”阪神タイガースは、神ってる”

   
狩野、神の一振りで逆転!“ウル虎の夏”は5勝1敗!

(セ・リーグ、阪神6-1中日、18回戦、9勝9敗、31日、甲子園)阪神は1点を追う七回、代打で登場した狩野恵輔外野手(33)が2点二塁打を放ち逆転。ベテランの一打を皮切りに、終盤に反撃した阪神が九回にも4点をいれ連勝した。先発して7回1失点と好投した岩崎優投手(25)が今季3勝目を挙げた。

 執念の一打だった。阪神は中日の先発、ジョーダンに六回までわずか2安打。今季、ジョーダンとの対戦ではここまで3勝を献上。“天敵”の前にチャンスを作れずにいた。

 しかし七回、二死から中谷、北條の連打で一、二塁のチャンスを作ると、7回1失点と好投した岩崎に代打・狩野を送った。その狩野がジョーダンの投じた2球目、内角高めの直球を左翼線に運び2点二塁打。金本監督の勝負手に見事に応えた。

 さらに九回にもゴメスの2点二塁打などで4点。終盤の反撃で阪神が勝利を引き寄せた。

 決勝打の狩野は「岩崎の投球を見てなんとか打ってやりたかった。岩崎のために打ちました。(自分のきょうの働きは)100点です」と、チャンスで見せた集中力に胸を張った。勝負を左右する重要な場面での起用が続くが「毎日出ているレギュラー陣が一番しんどい。僕はチャンスをいただいて出てるだけ。代打は難しくない」と、自負ものぞかせた。この日を境にチームは長期ロードに出る。「甲子園に帰ってきたときに、少しでも上の順位でいたい」と、汗を拭った。

ウル虎の夏2016「超黄色」の6日間
7回まではナゴヤドームで3連敗しているジョーダン投手の前にチャンスは作るが、還す選手がいない。またか!と暗いムードだったが、今の阪神はずいぶん変わった。ゴメスが無視でヒットで出塁、さ~これからだ・・と思いきや江越が併殺打でランナーがいなくなったのだ。もはやこれまで」と誰しも思うわけだ。2死から中谷がしぶとく2塁内野安打、続く北條がライト前ヒットと続き、今では代打の神様といわれる狩野の出番である。!祈るような気持ちであった。内角高めの直球を発止と打てば球は転々とレフト線を転がった。2者が踊るようにホームに駆け込んで逆転に成功。!普通ならビールをグイ!と傾けるのだが、禁酒中でウーロン茶を飲み込んだ。少しむせたがうまかった。もう止まらない猛虎打線。9回は満塁からゴメスが2点2塁打、休んでいた福留の犠牲フライ等で一気に4点を加点。9回表はドリスが肘を痛めて抹消されていたのでマテオかと思いきや、新外国人のサターホワイトをサービス登板。最速150kmの直球を披露して、また一人抑え、中継ぎ投手が増えて監督もほっとしたと思う。とにかく勝った。よかった。!8月からのロードがあるので高校野球が終わるころはAクラスで帰ってきてください・・と祈る夜であった。☆


「訃報」
千代の富士死去 朝青龍 「横綱たちの横綱よ」合掌

「蛇足」
都知事選 小池百合子氏が当確
都議会のドン手ぐすね 小池百合子氏が“返り討ち”に遭う日

小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
追加緩和も市場失望 見えたきた日銀黒田総裁の“散り際”


          
関連記事
             

野球は虎ではなく、キャット・チャー次第、野球賭博再燃

『スクープ速報』


暴力団元組長と巨人・坂本、長野ら8球団28名の接点が浮上!(週刊文春)
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6415

野球賭博問題が一件落着かと思いきや広域指定暴力団の元組長A氏と、プロ野球の複数の選手に“接点”があったことを28日発売の「週刊文春」が報じているようだ。

NPB(一般社団法人日本野球機構)が6月中旬、「手配書」としてA氏に近づかないよう通達していたようだ。
現状、同誌は巨人の坂本勇人、長野久義、内海哲也など8球団28名(OB含む)に接点があったとしている。
元暴力団員と“接点”選手の事情聴取なし? NPB井原事務局長の見解は「問題なし」

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20160729/bbl1607291140003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20160723/bbl1607231530005-n1.htm

昨年より一部選手の「野球賭博問題」で大きな注目を集めた巨人だが、今度は暴力団とのつながりが明らかになってしまった。 選手たちがA氏を裏社会とつながる人間と知って関わっていたのかは定かではないが、プロ野球イメージはますますマイナスになるのは避けられないだろう。



 yjimage (41) yjimage (42)



虎の今秋ドラフト補強ポイント3本柱

「阪神の今年のドラフト」  
 阪神が今秋ドラフトの補強ポイントとして、(1)即戦力右腕(2)左打ちの遊撃手(3)高校生左腕の3部門を優先課題に挙げていることが13日、分かった。チームは開幕から好発進したが、「エース・藤浪のライバル」「ポスト鳥谷」「能見の後継者」と目される選手がいないのが現状。今年のアマ球界には上記3部門で逸材が多く、今後の成長度やチーム状況を加味しながら絞り込みを進めていく。

▲来年は上記3点の絞込みも大切であるが、要の捕手を拝み倒して、楽天の嶋をFAでとりにいくべきだろう。最優秀バッテリー賞:2回 (2011年、投手:田中将大、2013年、投手:田中将大)
代償選手は上本、伊藤隼太,榎田を無償で用意しても良い。或いはゴメスでどうだろうか・・(来期契約期限切れを向かえ契約条件が大幅に落ちることが予想され退団の可能性もある)

原口捕手は打撃では将来のクリーンナツプを任せられる逸材であるが、持病の腰痛があるため常時起用できないのが欠点である。また盗塁阻止率も芳しく無く投手のリード、捕球体制にもやや欠点がる。そこで楽天の嶋がFAとなるのでチームの要としてあらゆる努力をしてでも獲得する必要があるのだ。原口と明大D1の坂本誠志郎捕手との3人体制を築けば来期の優勝条件を満たすと思う。今年の阪神は他チームより補強が弱かった、マテオとドリスが成功しただけである。3塁手として獲得したへーグが大きな誤算であった。期待された西岡が途中でアキレス腱断裂で今季絶望となったこともマイナスだった。投手陣では藤浪が序盤で大量点を奪われ苦戦を強いられるケースが多く最悪の背信行為であった。唯一期待できるとすれば捕手を坂本と組ませて徹底的に低めに投げさせて長打を打たれないようにすることである。金本監督になんとかその辺を見ていただき藤浪復帰と、坂本の急成長を考慮してほしい。藤浪2軍落ちもあるといわれているがまだ早い決断と危惧する次第。今夜の中日戦ではベテラン鶴岡を起用したが、3塁の新井のエラーの不運もあり平田に決定的な3ランホームランを打たれた。
阪神、五回の満塁機逃す 藤浪が見逃し三振


 「阪神1-3中日」(29日、甲子園球場)
 阪神は0-3の五回、2死満塁の好機を迎えたが無得点に終わった。
 先頭の4番・福留が中前打で出塁。ゴメス、新井良は凡退したが、北條と代打・原口が連続四球で満塁とした。
 9番・藤浪がそのまま打席に入ったが、カウント1-2からの4球目、中日先発の伊藤が投じた外角への127キロスライダーに手が出ず、見逃し三振に倒れた。

▲今年の虎の弱点は育成から抜擢された原口だが打撃は良いのだが、リードと捕球、盗塁阻止率が悪すぎた。広島が唯一負けこしている巨人の捕手小林は強肩で広島の機動力野球を封じているからだ。
もし嶋を獲得できれば期待の坂本誠志郎と原口で3人体制だ。これが理想の堅陣と言える。阪神はもともと捕手は豊富なチームである。強肩の岡崎、鶴岡はやがて40歳を迎えるが梅田も長打が期待されて入団した。原口に正捕手を奪われた形である。

打撃面で言えば得点圏打率は、髙山がリーグ2位の高率、原口も3割以上、ついで福留である。しかし長打、特に本塁打がすくな過ぎる。原口を野手にコンバートして長距離砲として育てる方法もある。あれやこれやと考えるとベテランと若手の格差が激しくアンバランスなのが悩みである。


「速報」

福留が史上最年長サイクル達成 メッセが9勝目

 

 「阪神8-2中日」(30日、甲子園球場)
 阪神・福留がプロ野球史上64人目(69回目)のサイクル安打を達成するなど、打線が13安打8点を奪い、4位タイに浮上した。
 中日時代の03年6月8日の広島戦以来、自身2度目の快挙を達成した福留は、「これだけのお客さんの前で最高の気分です。球場全体の雰囲気すごかった」とコメント。
 39歳でのサイクルは史上最年長。阪神では、桧山が03年7月2日・中日戦(甲子園)で達成して以来13年ぶりで、球団史上5人目(6回目)の達成となった。
 打線は二回、福留が右越えに先制の5号ソロ。四回には福留の中前打を足がかりに2死一、二塁とし、北條が右前適時打。五回には高山が右越えに甲子園初本塁打となる3号ソロ。さらに福留の適時三塁打などで2点。六回2死満塁では、福留が自身2度目のサイクル安打となる3点適時二塁打を放った。
 メッセンジャーは7回2失点の粘投で、2年ぶりの2桁勝利に王手をかける9勝目を挙げた。




☆試合前鳥谷が外野でノックを受けていたので甲子園はざわめきました。その後は3塁とショートの練習でした。復帰後の守備位置に苦悩しているベンチの様子が伺えました。北條の遊撃も板に付いてきたようで肩の衰えもあり三塁手に落着きそうだ。

やはりメッセンジャーは頼りになる投手だ。7回2死満塁(8-2)でビシエドを迎えた時は監督も交代を一旦命じたのだがメッセのたっての続投願いを聞いてハラハラさせたが高めの速球で討ち取りこの試合の勝利を確信した。

最近、好機に還す打者が出てきた。打点の少ない北條が打ったし、高山にも甲子園初の3号ホームランが出た。金本の特訓が新しく使用しだした黒バットに乗せて打球が高く上がるようになって来た。明大先輩の荒木も2塁で起用され2安打した。江越が一歩後退した感がある。若虎も競争が激しく1打席、1打席が勝負である。この緊張感が打席での集中力を生み勝利への好循環をしているのが今の、阪神タイガースなのだ。明日は岩崎優投手である。好調な打線を信じて思い切って投げてほしい物である。

試合後、抑えのドリスが肘の不調で31日から登録抹消すると発表した。代わりはマテオか藤川なのか、新外国人のサターホワイトの1軍昇格はあるか?ここのところ好調だったドリスの抹消は痛い。           
関連記事
             

阪神猛打、四回10安打で一挙9点 原口先制3ラン&2点適時打で5打点


阪神猛打、四回10安打で一挙9点 原口先制3ラン&2点適時打で5打点


4回、右前打を放つ阪神・江越=甲子園(撮影・北村雅宏)


4回阪神無死一、二塁、左越えへ先制3ランを放つ阪神・原口文仁=甲子園(撮影・田中

阪神 球団新1イニング10連続打数安打猛攻で圧勝、能見完封6勝

 ◇セ・リーグ 阪神9―0ヤクルト(2016年7月27日 甲子園)


 阪神がビッグイニングを作りヤクルトに圧勝、3連勝を飾った。

 4回無死一、二塁から原口の9号3ランで先制すると、この後も荒木の適時打、高山の2点打、福留の押し出し四球、再び原口の2点打など球団新記録となる1イニング10連続打数安打を含む打者14人の猛攻で9点を奪った。

 投げては先発能見がヤクルト打線を5安打に抑えて今季初完封、6勝目を飾った。

 ヤクルトは先発杉浦が4回に突然崩れ、救援陣も攻撃を止められなかった。

 阪神が四回、怒濤の6連打などで一挙9点を挙げた。
 先頭の江越に福留と連続安打が出て無死一、二塁としたところで原口が左翼席最前列へ9号3ランを放ち先制に成功。さらに、ゴメスが左前打、新井が中前打と続き、無死一、三塁から荒木の右前適時打で追加点を挙げた。
 先発の能見の犠打で1死二、三塁とすると1番の高山が右前に2点適時打を放ち、6-0。ここでヤクルト先発の杉浦を引きずり下ろした。
 2番手の中島に替わってからも猛虎打線は攻撃の手を緩めない。この日、遊撃で起用されている北條は四球。この回2巡目に入り、江越がこの回2本目の安打を右前に放ち、1死満塁とした。福留が押し出しの四球を選び、原口がレフトへ2点適時打を放った。ゴメスの安打で再び満塁としたが、新井が遊併殺打に終わり、長い攻撃が終了した。


☆野球は本当にメンタルなものだ。鳥谷を先発から外した途端、3連勝である。鳥谷が疫病神のように思われるが彼も精神的に開放され連続試合は継続中でベンチから明るく応援の声をかけているのだ。これほどよいことは無い。
ゴメスも引っ込んでもらおうと思ったら一ケ月ぶりのホームランを打つやら、今夜も打点を挙げ復調の兆しを見せてきた。
当分は、原口1塁の構想は無くなった様だ。高山の先輩、明大出身の荒木を2塁に抜擢したところ初打点を上げて名乗りを上げた。若虎が成長期に入ったのか、ベテランゴメス・福留・新井が打ち、メッセ、能見、岩貞が試合を作り、後は藤浪が本来の力を出せば猛虎復活で後半戦の再出発となる。セリーグに活気と波乱を起こすことであろう。☆



「朗報」
「阪神10-5ヤクルト」(28日、甲子園球場)
 阪神が14安打10得点で、今季初の4連勝で4位に浮上した。ヤクルト3連戦3連勝で、同一カード3連勝も今季初。また2桁得点は、4月22日の広島戦(マツダ)以来、今季3度目。

yjimage (40)


ウル虎阪神、ゴメス2打席連続2ラン「気分いいね」
 0-1の四回、原口の中前適時打、ゴメスの左越え16号2ランなどで、一挙4点を奪って逆転。五回には原口の左中間3点二塁打、ゴメスの2打席連続中越え17号2ランで5点を追加。八回にも1点を加えた。



 先発の青柳は六回途中まで投げて4失点で、3勝目(2敗)を挙げた。本拠地・甲子園では、これが初勝利。六回途中からは安藤、高橋、マテオ、藤川、ドリスとつないだ。
 来日初の2打席連続本塁打、1試合2本塁打をマークしたゴメスはお立ち台で「リラックスして打てる球を狙っていた。チームの勝利に貢献できるバッティングができたのはうれしい。これを続けていきたい」と語った。3安打4打点の原口は、四回に福留の三塁打に続いて放った同点の中前適時打に「福留さんの激走が心に響きました。絶対、楽に返してやろうと思って、打席に立ちました。初球から思いきりいこうと思っていた。最高です」と振り返った。
 ヤクルトは同一カード3連敗で5位に転落した。


 


阪神・鳥谷、代打で右前打 スタメン落ち4試合で3安打目

阪神が大技小技で逆転、原口適時打&ゴメス2ラン&北條スクイズ
☆皮肉にも、攻守の要、鳥谷を外してから4連勝である。チームに活が入り選手も眠れる獅子が目覚めたかのように、打つは、エラーはしない、バントも簡単に成功させスクイズまで決めた。北條。しいて言えば3番起用の江越が不満である。3割を打っている中谷起用もあると思う。また、金本監督の次なるカンフル剤は「去年14勝した投手の藤浪も次戦で結果が出なければ、二軍に落として気持ちを入れ替えさせた方が本人のためになる」という手段である。メッセや能見は復調したが、エース格の藤浪が4勝6敗では情けない。福原、松田遼馬も復調してきたのだ。藤浪は29日中日3連戦緒戦先発予定、私は藤浪が投げるときは明大D2の坂本捕手を起用すべきと思う。身長が176cmと小さいな構えが藤浪のボールが低めに集まりやすいからだ。しかも肩はよし、キャッチングがうまい。達川(元広島捕手)が絶賛している捕手である。原口は3塁も守れる。また、今後鳥谷を復帰させるのなら三塁手で起用すべきと思う。北條は遊撃として大丈夫である。大和と共有しながら使えばよいのだ。とにかく「超変革」効果がやっと実りかけてきたのだからこのチャンスを大事に硬軟・柔軟な采配に徹し一試合一試合を堅実に勝つことである。☆           
関連記事
             

羽生三冠と電王戦と王座戦

yjimage (38)
第2期叡王戦は現役プロ棋士のエントリー制で、出場棋士は段位別予選と本戦を勝ち抜いて優勝を目指します。優勝棋士には2017年春に開催される第2期電王戦への出場権が与えられます。

叡王戦
■出場希望のプロ棋士がエントリー。
■段位別予選を実施し勝ち抜いた棋士が本戦へ進出。
 (予選枠:九段5枠・八段3枠・七段~五段各2枠・四段1枠の合計16枠
 山崎叡王は本戦からの出場となります。)


羽生善治は2014年9月のインタビューで「今年、電王戦でプロ棋士が負け越したことについてよく聞かれますが、勝敗そのものにはあまり意味はないと思っています」「そもそも人間同士の対局が、コンピュータ将棋のような指し回しにならないのは、多分に心理的な要素が働いているからです。コンピュータ将棋のように、その瞬間瞬間に対応しているのではなく、互いにこう指したいという大局的な意図が先にあるから、そこに駆け引きの妙味も生まれてくるわけです」と述べた。

羽生三冠は、6月26日午前、初戦で塚田泰明九段(51)に勝利。午後7時からの2戦目も屋敷伸之九段(44)に勝って、16人で戦う本戦トーナメント入り一番乗りを決めた。取材に対し、羽生三冠は「勢いよく指すことを心がけた。注目に応えられるようにしたい」と話した。

しかしまずは本戦で優勝して叡王の座を獲得しなければなりません。トーナメントですから何が起こるかわかりません。出来れば、羽生さん対ポナンザの対決を見たいものです。ニコニコ動画はパンクすることでしょう。



 


*第64期王座戦挑戦者決定戦
羽生善治王座の挑戦者を決める第64期王座戦挑戦者決定戦が7月25日(月)に東京・渋谷区「将棋会館」で佐藤天彦名人と糸谷哲郎八段の間で行われます。
佐藤名人が勝てば、昨年に続き連続での挑戦となり、糸谷八段が勝てば、王座戦では自身初の挑戦となります。
2016年7月25日 (月)

将棋王座戦、糸谷八段が挑戦権 佐藤名人を破る
2016/7/25 21:56

 第64期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定戦が25日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、糸谷哲郎八段(27)が佐藤天彦名人(28)を破り、羽生善治王座(45、王位・棋聖)への挑戦権を獲得した。糸谷八段の王座挑戦は初めて。

 5連覇、通算24期を目指す羽生王座との五番勝負第1局は9月6日に横浜市の横浜ロイヤルパークホテルで指される。
【第64期王座戦五番勝負スケジュール】
第1局:9月6日(火)神奈川県横浜市「横浜ロイヤルパークホテル」
第2局:9月20日(火)京都府京都市「ウェスティン都ホテル京都」
第3局:10月4日(火)山形県上山市「葉山館」
第4局:10月12日(水)新潟県新潟市「龍言」
第5局:10月19日(水)山梨県甲府市「常磐ホテル」

 糸谷八段は今期の王座戦本戦で渡辺明竜王(32)らトップ棋士を破って勝ち上がった。早見え早指しの天才肌で形にこだわらない力戦の将棋を得意とする。広島出身の大阪大学大学院に在籍し哲学を専攻する異色の棋士でもある。

 タイトル戦登場は3回目。羽生王座とのタイトル戦は初めてだが、2014年、竜王戦挑戦者決定三番勝負では羽生王座を2勝1敗で下し挑戦権を獲得。勢いに乗って七番勝負も制して竜王の初タイトルを獲得した。今年度の成績は9勝5敗。



図は15時過ぎの局面。△2二歩までの消費時間は▲糸谷1時間34分、△佐藤2時間18分。
後手からは△4五銀とぶつけてさばくのが狙い筋のひとつになっています。それを防いで▲4六歩なら△3五歩と合わせて銀を前進させる狙いもあります。ここは先手の指し方が難しい局面のようです。
ただ、検討陣は△2二歩のところ△2五歩と積極的に受ける手を本線と見ていました。△2二歩には▲4六銀と出て、△3六飛に▲3八金と飛車を狙ってみたいとのことです。





糸谷八段が佐藤名人をくだしました。終局時刻は21時52分。消費時間は▲糸谷4時間14分、△佐藤4時間59分。
勝った糸谷八段は、羽生王座への挑戦権を獲得しました。五番勝負第1局は9月6日(火)、神奈川県横浜市「横浜ロイヤルパークホテル」で行われます。

▲さすがに元竜王の意地でした。序盤から中盤は佐藤名人が優勢と思われいましたが、粘りの糸谷八段の終盤からの深い読みが素晴らしく逆転勝を収め羽生名人に挑戦することになりました。名人戦で負けた佐藤名人の挑戦よりも糸谷八段のほうが組し易いやすいと思いがちですが、竜王戦での無残な敗戦の時とは、見違える充実振りを見せています。羽生王座としても、対応策を研究する必要があると思う。


「朗報」
阪神、同点に追いつき振り出しに ゴメス&新井良が連続タイムリー

阪神、甲子園での連敗を7でストップ V打のゴメス「久しぶりで気持ちよかった」

お立ち台でガッツポーズをする阪神・藤川とゴメス=甲子園

 「阪神5-3ヤクルト」(26日・甲子園球場)
 阪神がヤクルトに競り勝ち、2連勝。甲子園球場での連敗を「7」で止めた。
 3ー3で迎えた八回1死から原口が左前打で出塁。続く、ゴメスがヤクルトの2番手・ルーキから中堅左に突き刺す、15号2ラン。7日の巨人戦以来、12試合ぶりの一発は決勝点となった。2番手の藤川が4勝目。ドリスが8セーブ目を挙げた。
 阪神の先発・岩貞が初回、山田に30号3ランを浴びたが、四回にゴメスの4戦連続安打となる適時打や新井良の適時打などで一挙、3点を奪い、試合を振り出しに戻した。
 ゴメスはヒーローインタビューで「しっかりと強く打てたと思うけど、甲子園は広いので入るかどうか分からなかった。でも、つよくたたこうと思っていた」と決勝弾を振り返った。
 甲子園のファンから大歓声を浴びると、「甲子園で(本塁打を)打つのは久しぶりなので、気持ち良かった。まだ調子は良くないけれど、ベストを尽くしていきたい。まだまだチャンスがあるのでしっかりとプレーしていきたい」と笑顔を見せていた。
          
関連記事
             

「鳥谷外し」連続試合フルイニング出場が667試合でストップ

「鳥谷外し」…監督と選手の間に聖域の概念はない

 6回、代打として鳥谷(手前)を送る金本監督
 「広島5-8阪神」(24日、マツダスタジアム)
 阪神の鳥谷敬内野手(35)がスタメンから外れ、連続試合フルイニング出場が667試合でストップした。

  
 言うまでもなく、スタメン起用の決定権は監督にある。選手は決定に従う。この大前提を見失うと、ゆがんだ議論になりかねない。
 虎将金本が不振の鳥谷を外すべきという論調はあっていいが、鳥谷が自ら外れるべきだった-などという批判があるとすれば、組織論を逸脱している。
 指揮官の裁量で鳥谷は前夜まで今季92試合先発でフルイニング出場を続けてきた。金本は「鳥谷の先発を外すことを考えたことはある」と言う。なぜ、踏み切らなかったのか。理由は「ショートの代役がいないから」(金本)。23日時点で打率・231、10失策。攻守において精彩を欠いていても、取って代わる遊撃手が不在という判断で、指揮官はオーダー表に「鳥谷」と記し続けた。
 開幕前に直接聞いたことがある。仮に鳥谷が低迷を続けることがあっても、ある程度は連続試合フルイニング出場の記録に配慮するのか、と。金本の答えは「フルイニング?それはないよ」。代役不要で試合に出続けることがモチベーションになることは自らの経験上、理解する。だが「記録更新のために」という理由で“配慮”する選択肢は、今回の場合は現実離れしているとも考えていた。連続フルイニング出場の世界記録は金本の1492試合。667試合の鳥谷が到達するには、あと6年かかるのだ。
 10年4月18日、当時自らの世界記録を更新していた鉄人は真弓明信監督に直訴して先発を外れた。当時の裏話がある。同日、真弓は金本から「外してください」と言われ、こう返したという。
 「明日(月曜で試合が)休みだから、きょうもう1日だけ何とか頑張れないか。そうすれば火曜には、また状態が良くなっているかもしれないだろ」。右肩の棘上(きょくじょう)筋を完全断裂していた金本は「いえ、もう限界です」と、指揮官の指令に首を縦に振らなかった。
 金本はのちにこうも話していた。
 「真弓さんがずっと『出てくれ』と頼りにしてくれて、俺もそれを意気に感じて何とかしたいと色んなことを試したけど、ダメだった。星野さんだったら、もっと早い段階でベンチに下げられていたかもしれないな」
 選手は仕える監督の駒であり、出ろと言われれば痛いかゆいなど言えない。引っ込めと言われれば問答無用で退く。特別な配慮はないと言っていた金本だが、鳥谷と既に3度、話し合いの機会を持っていた。こちらがその情報を聞きつけ探ったことがあるのだが、金本は鳥谷の心情を思い、否定し続けた。

 yjimage (37)


 この夜、ベンチからグラウンドを眺める鳥谷はすがすがしい表情に映った。ショートは「聖域」などと揶揄(やゆ)する声があったとすれば、それは当事者2人の認識とは実はかけ離れているように感じる。(阪神担当キャップ・吉田 風)

☆とにかく鳥谷を外して現実に後半戦初の勝利を挙げた事は事実である。鳥谷も改心の当たりではなかったが満塁で内野安打を打ちその後は満塁で死球を選び2打点をあげて貢献した。結果は両者にとっても最良であった。「案ずるより産むは易し」である。
鳥谷はFA憲獲得時に5年20億円の大型契約をしてあと一年は4億円がもらえるのである。だから甘えもあると思う。長期契約の欠点である。もう一つ言いたいのはメッセが言ったらしいが捕手の起用が原口であった。リードが悪く4点も献上した。先日、達川氏が進言してくれた「坂本誠志郎」を何故使わなかったのか? 能見では失敗したが、黒田200勝の試合では松田、島本、高橋、藤川の4投手を好リード、広島打線を無得点に抑え込んだのだ。身長が173cmと小さく構えが低く球が低いところに集まりやすい特典がある。また内角攻めの強気が外角で討ち取りやすい大胆さが見事である。原口の打撃は1塁手にコンバ-トして生かすべきだ。ゴメスも今季で契約切れの身である。一度2軍落ちさせて期待のサターホワイト投手をと交換してみるべきだ。聖域は誰にも無いのだ。とにかく暗い暗雲が吹っ切れた感じがした。           
関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      334位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      87位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 3031
      - - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア