秋色深まる熊の沢公園

  


季節の変わり目に重症化する「冷え性」に加え風邪をひいて寝込んでいましたが、ようやく熱が下がったので久し振りに熊の沢公園に足を運んできました。
この公園の一番高いところにあるパーゴラ(もともとイタリアでブドウ棚をさした言葉。日陰をつくりくつろぎの場として景観を楽しむ建築用語)も長年風雨にさらされ色褪せていました。地域の方々が集まり、パーゴラの化粧直しをしていただき見違えるように綺麗になりました。

生憎のくもり空で手稲連峰と左片隅に見える定山渓の奥の札幌岳も霞んではっきり見えなかったが、先にベンチで山を眺めている中年のおじさんに出会い、仲良しになり、色々話していると、最近会社を辞めた登山愛好家でした。自ずと話題は御嶽山噴火の話に集中した。今年の正月に青森の八甲田山での苦労話をしたら、今年登山してきたと言う。全国の百名山と言う山を登るのが夢と言う。噴火の予知は出来ないけれど自分の知識と知恵で危険を肌で感じるようにならないと山登りは出来ないと言う。入山規制がある場合は別として大体が自己責任の覚悟で登っているらしい。所謂「山男」とお見えした。

火山噴火予知連によると、今回の噴火も予知は困難だったと言う。大学の火山研究者も国からの予算も少なく研究はまだ初歩と言う。
世界でも有数の火山列島とも言われる日本の場合は、津波対策の防潮堤と同じく避難小屋の強度完璧化や自治体で作っているハザードマップを周知徹底し、発生時の備え方を教育することが求められるのではと思った。

この臨時国会で安倍政権に求められるのは福島原発も含めあらゆる災害対策に真剣に対応して予算配分の再考をする事である。
関連記事

彼岸での納骨法要

  


今日は彼岸中でもあり、春先になくなった次姉の納骨に石狩市の厚田区の禅寺の墓に行ってきた。先に亡くなった主人と一緒に土にかえることが出来たと思うと次姉のあの優しい顔を思い浮かべられほっとしました。簡単に禅僧の説教がありなぜかすんなりと聞ける説得力があった。

▲越後の良寛は、もっとも愛された禅そうの一人である。良寛の詩や、書は、連接する人を不思議といい気持にしてくれる。
(私の愚かさは誠に比べ者がない。とても人間の相手になれぬから草や木を隣人と親しんでいる、迷いだの悟りだのという分別くさいことを問題にするのはもう飽きた)『来韻の次す』ーと良寛の詩の一節である。しかし、禅者の修業は厳しい。壮絶なのだ、実際に狂うものもいた、日本の大和尚・白隠に,長道恵忠と言う雲水が法戦を挑みかけて、一喝され狂った。長道、はのち郷里の築後に返って一生を過ごしたが、、精座中に猫が走ると「なんで寺の規則に従わん」と言って敬策で打ち、おびただしい数の猫を殺したという、遊びの境地に誠になまなこのことではないのである。また。江戸末期から、明治にかけても臨済宗僧侶・楽楽北隠(ささほくいん)は(ソロソロ鷲もお暇しようか」といい太閤記の浄瑠璃を唸っているうちに何時のまにか静かになった。大往生である。この様に禅僧は死と言う事に達観している。一休和尚も(世の中は食って稼いで寝て起きて、さてその後は死ぬるばかりぞ」と死後は野となれ山となれ。彼らは生きている内に既に浄土にいるのである。

▲凡人は悟りなんかできないから、「四苦八苦」の苦しみは当然であり取越苦労をしても意味がないと言う事です。素直に流れるように生きることですねー!)と言う事なのですねー。



またこの町の出身者に子母沢 寛がいます。

作家 (旧厚田村栄誉村民)

時代小説家として大御所的存在であった子母沢寛は、明治25年(1892年)厚田に生まれました。本名は梅谷松太郎。小学校を厚田で学び、中学校は函館、小樽、札幌と転じています。札幌の北海中学、明治大学法学部を卒業後、記者生活を始めました。釧路新聞社、読売新聞社、東京日日新聞社などを経た後、執筆活動に入ります。昭和12年(1937年)「新撰組始末記」を処女出版し、「国定忠治」により文壇的地歩を確立しました。また戦後にかけて幕末、江戸の郷愁をこめた「勝海舟」「父子鷹」も注目されました。「勝海舟」はNHKドラマにもなっています。


創価学会2代目会長の碑
戸田旅館とは関係が無かったようです。!?



行く途中の231号線の水田は豊作の様である。しかし。価格は値下がりで必ずしも喜んでばかりはいられない。是も自然の流れで、凶作よりは良しと思うのが良いらしい。精一杯働いた結果の賜物と思うべきだと言うのである。働ずして死すのは本来ではないらしい。生きた足跡を最善と考えれば楽になると言う事だ。仏は人間の幸せを願っているのです。!
彼岸は「日願」ともいうのはその意味だと言う事です。

015_201409241449314eb.jpg 
ここは厚田の繁華街である。人が少なく少子高齢化の波が打ち寄せ確実に疲弊していある。だから合併しいたのでしょうが
果たして効果があったのであろうか疑問である。
昔はこの港は大漁で栄えた時期もあった。厚田の港は平日であり閑散としていて、曇り空でのべたなぎで緑がかった青い海を想像していたが鉛色をしていた。
厚田と言えば昔は鰊の群来(くき)で海面は真っ白になったそうだ。鰊は昔は鯡と書き魚に非ずと言う主食だったのである。


s-012_20140924221221cc7.jpg
此の戸田旅館は鰊大漁の全盛期の主力旅館である。私も以前は厚田に遊びに行き良く泊まったものでした。ポン友がこの町で薬屋を営業していました。義兄はこの町の住民だったのです。子母沢寛にあこがれて作家を希望したが挫折したと聞いた。また横綱吉葉山の実家もあり、縁戚に当たるようです。
ここが商店街のメーン通りですが今は昔のシャッター街と化しています。唯一栄えているのが此の「前浜食堂」です。ヒラメや、かすべの空揚げ定食が人気です。取り立ての魚を料理したドンブリと定食は1000円位で食べられます。推薦できるお店です。今日もヒラメの空揚げ定食を食べましたが満足致しました。

ところで米国のシリア空爆拡大のニュースを聞き複雑な気持ちに襲われました。長道恵忠と言う雲水が法戦を挑みかけて、一喝され狂った。長道、はのち郷里の築後に返って一生を過ごしたが、、精座中に猫が走ると「なんで寺の規則に従わん」と言って敬策で打ち、おびただしい数の猫を殺したという、遊びの境地に誠になまなこのことではないのである。)と言う言葉です。まるでシリア。イラク、アフガンは猫の様に殺されているのです。大和尚の教えでもないのに世界の規律は「おれが決める」と言わんばかりだからです。たとえ野良ネコと言えども他国に入って勝手に殺す事は許されません。じぶんの修業が悪いのにあたかも他国が悪者の様に決め込んで世界の警察を自負する米国の態度は「食って寝て儲けて後は生き延びるだけ」
と一休和尚の言う真逆の思想であるのである。厳に懲罰を受ける羽目だと思う次第です。

続きを読む

関連記事

星野監督引退宣言

ダウンロード (21) ダウンロード (22)

楽天の星野仙一監督(67)が18日、仙台市の球団事務所で会見し、今季限りで退任することを発表した。



 三木谷浩史オーナー(51)同席のもとユニホーム姿で会見した星野監督は、退任を決断した理由について「直接の原因は成績」ときっぱり。「2カ月間も戦場から離れて選手、ファンに大変迷惑を掛けた。オーナー、社長から“何年でもいいから”と諭されたが、勝負師としてシーズンを離れることはあってはならない、と決意した」と説明した。

▲知将野村さんでさえ弱小阪神を再生できなかったが星野監督が03年。1985年の吉田義男以来の優勝に導いでくれた。
明大時代から巨人フアンだったらしいがドラフト指名がなく、それ以来アンチ巨人に燃えた炎の男であった。

一方長嶋は阪神フアンであったが阪神からの指名がなかったので巨人入団となった経緯がある。思えばこの時から野球の運命が変わる。
04年突然発表されたオリックスと大阪近鉄の統合により、球団数削減から1リーグに流れたプロ野球界に対して、選手会やフアンは猛烈に反発、史上初のストライキにより試合が中止されるなど大きなうねりの中に仙台を本拠地にした楽天が誕生した。初代田尾、名将野村を迎えたが06年も最下位になり低迷していた。11年に就任した闘将星野監督はマ―くんこと田中将大投手をを得て昨年日本一となった。始めて付いた日本一であった。激しい性格で殴る、蹴るの猛練習であったが、物わかりのいいお父さんとも慕われていた。

野村監督は「『野村さんは阪神での3年間、「弱者が強者に勝つ野球」というものを標榜されていたそうだが、私の場合は「弱者を強者にする野球」だと述べている。
長い間ご苦労様と称賛するばかりです。!

続きを読む

関連記事

敬老の日にあたり

久し振りに雀を撮つす事が出来た。ここに近所の犬が通ったが、何と雀は悠然と眺めて飛び立つ様子はない。
私も猫を10数匹飼ったことがあるが、良く雀を捕らえて食べるわけではないのですが、おもちゃの様に持て遊んでいました。
雀にとっては天敵なのですね~犬は雀を襲う事はないらしいです。何時か会社から帰ってきたら、うちの猫が洗濯ロープに絡まり降りられないでもがいていたことがあります。高いところは好きですが降りる事は苦手なようです。まるで今の安倍さんの様だな~と思ったものでした。笑)







この場所は絶好のスピード違反の取り締まり場所です


自転車の奥さんも注意されますよ・・(汗)尤も危ないですよね~~

私は営業マンでしたから、良く罰金・反則金を納めましたが、これほど心臓に悪いものはありません。しかも此のお金で警察幹部の転勤祝いに使っていると報道されたことがあり、それ以来「末法嫌い」となったものでした。
事故のないようにするのなら、堂々と見えるように取り締まるのが常道と思うのです。隠れて違反を取り締まることは不要と思ったものでした。!


ところで今日は「敬老の日」と言う事で町内の敬老会から70歳以上の人に「敬老祝い金」として1・500円をいただき嬉しく思いましたが、財政の悪い町内では出ないのです。既に、団塊の世代が65歳を迎え日本の高齢者は4人に一人と言う事です。75歳以上でも8人に一人と言うすざましい高齢化社会を迎えています。社会保障でも老人に医療費負担させるべきか?。後期高齢者医療制度にも老人いじめな面があり決して喜べません。また若者を貧困にしたら少子化もすすみ国家も弱体化する。
年寄りを敬う事は当然としても、健康長寿の人が少ない現状では「敬老の日」も喜べないものがあります。一手先をも読めない政策の貧弱が生んだ結果なのです。
いくら政府が人口の減少を抑える目標を立てても、まさか戦中の「産めよ増やせよ」の政策は取れないことでしょうね^^。
安心して子供を育てられる社会を作らない限りはどんどん人口減少は増大するでしょうねー。
非正規社員が増大して賃金もさして伸びない大企業寄りの政策では子供を産む気持ちにはなりえないのです。
短絡的ですが敬老の日は「若者の日」と変えるべきと思った次第です。

関連記事

エレジー

粛々と原発再稼動  庶民は49・49不吉を思う

議員の政活費、何時になったら  生活良くなるのか?

企業献金再開の悪しき習慣  政治を堕落、原発災怪に通ず

見渡す限りアベノミスは国際批判  米国とともに奈落の底へ

子供でさえも、「あかん米」の非難あり 今が狂の上限なり 



昔朝鮮、創氏改名  虎の選手も改名しては

能見は能面。新井は粗い  コーチは戯コーチナシ

福留さんは  福払い  監督は奸禿となれり

鳥谷大リーグの話題あれど、  鷺谷と言われても仕方なし

一窮一惰の無常の嵐   虎の威容は既に無く

大人しい虎猫軍団     甲子園動物園と名を変えよ

試合に勝つより己に克つべき フアンの不安を何時払う 

その中で、ゴメス天晴れ!評論家の「ごめんさい」の言葉あっても不思議なし

関連記事

フリーエリア

☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  後ほど訪問致します☆

プロフィール

荒野鷹虎

Author:荒野鷹虎
何時までも心は若者でありたい!。
(男性)道産子、AB型

熱烈な阪神ファン。
囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

フリーエリア

応援よろしくネ~!!
日記・雑談(その他) ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ

最近のコメント

コメントありがとうございます!

リンク

RSSリンクの表示

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

フリーエリア

2017年babaさんのカレンダー

フリーエリア

powered by プロ野球Freak
応援よろしくネ~!!
powered by プロ野球Freak

最新記事

(/)

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
50位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

2012/10設定

ブロとも一覧


私とソラ

小さなお花畑

1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

ちょっと寄り道しませんか?

aioままのフォト日記

吃音な俺がブログとやらをやってみた

ライフスタイル向上のすすめ

子育て主婦の日記ブログ

猫のあくび

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

勝手に言わせてもらいます。

ブラウンも、ルージュも大好き

お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

趣味人の箇条書きブログ

やさぐれ戦記

夢を追う旅-Doll making

ぷーことおてて

†夢見草†

みぃちゃんブログ

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

きっと誰かに愛されている

中国通史で辿る名言・故事探訪

TAKEろぐ

ふんわりのかけら♪

ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

四季自然

クマさんと一緒

芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

江戸の笑い

ビーチサイドの人魚姫

わくわく株式投資

心に響くほんとの話

もっとインターネットを楽しもう♪

京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

makoのなんだろう~~?

アメコカリキの世界

伊織のブログ

炭酸水たー坊の食事日記

薬剤師の不養生

おらほの四季

【ミー子】の伝言(ことづて)

脳科学 心理学 ブログ

ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

ピンクすずらん姫

Poem Spice-久遠の詩-

茜いろの森

purotokoのブログへようこそ

世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

ひろかずのブログ

山 ときどき 温泉

空色の童話 -詩集-

高橋さんの写真記念館

竹林乃方丈庵

月の木漏れ陽亭

不公正な国家賠償訴訟

初期装備は ひのきの棒

弱者のネット活用術

Webスクラップ帖

Wonder_Ryuchanの大人の日記

洒落た日々喜楽

私は、姑。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる