FC2ブログ

週刊誌の暴露報道

6月台風は近畿、東海、首都圏を襲い、多くの被害をもたらし北東へ進んだ。今のところ、北海道は無事であるが
震災地東北では避難勧告があり、お見舞い申し上げます。




先日交流戦で優勝して祝事に沸いていたのもつかの間、 21日発売の週刊文春が「原監督が元暴力団員に1億円払っていた」と見出しで、プロ野球巨人の原辰徳監督(53)が女性問題に絡み、反社会的勢力に利益供与をしたと報じることが20日、分かった。巨人は20日に東京都内で記者会見し、記事は事実と異なり、同監督と球団の名誉を毀損する記事とみられるとして、損害賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。

 巨人によると、1988年ごろの女性問題で原監督が2006年、2人組の男に1億円を要求され、支払いに応じた。しかし、相手が反社会的勢力であるとの認識は同監督にはなく、そのような勢力と交際したこともないとした。(スポニチ)


▼ 男女の不倫報道は珍しいことではないが、クリーンなイメージが売りの原監督の不倫報道には球界にも激震が走った。しかも、あっさり「私の不徳の至りで、妻や野球フアンに申し訳ありません。しかし、反社会的勢力とは知らなかった。」と事実を認めるコメントを発表した。

しかし、「清武さんへ」とのコメントで、「何故今頃暴露するのか、あなたしかいないでしょう。・・・」
自己の不祥事なのに他者に、すりかえるがごときコメントは男らしくなく潔くないと思う。
過去にも、巨人での不祥事で現日ハムの二岡もトレードされた経緯がある。寧ろいままで何故本人も、巨人も、隠蔽していたかが問われる問題だと思う。
相手は問題タレントのモナさんだと言う。ま~それはさておき、「週刊誌は大衆の興味に、沿い、権力より反権力、強者より弱者、正義より興味」だとある元週刊誌編集長の言葉が尤もらしく思われる。
リスクも多いだろうが、真実に肉薄する週刊誌も必要な存在でもある。「火の無いところに煙は立たず」である。
要は、話題にならぬように日頃の自己管理に徹底するしかないのだと思う。

蛇足。西武の涌井は女性問題報道でいち早く登録抹消をしている。
            

続きを読む

関連記事
             

諸行無常

バブルの好景気を体験して「これで俺も生活は万全だ・・・」と確信した。長い借金生活からやっと脱することが出来たのである。少し、有頂天になった。大阪で覚えた株の世界にのめりこみ、汗水流して蓄えたなけなしの貯金を投資した。欲が欲を生み、結果はゼロに近い「身代ポロ」になってしまった。馬鹿と自戒しても始まらない。

 残ったのは、後悔と、病気だけである。金という化け物はその人に与えられた運のようなもので、風の前の塵に同じだと思う。

 先日、胃腸の具合が悪いので、内視鏡検査を受けた。胃カメラは鼻からのカメラで、口からの検査より数倍楽であった。全ての病院がこの検査方法を取り入れたら、胃がん検査を嫌がる人も大幅に減るし、胃がんも少なくなると思った。大腸は相変わらずの検査法で辛かったが、ビーだまのようなカメラを飲み込んでする方法もあるという。早く普及して欲しいものと痛感した。

 結果は、お陰で、悪性のポリープではなく、胃で来年、腸は2年後でよいということであった。ほっとした。
肝臓が悪いときは酒が飲めず人生終りかと思ったが、そのうちに、自律神経失調症というわけの分からない病になったときは、これほど辛い病気はないと思った。
人間は、より辛い病になると、前の、病を忘れるものと思う。
 このたび、糖尿病になったときも、終わったと思った。しかし、一番怖いのは、やはり癌である。胃腸カメラの検査結果が分るまでは、法廷の被告人と同じ心境になるものだ。人間取り越苦労しても、苦痛だけで先を必要以上に考えず、前の楽しみを追うことが一番良いと思う。
人生は運命に逆らわず流れに任すよりないものだと痛感した次第。


☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ           
関連記事
             

交流戦。8年ぶりにセリーグ、優勝!


長く人気のセ。実力のパ。といわれてきて交流戦では、パの7連覇と為っていたが、強力打線でついに巨人がセ・リーグに覇権を持ち込んだ。立派なことである。今年の巨人は、横浜から村田、ソフトバンクから杉内、ホールトンと大型補強をし、序盤戦では負け越していたが交流戦に入ってから、遺憾なくこのメンバー達が働き、ロッテ。日ハムを追い払っての優勝を飾った。2006年の原監督就任後、交流戦で勝ち越したシーズンはリーグ制覇を果たしているが、序盤戦で7つの負け越しに成り、この年は優勝は無いとも言われていた。また金環食の年は巨人が優勝するとも言われ、果たして統計学はどちらに実証を与えるか興味津々と言うところである。巨人にとって、22日に再開されるリーグ戦に弾みのつく初タイトルとなりそうで原監督は「さらに上を目指して戦いたい」と喜びも控えめ。主将の阿部も「これが目標ではない」と気を緩めない。

 喜んでばかりもいられないのが阪神の不調である。借金生活の4位とは情けない。原因は打線の不調である。特に目立つのが、昨年まで最多安打の、マートンの絶不調にある。元々彼は今年は米国に帰り名門ジョージア工科大の単位不足を補い学問の方面に向かう希望があった。それに、足を痛めたのも一因であるが、先日「俺は能見が嫌いなのだ・・」という爆弾発言が報道され、チーム内の不和が噂されている。敬虔なクリスチャンには似合わない発言で真偽の程は不明である。
抑えの、藤川も体調が悪く、最近では福原に変っている。まさか、もう優勝を諦めたわけではないと思うが、東西の横綱といわれる阪神が弱いと野球の面白さも半減するので、後半戦での、猛反撃を期待するものである。           
関連記事
             

日本の行方(私論)

愈々、増税法案が一人歩きの成立の動きである。民・自・公の民意無き思惑の妥協の結末である。そこで、私なりの、世界と日本の将来を分析してみようと思う。

個人情報は書きたくないのであるが、この方の父親は自衛官でして、脳梗塞で倒れ、首相夫人の献身的介護で哀れな生活をしています。苦労して政治家に成りまさかの、総理の座を獲得貧乏から脱出した感があり、妻への感謝もあり、今の座を失なわたくない現状である。自民と協力していれば次期選挙で仮に、自・公が第一党になっても、彼の入閣は保障されると踏んでいるのだ。いわば、自己保身の嫌いがるのである。権力が人を変えた典型である。
民主の理念をこれだけ破壊してまで自党の統一より、自公に、歩み寄る一因である。野田グループを率いて自公と連立を組む可能性が高い。
家庭の事情を情状酌量しても尚、許せない裏切り者と思う。もはや、民主政権交代時とは完全に乖離した哀れな
利己主義者に成り下がった感が強い。

1955年(昭和30年)に自由党と日本民主党が保守合同して成立した。第二次世界大戦終戦直後に結成された日本自由党と日本進歩党と日本協同党の流れを汲み、戦前の二大政党である立憲政友会と立憲民政党の流れを汲んでいる。それ以来半世紀以上も権力の頂点にすわり続け官・財 と思うように 事を運んで きた のに2009年の選挙で野党に追いやられ政治資金にまで苦労する羽目に陥った。ただただ、権力の座を奪いたいだけの「我慾集団」 に成り下がっている。野田はそのための「絶好の鴨」と見てなりふりかまわぬ妥協をしたのだと思う。遠くに、政権復帰を見定めているだけなのだ。実際問題、次期選挙では、単独過半数を取れる政党はいない。そのため連立相手をいまから定めておかないと手遅れになる恐れがあるのである。 国民不在の姿勢は民主、野田政権となんら変りが無いのである。

200px-Shintaro_Ishihara,_2006-Sep-1_Rev 選挙では圧倒的人気を誇る「首相にふさわしい人」の上位に位置する人物ではある。しかし新東京銀行では多額の税金の無駄遣いをしながら、なんら反省も無く、築地移転をも反対意見を押し切り断行、何かと専横振りが目立つ。「NO!といえる日本」とか、横田基地の払い下げの要求、尖閣列島の買占めやら「反中国」的意見を爆弾発言している様だが憲法九条改悪を目論む、日米同盟賛同者にも見え、不透明である。カジノ創設、オリンピック誘致も都民、国民の支持少ない。なにせ、既に歳である。個人的信条においても、芥川賞受賞の石原本人の著作には18歳未満の児童に対する強姦・輪姦を扱った「太陽の季節」は登場人物が強姦・不純異性交遊等を行う反社会的内容から映画を見た青少年への影響が取りざたされ、映画倫理委員会 が作られる契機となった。実際に真似られた事件が発生した経緯がある。現在も知事が小説家として勤務も、週2とか言われることは作品を書くことに重きを成し知事としてふさわしくないとも思う。子供思いも行き過ぎて親ばかの「一族主義者」と思われ、息子を次期知事にさせたい思いも伺われる。しかし、一定の成果が有った事は認められる。


「大阪維新の会」で爆発的熱狂を生み、いまや、
マスコミの持ち上げにも救われ「首相にふさわしい人」の一人にまでなった。しかし、この度の原発再稼動容認で可なり化けの皮がはげ、持ち上げられ、「焼きすぎた餅」のように破裂寸前である。教育政策も戦中の国家統制教育を思い出し極めて危険分子でもある。生い立ちは学校での成績は芳しくなく、現役時代には早稲田大学を2学部受験するも、不合格に終わった。卒業後、一年間の浪人生活を経て、晴れて早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。東京の六畳一間、風呂無し、トイレ共同のアパートで、後に妻となる高校の同級生の女性と同棲を始めるという苦労人である。頭脳は優れているようだ。向こう見ずの専横ぶりは一部、ヒットラーにも比喩されている。

 次期大統領選挙では不利な戦いをしているがどちらにしても、日本の強力同盟国には違いは無い。
オバマ当選のときは世界が平和になると欣喜雀躍したが、その後、世界の経済も悪化してアルカイダ指導者の暗殺でテロの恐怖を減少させたことぐらいしか成果はない。初の黒人大統領として人権問題が大きく良化すると思いきや、まるで正反対かと思われる最悪の状態である。グローバル政策で世界のリーダーを回復しようとしたがむしろ逆流している。小澤氏は反米主義者と思われており、共和党からも警戒され、政界から消されようとするであろう。中・露がまた、接近しだして以前の「冷戦」状態が続き、北朝鮮はその緩衝地帯とされ南北朝鮮の合併はありえないと思う。北朝鮮への爆撃も無いであろう。問題はイラン問題だと思う。ユダヤ資本でまかなわれる米国はイスラエルの強行突破を抑えることに腐心する事であろう。今後日本も、保守反動政権の誕生で、自衛隊の国軍化により戦争に巻きもまれる恐れが十分考えられる。

 ▲こうして見ると、いまの政治屋さんの中には国民の幸福を考えるというより、「利欲主義」が「初めにありき」
で国を任せる人物は見当たらない無いのが現状である。首筋が寒く極めて寂しい限りなのだ。他国のような革命が求められない国柄なので、大政党以外の第三極に投票すればよいのではと思いがちだが、そのような政党も見当たらないのも正直な感想である。さすれば有権者の中から「市民活動家」が沢山生まれ「日本の春」の再現しかないのだろうか!?可成り理想論に近い感じで結局現状を我慢容認すれば益々、世の中は混迷するだけだと思う。
投票拒否も一法だと思う。また「国民投票法」を利用して過半数を獲得し、選挙制度を変え、国士以外は当選できない仕組みを作ることしかない。いまこそ、有権者の意識を高め美しい日本国の再興を念願する次第です。!
取り留めの無い意見誠にご容赦願う次第。!

☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ

          
関連記事
             

野田さんよ!不退転を実行して御戯れ

 国民の期待を裏切って希代の笑われ者になった総理よ。!「坂本ローマは一日にして成らず」を知っとるか?
ノロマ佳彦は「ピザの斜塔」の如し。
故新藤兼人監督は殴られ続け「帝国軍隊はアメリカが敵か、吾が軍隊が敵か分からない」と言っている様に、身内の敵さえ抑えられずに、勝てるわけが無い。増税法案について「やること(無駄を排す)をやってからでないと国民の理解は得られない」という嫌われ者の小澤さんの意見のほうが、民主の正論である。
山積の懸案事項を何一つ決められず、なんで、消費税に命を賭けるのか?「修正協議」と言う名の自民の意見の丸呑みは、まるで自民の派遣社員に似ているじゃないか・いまからでも遅くは無い。行政の無駄に命を掛けなはれ。!

 この方以前は旧政権の防衛補佐官じゃないですか?!選ぶほうも、選ばれるほうも手前勝手な気がして成りません。一見人気取りに見え占めたと思った野田さんだが、与野党からの批判もありかえって足かせと成りそうだ。
衛大卒業後、航空自衛隊に入隊。外務省に出向し、情報調査局安全保障政策室長などを歴任後、研究者の道へ進んだ。この経歴から見ても、保守反動主義者で、集団自衛権賛成、原発推進派の一人なのである。

 サリン事件で特別手配の菊池直子だが、なるほどこれじゃ似ても似付かないわいな~。
捜査関係者は、絶好の弁解になって喜んでいるだろうが、そもそも初動捜査で「宗教団体の捜査は慎重に・・」と言うことが事の始まりなのだ。また、宗教団体と認可した当局にも落ち度があるのだ。
少なくともカルト集団と本来の宗教とは分けて考えるべきだった。
破防法を改正したが時代遅れである。世の危険と判断したら遠慮なく強制捜査に踏み切るように新法を策定したら如何だろうか!?何に遠慮しているのか不思議で仕方が無い。

☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ           
関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      693位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      191位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの3代目看板愛犬♂1歳2ケ月ルカ&ふぁみりーのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      弱者のネット活用術

      流れのままに

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - - - 1 23
      4 5 6 7 8 910
      11 12 13 14 15 1617
      18 19 20 21 22 2324
      25 26 27 28 29 30 -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア