N郎♪ LIVE at 秋田犬 2013 vol.1

秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』



私の愛してやまないN郎♪音汰。 さんとN郎ブログを紹介させて頂きます!

20130817-1.jpg この優しい顔から、このような情熱的な声が出るものかと思いますが,ライブハウス秋田犬は、オーナーで作曲家の馬場孝幸さんが犬好きだからつけた名前で、出身は青森県だそうです。

馬場孝幸さんはWikipedia に載っているような、著名な作曲家でまたシンガーソングライターでもあります。

伸びのある声は福島英先生(声の専門家として著名な方です)のもとで声の基礎を学び、研究を重ねながら努力してきた結果なのです。

厳寒の地、東北生まれの忍耐と青森の美味しい米で粘りのある声が養われたのかと想像しています。

シンガー・ソング・ライターとして,愛を高らかに歌い上げ万人にメッセージを発信され続ける、とても優しい歌手であります。また「はだしのゲン」の問題でも署名活動をされて、脱原発を訴える反戦派の平和運動家の顔を持つところに深く感動致します。

私は演歌の方ですが、歌は全てが“心”だと思うので耳から入ってくる感情が響く事が音楽の原点と思っています。
まさにN郎さんの感情が直に“心”に伝わってくる感動の名曲です。!
まずは私の下手な講釈を聞くより、是非一曲聞いてみて下さい。
必ず、満足されることと信じます。”ではどうぞ”






関連記事

東電の嘘と大和の行方

「嘘八百」

”嘘よりは八町多い江戸の町”

政治と盗電嘘ばかり  国の借金千兆円

「アラブの春」も  往来、激し

暫くぶりです   ムバラクさん

麻生(あさき)夢見し大和の国は猛暑が続き

集団就活、自衛に変わり、やがて秋られ冬が来る

「はだしのゲン」世論の勝利で満願の笑!

政治の世論調査は  余論の徴集、嘘ばかり







「恨み節」

昔、北大に納豆博士、半沢教授あり

今、銀行に直樹あり  日ハムには斉藤さん

佑樹を出して直樹に改名 倍返しの恩返し!


荒井兄弟いらぬと言えば 球にはバットに体当たり

打つかと思えばマートン様  貴方の仁義、好かん

応援席の風船が  霧鐘に隣の寺の庭に落つ


「マートン様と新井さん‼今夜打ったら「ゴメンナサ~イ~」ネ^^
関連記事

安平町(あびら)の鶴の湯温泉

 
006_20130819220249169.jpg 008_201308192202539f8.jpg 011_20130819220359f57.jpg 012_20130819220400f1d.jpg
定年後、はじめて出来た友人が脳溢血で倒れた。先日まで元気であったが急なことであった。同年輩の急変ほど辛いものはない。話しても反応はない。無数の管に繋がれ生きている。現代長寿社会の一断面だと思った。
私は、無常に耐えて“今日一日の命”を強く生きようと友人の奇跡を信じ、自分に誓った。


▼今年5月に訪れた時は、まだ工事中で入浴できなかった。先日親戚3人でこの温泉に入るのは10年ぶりくらいだろうか昔の面影は一切消え綺麗にリニューアルされていた。

「含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉 」明治の初めに、鶴が水浴びをして傷を癒していたことから発見された。1902年(明治35年)開湯。安平町及び鶴の湯温泉の主張によれば、北海道では湯の川温泉に次いで2番目に長い歴史を持つとされる。しかし北海道にはそれ以前に開湯した温泉が複数あり、事実と反する。

(しかし、明治と言うからには道内でも相当古い事は間違いないと思う。)

旧早来町により温泉の再開発が計画されたが、町財政の悪化から2006年度以降へ先送りとされ、再開発計画が実質頓挫。早来町と追分町の合併問題の足枷の一部となっていた。 2008年12月環境総合大手の三友グループ(本社神奈川)に売却、温泉営業は継承された。施設を新築した後、2010年8月10日に営業再開したと言う事らしい。(WP)

元は横田さんと言うお方の所有地で個人経営をしていたのだが明治以来の建物でかなり古くなり個人で修理するには経費的に無理となり遂に売りに出したと言うのが事実らしい。

昨今の町営温泉もほとんど町財政の圧迫となり民間業者に運営を委託している現状である。この温泉も安平公営社と観光協会が運営に絡んでいると言う話も聞いたが良く分からなかった。

それにしても池の蓮の花の伸び過ぎには驚いた。温泉の正面から池の表面がよく見えないのである。気温の高さが原因かと聞いてみたが(昨年はもっと暑いのに普通だった、原因は分からない)と言う事でした。全てが異常気象か自然の変化かと思い愕然とした。

h00339_01.jpg history02.jpg lyrs=m@228000000hl=jasrc=apiv2x=7323y=3017z=13s=Ga.png kashiwa_1.jpg 

温泉はかすかに硫黄の臭いがし、やや熱く長湯は出来なかった。隣町の追分には「ふるさと健康の湯)もあり、宿泊施設もあるそうだ。野球場もある。しかし庁舎は早来にある。遠浅にはチーズの発祥と言われる雪印工場があり、
当時日高・胆振地方に配電したり電気器具を販売していた珍しい軟石造りの勇払電灯会社の建物も保存されていた。林業、牧畜で栄えた町と言う。
しかし、昨今の不況で商店街は「過疎の町」とありがたくない冠をいただいたそうだ。地方はどこも疲弊していることの証左でもあるだろう。
郵政改革で廃止の危機を免れたのも雪だるまの全国発送で有名になったお陰で「ゆきだるま郵便局」として残存しているのがせめてもの幸いである。




池の左端にはアヒルが2羽と恋の餌やり場があり見事に肥えた緋鯉や眞鯉が沢山泳いでいたのは壮観であった。
遠くに見える鶴の姿は造形物です。
この採りたての鯉をレストランで刺身や汁物にするので新鮮で味も格別である。
メニューは鯉あらい●川魚●山菜料理●ジンギスカンである。
入湯料は500円、ただしシャンプーが無く50円であったのが難点である。一泊2食で6000~8000も普通の料金であろう。

夏祭りの花火
関連記事

藤圭子さん(62)、自殺か?

003_2013082220332649b.jpg 今夜の月も泣いているようです(涙)



今日は阪神も雨で中止なので月見に一杯を楽しんでいたのだが、衝撃的なニュースが飛び込んできたのでどうしても黙っていられなくなりました。

藤圭子さんが自殺したと言うのだ。とても信じられない事である。

思えば私も子供が出来た頃、安保闘争などで騒然としていた時代に、岸内閣の(安保反対)で連日学生と一緒に旗を振り社会改革に燃えていた時代である。
しかし、結局(安保改定成立」で闘争は敗退した。やるせない気持ちを居酒屋に求め政治を語っている時に流れていたのがこの「圭子の夢は夜ひらく」であった。ドスの効いた声で暗い人生を詠い上げる彼女に若者たちは酔いしれたのである。

《十五、十六、十七と 私の人生暗かった》~この歌詞がこの時代の青春を送っていた時代と重なり二度目の敗戦記念日と成った感じと受け止められたのであった。多くの男性は涙ながらに聞いたものでした。

藤圭子さんは昭和44年に「新宿の女」で鮮烈なデビューを果たした。キャッチフレーズは「演歌の星を背負った宿命の少女」。《夜が冷たい新宿の女》と薄幸の女を表現し、過去を引きずった女性というイメージで世に出た。

 《十五、十六、十七と 私の人生暗かった》。翌年発表した「圭子の夢は夜ひらく」は、鬱屈した心情を吐き出すような歌声で爆発的なヒットとなった。

作詞家の石坂まさをさんは母子家庭に育ち少年時代は寂しがりやであった。職業を転々とするうちに作詞家を志すが、女手一つで育ててくれた母、千江への思慕は深く、初期のペンネームである「沢ノ井千江児」も、母の名を由来としているのは、知る人ぞ知る処である。その一方で少年期から病弱であり、肺結核を患ったり、糖尿病が原因の網膜剥離による左目失明といった苦難にあう。それでも秋吉恵美のアルバム「心歌」のプロデュースなど、人生をテーマとした作詞活動に情熱を注いだ。藤圭子さんが東北から北海道に渡り父親と一緒に「門付け」と言い他人の家の前で歌を歌いお金を受け取ると言う子供には耐えられない厳しい生活をしていたのである。


この様な二人の境遇が生んだ作詞なのである。

私生活でも波瀾(はらん)万丈だった。46年に歌手の前川清さんと結婚するも、翌年離婚。その後、芸能界を一時引退したが、突然復帰…。不安定な時期を経て、56年に音楽プロデューサーの宇多田照実さんと再婚する。

この結婚が必ずしも幸せではなかったようだ。しかし結婚しなければ子供の宇多田ヒカルさんと言う天才歌手の誕生もなかった事を考えると男女の宿命的悲劇を恨まざるを得ません。泣)
 


 浮き沈みの激しい歌手人生に寄り添い、育て上げたのは作詞家の石坂まさをさんだった。「新宿の女」「圭子の夢-」を手掛け、藤さんのイメージをつくった。その石坂さんは今年3月、71歳で死去。23日にはその「偲(しの)ぶ会」が開かれる予定だった。まさに二人は(恨歌)の達人だったと思いました。

悲劇の生まれから悲劇に終わった彼女の哀しい運命に人生の幸せとは一体何なのだろうかと心痛の至りです。
謹んで美人薄命であった”藤圭子”さんの魂に合掌致すものです。

続きを読む

関連記事

今日は満月




午後6・00ころの茜ぞら




 昨夜は泣いていたお月さんも今夜は阪神リードの報に 
にっこり笑って勝利を讃えているようだ。! 
他力本願ではないが巨人もヤクルトにリードを許しています。

午後8時27分。 


追記
巨人が3-6でヤクルトに負け、阪神が横浜に9-3で勝ったので、再び巨人のマジックは消滅した。
関連記事

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

荒野鷹虎

Author:荒野鷹虎
何時までも心は若者でありたい!。
(男性)道産子、AB型

熱烈な阪神ファン。
囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

フリーエリア

☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!   ☆後ほど訪問致します☆

最近のコメント

コメントありがとうございます!

リンク

RSSリンクの表示

カレンダー

2017年babaさんのカレンダー

月別アーカイブ

&freearea

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

リアル市況

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

フリーエリア

応援よろしくネ~!!
日記・雑談(その他) ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ