をあげる国ですねー。私も、実は同じ考えを抱いたものです。

見方に拠っては、どちらがテロリストかが、
分からなく成りますよねー。!

鷹虎さんこんにちは~♪

アメリカの覇権主義が変わっていない照明ですね~
バラク・オバマが平和主義者でないことを証明したようなものです。
暗殺を小躍りして喜ぶニューヨーク市民の姿を見て、マイケル・ムーアが書いた『アホでマヌケなアメリカ人』を思い出しました。

今回の件はイスラム教徒の方が冷静のようです。
エジプトやチュニジアの独裁体制を崩壊させたのは暴力でなくデモでした。

アメリカの主要経済をユダヤ系が牛耳っている限り、ダブルスタンダードの姿勢から抜け出せないでしょう。
一般のユダヤ人に問題があるわけではなく、シオニストがユダヤ社会を牛耳っていることで世界中の紛争の種が絶えないでしょう。

ミー子さんへ!!

 お褒めの言葉、恥じいりいたします。汗)
イスラーム教はアラーが唯一絶対神で他宗教を認めないところがあります。
又、自国の領土に他国が入り込むことは許されません。米国の、駐留は侵略と捉えられるのですねー。

 ビンラーデインはレバノンにいたときに、
イスラエルへの憎しみが強くなり、【米国人、ユダヤ人は殺すことだ】という過激思想が生まれたようです。

 ですから、イスラエル対アラブの対決が原点と成ります。
 父性と母性という教条は面白い表現でなるほどと思います。純粋な宗教上の教義では、互いに、殺害は禁じられているのですが、戦時では、例外ということでしょうねー。

 テロ対策の美名の下に、ロシアはチェチェンで、イスラエルはパレスチナの占領地で、
インドはカシミールで、等とイスラーム主義の独立運動を弾圧しています。
 この一連の過程が米国の世界支配の陰謀と捉え、ビン・ラーデインが米国に、戦争を仕掛けたことを無謀な事だと考え、彼に対して
 も怒りと反感を持っているのも、又事実なのです。

いずれにしても、この果てしない、戦いは
非戦闘員の悲惨を招くばかりで、平和な、民主主義を世界に広めることが大切と思います。説明が舌足らずで、分かりづらいことを
お許しください。!ありがとうございました。

私は、ビン・ラーディンが殺害された日に、
ニューヨークの市民達がまるでお祭り騒ぎで、
狂喜乱舞している姿をニュースで見て、
物凄い違和感を覚えました。
これって、ナニ??
日本では有り得ない光景ですよね。
遠~~い民族だなぁ・・・

鷹虎さま。こんにちは♪

いつも博識、博学でいらっしゃるので
貴ブログで、ミー子の超苦手な「歴史」
「経済」「政治」などお勉強させて頂いてます。ありがとうございます!!

宗教がらみのからの戦争って一体何なの?
っていうのがミー子の昔からの疑問です。
宗教ってそもそも「心の救済・思いやり」
ですよね。哀しいです。

キリスト教は「父性の宗教」
仏教は「母性の宗教」

と聞いたことがあります。父性は愛と力
母性は感じる心。 どちらも必要不可欠
人が父性と母性で成長するように、この世も
そうありたいと思ってます。

華やぎさんへ!!

 華やぎさんは読書家ですねー!
本当に、この寓話にそっくりな米国です。

 「俺ほど強いものはいない」という力自慢の国に思えますね~^^世界に、散らばるテロリストはきっと反撃の狼煙を上げると思います。
まさに、不毛なころしあいですよねー!
民主国家として、話し合い精神を世界に示すべきと思いますがねー!

kすけさんへ!!

 10年もかかってやっとと思う気持ですねー。昔のアメリカと違い、最近の行動は勝手気ままで、ご都合主義もいい加減にして欲しいくらいです。

 自国に、不都合な国、人は悪であり殺害するわけですから・・・
今回も、武器を持たないビン・ラーデインを子供、夫人おの前で撃ち殺しています。
「西部の掟」に反しています。笑)
遺体を水葬したようですが、遺族に引き渡すべきと思います。証拠が消されています。
「世界の憲法」というなら正義、博愛、自由をもっと鮮明にした行動を取って欲しいものですね^^

「北風と太陽」の物語を、思い出しました。

力の論理、エンドレスの泥沼にならなけれればいいのですが・・・

ビンラディンって過去の人のように思っておりましたが、今になって暗殺ですよね。
何か今更って思いますし、国家権力で暗殺しても良いのって・・・
私もアメリカはやりたい放題のわがままだと思います。
フセインは死刑でしたよね。
裁けないから暗殺したのかな?
何とも複雑な事件です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      832位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      239位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア