今年は大変お世話になり感謝いたします。!

今年は病に明け暮れた年でしたが、入院中も皆様方の暖かい励ましとご支援を頂き無事年を越す事が出来ました。深くお礼を申し上げ致します。
来年も今年以上のご愛顧のほど心よりお願いいたしご挨拶と致します。
本当に有難うございました。
皆様方の益々のお幸せとご健康をお祈り申し上げ致します。


(蛇足)
私は「断捨離」と言う言葉が流行る前から5年毎に財産?を捨てる事をモットーとしてきました。それは、最初に小説に接した武者小路実篤の幸福論が理由です。「物に執着するものは幸せになれない、特にお金は貯金を好まない。使う事を好むのです」と言う文言です。元々文無しだから実行に移されたのかもしれません。笑)
年賀状書きに今日まで手こずったのも去年の賀状を捨ててしまったからなのです。汗)これは「断捨離」とは言いませんですよね^^。ただの軽率さですよね^^。さて日本国の借金は1千兆円とも言われますが、日本人の貯金もそれ以上の金額と聞きます。このお金を世の中に回せばデフレも一気に解決するかに言うお方もいますが、主に貯金の主である高齢者は将来に不安を持っているから使わないのです。安倍内閣はデフレ脱却対策でインフレ目標まで設定しようとしています。早く貯金を使ってくださいといわんばかりです。
しかし、武者小路さんも「無駄なお金を使いなさい」とは言っていないのです。

ところで人にはそれぞれケチな性質があるといわれます。水を倹約する人、電気を節約する人、食物に質素な人と人の色彩も色々です。
私は「健康貧乏」なのか身体は頑丈でもないのに酒だけは吟醸なのです。高級酒ほど糖質が高く糖尿病に成りました。これが全ての原因ではありませんが健康にケチだったと反省しています。
食物は粗食が一番健康に良いといわれますが、決してケチではないのですね^^・

明日の年越しは主夫の家で男やもめが3人集まり得意のちゃんこ鍋を肴に「最後の晩餐」を取り仕切るもので
拙ブログも「お粗末ながらこれま~で」と下手な虎蔵節で閉めさせていただきます。
誠に長い間御付き合い頂きました事を感謝申し上げ致します。!           
関連記事
             

松井秀喜選手引退宣言




「今年を振り返る」で終りとしようと思ったのですがゴジラこと「松井秀喜」の引退を知り、寅吉の私としても、どうしても沈黙を保つわけにはいかず一言「ご苦労さん」を言いたくなりました。
思えばフエアプレーをモットーとする高校野球でのあの、5連続敬遠です。投げればホームランで各チームの投手も監督も仕方ない選択でしたが、社会問題と成りました。高校野球に於いて「勝つこと」が野球の使命なのか「正々堂々と戦う」事が大事なのかと言うわけです。
私は野球は「勝つことが大事」という事に賛成でした。それは単純です。勝負事は「勝ち負け」だからです。松井選手も「チームの勝ちになるなら・・」と悪びれずに語っています。

大リーグ(ヤンキース)に行ってからはホームランこそ余り打てませんでしたが、手首骨折と言う苦難を乗り切ってワールドシリーズで見事MVP選手に選ばれた事は今でも深く印象に残っています。名選手でも怪我を克服してここまで来る人は余りいません。誠に天晴れそのもでした。
思えば挫折と栄光の人といえば、阪神の金本選手がいます。彼はボロボロになるまで選手生活を送りましたが、その野球への執念は称えられました。しかしゴジラは日本球界では未だやれるのではとオフアーが在ったにもかかわらず「10年前の栄光はもう見せる事には自信がない」と引退を決意したわけです。それ程心身ともに限界に来ていたのです。

過去の名選手は栄光に傷が付かないうちに引退をしたものですが、この両人は肉体の限界にまで挑戦し続けたのです。未だ38歳と言えば今の野球界では若い方です。しかしこれ以上悩む事はないと思います。球界の指導者としての新しい生き方があります。

今日は28日に成りお役所は仕事納めでしょうが中小企業ではまだまだ身を粉にして働いています。このニュースを聞いてそれぞれの思いはあるでしょうが先ずは「へこたれずに」頑張りましょう!「何時かは楽になる事を信じて」と痛感した次第です。!           
関連記事
             

今年を振り返って

未だ年賀状を書いていない。毎年25日までに間に合った事はない。定年後少しづつ枚数を減らしてきたが、「出せばこない、出さねば来る」と言う悪循環である。この歳になれば賀状は互いに生存の確認のようなものである。それで良いと思う。また新年3日頃に来る賀状は印象的で寧ろ嬉しく思えることもある。
今年は私的には糖尿病、肩腱板断裂手術、歯科治療、頭痛、眼痛と病院廻りばかりで、好きな温泉巡りとはいかなっかったのが残念である。
又開幕した時は「トラ・トラ・トラ」の勢いであったが終わってみたら、決定的な敗戦軍に成り、又選挙は自民の圧勝とまるで日米戦争を思わせる惨劇であった。まさにわが人生斜陽の季節であった。


惨敗で熱気のない中で、次期民主党代表に海江田万里元経産相が選出された。就任の挨拶で「民主党の立て直しのために粉骨砕身、努力する」と語った。一応野党第一党として自民党の独裁を許さないためにも、頑張るしかないのである。未来との協力か或いは、維新との選挙協力かを模索してでも参議院選挙に立ち向かって欲しい。




日本ハムに入団した大谷祥平君が熱烈な歓迎の中、今日札幌ドームでユニフオーム姿で栗山監督と投打の披露をした。果たして初の「二刀流」が成功するかどうかが注目される。ダルビッシュの背番号11を貰い、投手兼4番が実現するかもと道内フアンは期待に胸を膨らます。しかし、肩と股関節に欠陥があると噂される中、焦らず大事に育てる事が求められる。




6年振りで日本球界に復帰した福留選手がDeNAとの激しい獲得合戦の末阪神に入団が決まった。3年契約6億円と言う金額が決め手になった。これで元大リーグが西岡とあわせて二人となった。高校ビッグの藤浪投手と今年の阪神は補強に成果を上げた感じである。しかし、球児が抜けた抑え投手の育成が心配である。又、城島の引退した捕手の養成が急がれる。
兎に角今年の戦力よりは上がった事は間違いないようである。           
関連記事
             

suny lakeさんのメリークリスマス♪

今日は天皇陛下の79歳の誕生日であり、被災地への優しい思いやりのお言葉を聞き感激いたしました。益々のご健康を心よりお祈りいたします。!

 明日は楽しいクリスマスイヴですが子供のように待ちきれず一日早いクリスマスと致します。笑)雪が降らない本州の人には羨ましく思われる北海道のホワイトクリスマスです。そこで2008年にアメブロに引越しされましたがFC2時代多くのフアンで人気があったsunnylakeさんがFC2で詩を書かれていたsunnylakeのポエムランド さんの優しく、可愛らしい歌声を紹介したいと思います。2児の母、大阪在住の円熟のアラフオーさんです。音楽と歌の好きなアマチュア作詞家で詩集「エーデルワイスから、あなたへ」(山本純子)を出版した詩人でもあるのです。

プロ歌手にはない素朴で清純な粉雪のようなカラオケを聴きながら、ケーキとワインで楽しい聖夜を送ってください!



          
関連記事
             

韓国大統領に朴槿恵候補


保守系朴氏は、韓国初の女性大統領となる。22歳のとき両親を銃弾で失い6年前の野党党首の時には自ら右頬に深い裂傷を負い政治家への天命を知ったようである。

思えば戦後、北海道もソ連に占領されるのではと恐怖におののいた。その可能性はゼロではなかったのである。朝鮮は不幸にも北と南に分割され親兄弟も別れ別れになった。おまけに1950年朝鮮動乱で国民同士が殺し合い激しい憎しみをもたらした。

戦勝国の領土の奪い合いの結果は両国の計り知れない悲しみである。しかし中・露と国境を接している北朝鮮は米国との緩衝地帯ともなっているのは皮肉な運命であると思う。
統一すれば米軍と身近に接する中国に取り脅威と成り歓迎できない経緯がある。北との融和政策が中々進まない一つの原因と思えて仕方がない。

朴槿恵氏も対決路線と、融和路線の中間を行くと言明している。北朝鮮が先に、打ち上げた弾道ミサイルの成功にも一部韓国内で「同じ民族が頭脳のよさを見せた」と偽らざる心情を吐露している。
世界各地の紛争には必ず、米・中・露の大国が絡み他国の民族の悲劇をもたらしています。

日韓も竹島問題で厳しい関係にある。安倍総裁は2月22日を「竹島の日」として政府主催の式典にすると言明していたが見送る事とした。公約違反とも言えるが当然であると思う。日中韓は東アジアの大事な同胞である。
朴槿恵氏も安倍総裁も強い愛国者と聞く、領土問題は簡単には解決しないであろうが政治と、経済、文化を別に考え、米国には遠慮する事無く独自路線で両国の国民交流に全力で努力してほしいものと思った次第!


          
関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      169位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      40位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - - 12
      3 4 5 6 7 89
      10 11 12 13 14 1516
      17 18 19 20 21 2223
      24 25 26 27 28 2930
      31 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア