FC2ブログ

憲法違反と安倍総理


「黒い霧」

脱法ハーブで   死傷者多数

違法と脱法    未満と以下か

専守のはずが  攻撃隊に烏賊の墨で隠される

最高裁をも凌ぐ 最高司令長官(私に任せておくれよな)

ひょっとして   安倍さんハーブをこっそりと秘密法で隠ぺいか?

庶民の防衛   「議員管理規正法」の制定あるのみか!




ダウンロード (13)
「笑えぬ、税金の無駄」

都議会、セクハラヤジが飛び  トンデモナイ号泣、世界の恥

辞職をしても  598っされる   今年のM1,優勝か?

政務費の不正は氷山の一角   知事と議会の妖怪か

濁った汚泥は安倍川へ      地方に波及、土砂崩れ


 



ダウンロード (12)
「名門の悲劇」

右肘靭帯の部分断裂で全治6週間  24連勝の金属疲労

人生順風満帆とはいかぬもの  桑田、松井と金本皆同じ

汗かき焦らず勝利の女神    笑うまでは(あきらめず)

ダメ虎、野良猫 バッシング  ” 今年の虎はつよい”のだ!



019_201407112022479ec.jpg
満月前夜

「蛇足」
阪神12-5巨人、(東京ドーム)広島敗れ2位に浮上。猛虎8連勝の急迫。兎を捕える。!
GM砲でトラえる!コイの次は宿敵退治




            

続きを読む

関連記事
             

”本田圭佑と言う男”

大型台風により被災,避難されておられるお方に心よりお見舞い申し上げます。





ブラジル国民にとって、悪夢のような90分間だったに違いない。5点を失い、長く、長く感じられた前半の45分と、立て直せないまま時間だけが過ぎていった後半の45分。悲願の開催国優勝を目指したブラジルの戦いは、ドイツに歴史的大敗を喫し、幕を閉じた。

 試合が終わると、ブラジルの選手たちは倒れ込み、立ち上がれない。ドイツの選手たちは気遣い、背中をさすった。カナリア色一色に染まったスタンドの観客たちも多くが涙を流した。

 難しい船出だった。昨年のコンフェデレーションズカップ開催時、「サッカーの国」の国民たちは、1兆円を超える開催費用を要する華々しいW杯よりも、医療や教育の充実を求め大規模なデモを展開した。今大会もブラジル代表が合宿入りした初日にデモが行われた。

 それでも、大会が始まれば、人々の関心はセレソン(ブラジル代表の愛称)に向けられた。試合の日にはカナリア色のシャツが町中にあふれかえった。

 リオデジャネイロのマラカナン競技場で行われた1950年ブラジル大会決勝リーグ最終戦で、ブラジルはウルグアイに逆転負けを喫して優勝を逃した。この痛恨事は「マラカナンの悲劇」と呼ばれている。そんな歴史的経緯もあり、「サッカー王国」の威信をかけて戦うセレソンへの期待は日増しに膨らんだ。

 だが、準々決勝のコロンビア戦でエースのネイマール(22)=バルセロナ=が接触プレーで腰椎(ようつい)骨折の重傷を負い、戦線離脱。守備の要で主将のチアゴシウバ(29)=パリ・サンジェルマン=も準決勝は出場停止でスタンドで見守るしかなかった。多くの重圧を乗り越えてきたブラジルも、攻守の柱を失ったこの日ばかりは精彩を欠いた。(時事通信)


憔悴し切った本田選手

▲サッカーばかりでなくスポーツは如何にスーパースター中心に綿密に連携した組織プレーだと言う事が分かる。日本チームはザック監督と司令塔の本田中心の速攻攻撃を目指した。親善試合、強化試合ではある程度効果が出ていた。W杯直前に本田と主将の長谷部がザックのところへ直談判に行った。「おれは走れないので、ゆっくりとした細かいパスで行きたい」と
ザックは認めた。それほど本田を高く買っていたのである。
本田は依然金髪なので目立ち、彼の細かい動きを見やすい。素人の私は、何故本田は走らないのだろうか・・サボっているだろうか?威張っているのだろうか?と不思議に思ったものだ。

前監督のオシムの話では(彼は優秀な選手だが、チームをまとめる力に不足している。・・・)と。
他の選手が本田に球をパスしないことがたまに見受けられるのだ。何処か孤立して居る。戦前は連日のように(本田・・・本田)とメディアは持ちあげた。又本田も(優勝だ・・)と口ずさんだ。しかし結果は惨敗であった。本当はW杯に出れただけでも素晴らしいのだが、余りにも期待をかけ過ぎた感がある。メディアの特徴で手のひらを返したように本田バッシングが始まった。本田は日本には帰国しなかった。
私も聊か本田批判に走っていた矢先下記の記事を見て少し反省をした。野球なら不調な選手は先発漏れか2軍落ちかである。何故、本田を外す事が出来なかったのだろうか!?ザック監督の責任ともいえる。

★眼球突出で絶不調の本田、バセドー病で甲状腺切除手術、恐るべき放射能の影響(6/30 日刊ゲンダイ)


 ザッケローニ監督の最大の見込み違いが、大黒柱・本田圭佑が体調の不安を抱えコンディションを崩していたことだ。

 本田には喉仏の下にクッキリと10センチの手術痕があり、バセドー病の症状が進んで「甲状腺切除手術に踏み切った」とサッカー関係者の間ではもっぱらだ。

 バセドー病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患。痩せる、眼球が突出する、心臓がドキドキする、大量発汗、手が震える――といった症状が表れる。

 本田は、W杯初戦コートジボワール戦の前半16分に先制弾を決め、3戦目コロンビア戦では前半終了間際にFW岡崎のゴールをアシストした。しかし、2戦目ギリシャ戦を含めて3試合とも後半になると完全に足が止まった。コロンビア戦では何度もボールを奪われて失点の発端にもなり、珍しく両膝に手を置いてうな垂れる場面もあった。新天地ミランで干されて試合勘を失い、コンディション調整に失敗したといわれたが、少なくともバセドー病の諸症状が出て、万全の状態ではなかったことは事実。チーム内からも「いつもの圭佑さんじゃなかった」という声が噴出した。

■最後の会見で一人だけスーツだった理由

 W杯1次リーグ敗退が決まり、日本代表は合宿地で監督、選手が記者会見に応じて「解散」したが、選手全員が練習着で対応する中、本田ひとりだけが背広にネクタイを着用。そのままチームを離れて単独行動。移籍先クラブのメディカルチェックを受けるためにドイツ経由で帰国した長谷部以外の監督、選手が同じチャーター便で帰国する中、本田の姿はどこにもなかった。

「背広にネクタイ姿は手術痕を見られたくなかったから」「メディアに追い掛け回されるリスクから一緒に帰国しなかった」など、現地であれこれ理由が取り沙汰された。

 いずれにしても、本田の絶不調を知りながら使い続け、チーム全体のパフォーマンス低下を招いたザッケローニが1次リーグ敗退の責を負うのは当然だとしても、本田に執着する指揮官をいさめなかったコーチ陣、監督と気心の知れた仲なのに本田外しを提言しなかったサッカー協会技術委員会の原委員長もまた、同罪と言わざるをえない。

 本田はW杯前報道陣に、「一度も自分の口から、手術したなんて言っていない。今、自分自身がここにいるということだけで十分じゃないかなと思います」と、手術については明言は避けていたが、チームスタッフは本田の体調についてしっかりコミュニケーションを取っていたのだろうか。
本田は敗退から一夜明けてもショックの色が濃かった。1勝もできずに玉砕。「何を努力すべきなのか、ということから考えないと。今まで4年間やってきたが、大きく間違っていた。結果がついてこない難しさがある」とうつむいた。

 1次リーグ敗退が決まったコロンビア戦後、取材エリアを無言で通り過ぎた長友はこの日、「4年間、この大会のために懸けてきて、こんな一瞬で終わってしまうのか」と心境を口にした。代表引退が頭をよぎるほどのショックだったという。退任表明したザッケローニ監督に話題が及ぶと涙ぐみ、「勝たせてあげられなかったから。そこが本当に悔しくて悔しくて」と、言葉にならなかった。           
関連記事
             

”横田めぐみさんは生きている”2

菅官房長官は午前の記者会見で、北朝鮮が拉致被害者らを調査する「特別調査委員会」が4日発足し、全面的な調査の開始される時点で日本が独自に行っている制裁措置の一部を解除する方針を説明したうえで、調査結果の最初の通報はことしの夏の終わりから秋の初め頃が望ましいという認識で北朝鮮側と一致していることを明らかにしました。

この中で菅官房長官は「今月1日に北京で開かれた日朝政府間協議を受けて、安倍総理大臣と岸田外務大臣、古屋拉致問題担当大臣との間で拉致問題に関する4大臣会合を開催し、その後、国家安全保障会議の9大臣会合を開催した。その結果、北朝鮮の『特別調査委員会』があす4日に立ち上げられ、すべての日本人に関する包括的、全面的な調査が開始される時点で、わが国が北朝鮮に対してとっている措置の一部を解除することを決定した。日本側がとることになる措置は5月の日朝合意のとおりになるが、あすの閣議決定後に改めて正式に発表する」と述べました。(NHK)

▲「横田めぐみさんは生きている。」の記事で衝撃を与えた「タマちゃんの暇つぶし」さんの尊敬する飯山一郎先生★ 金王朝の “深い謎” ★「横田めぐみさんと金正恩」という本を出版されています。
私もまだ読んではいませんが、下記の様な内容である。



「・7年以上も前から「三代目は金正恩」と言い続けてきた、日韓中の三賢人が解く「金王朝の正体」!
・マスメディアでは絶対伝えられない「北朝鮮の虚実」と、その立証!

◎本書を読むにあたり、大切なこと!
東アジア(中国・韓国・北朝鮮・日本)に関してピカイチの情報網を有すると伝説的に有名な著者の、初めての出版。
以前よりペーパーレスを標榜してきた環境原理主義者であり、ブログの大王と尊崇されてきた著者が、自らの禁を破ってまで表明せざるをえない「事象」の数々は、歴史的に重いものとなろう。
本書の「事象」への驚きを味わう前に、エサのように与えられている情報という「常識」でしか判断してこなかった、この現実に哀しみと恐怖を持っていただければ、本書は数倍、数十倍の糧となる。

◎本書の中の「事象」の一端
・横田めぐみさんは今も生きている!
・誰も言えない「めぐみさんと金正恩」の関係
・キーマン呉克烈という老軍人に注目!
・金正恩は筋金入りの軍人であり、諜報のプロだ
・金正恩が握る超小型爆弾の性能を探る
・済州島から丸見えの北朝鮮であった
・タングステンとウランで大儲けする北朝鮮
・金正恩は胡錦濤とサシで朝食を摂る間柄
・大韓航空機爆破工作の準備期間の出来事
・平壌で活躍する在朝日本人と移住イスラエル人の行方
・胡錦濤も温家宝も習近平も、金正恩のために働く 」 (以上。)




         megumi8 (1)
キム・ヘギョンと祖父母とめぐみさん   口の小さいところと目鼻が似ていますね~~


此のたびの安倍総理の唐突ともいえる衝撃の発表は実は、12年の金正日の料理人藤本氏の金正恩からの招待での訪朝、13年の飯島勳内閣参与の謎の黒い鞄を持参しての極秘訪朝、モンゴルでの横田早紀江さんの孫との面会が一連の伏線となっているものと思う。
其処で、拉致被害者の象徴的存在の「めぐみさん」の生存が確認された節がある。「特別調査委員会」が設置されたことで一部とはいえ制裁の解除をしたことは交渉に相当な手ごたえを感じているのであろう。日経新聞が生存者リストを政府に示したと報道したが、(菅官房長官は完全否定)まんざら真っ赤な嘘とは言いにくいのだ。

「発表がなぜ今か」の謎は消費税アップ、特定秘密保護法、集団的自衛権、都議会・国会での女性蔑視ヤジと続き自民党の支持率が低下したことによる人気回復の巧みな戦略と思わざるを得ないのである。
北朝鮮が言っているように一年以内には一定の成果が期待できるのである。中国との冷えた関係、余りにも中国に頼り過ぎた経済を日本に求める為にも、かなりの本気度が窺われるからである。
さて、めぐみさんであるが、飯山一郎先生の言う『金正日に寵愛され金正恩の母親』であり、秘密警察の国家安全保衛部の重要ポストに附いているとすれば、帰国させたくても無理な問題だと思う。しかし、それでは安倍政権も納得いかないであろう。金正恩第一書記と安倍総理との外交能力の差が問われる正念場である。
この種の問題は大手メディアでも真実は掴むことが出来ない国家秘密であり「めぐみさんの生存、帰国」は誰も予想が出来ないと言うのが今の、現状だと思う。
めぐみさんはじめ全ての拉致被害者と特定失踪者を含めた860人の行方不明者の全容解明が期待と不安を持って注目しています。
            

続きを読む

関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      780位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      230位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳3ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - 1 2 3 4 56
      7 8 9 10 11 1213
      14 15 16 17 18 1920
      21 22 23 24 25 2627
      28 29 30 31 - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア