スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                        

人生の不可思議



伊東海岸に遊ぶ安吾夫妻と西堀幼稚園
 「みんな、卑しい欲張りばかり。井伏さんは悪人です」太宰が山崎富栄と入水自殺する前に残した遺書である。
芥川賞落選のショックから脱していない中、薬物中毒に悩ませれていたころ師匠の井伏から「頼むから入院してくれ」と入った病院が脳病院で、「私の額に廃人の刻印が打たれたのです。人間、失格。もはや、自分は完全に人間で無くなりました」と最後の長編小説「人間失格」で述べている。いわば、師匠との信頼関係が失われた一因がこのような謎の遺書となったのだと思う。

又、同じ「新戯作派」(しんげさくは)と言われた坂口安吾も、「堕ちる道を堕ちきって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは、上皮のだけの愚にもつかないものである」とこれまた、既成の社会を断じている。

 私事で恐縮であるが、吾が闘病の始まりは、ある病院で簡単な「胆石症」を担当医師が見落とし黄疸になり緊急大手術をしたことからである。石でなく胆泥であったので「エコー検査に写らなかった」というのである。
後から聞くと、MRI検査をすれば直ぐ分かると言うことだ。そうであれば、内視鏡で手術をして後の経過も良かったのである。
その後、通院している内に、一度の検査で「貴女は血圧(160)が高いので血圧降下剤」をといわれ配合された。
その夜から、体が氷の様に冷たくなり心臓が苦しくなり、医者に直訴、漢方薬を何度か配合されたが、悪化の一途で、ある日、救急車で循環器病院に運ばれ直ぐ入院。「循環不全」と言う病名で所謂、「自律神経失調症」で苦しみ、現在も、極端な「冷性」で悩まされている。普通は、血圧の判定は長い期間計測してから判断して投薬することが常識である。それなのにたった、一度の検査で投薬されたことで、医師への不信感が沸き服用するか、のまざるか随分悩んだのである。その後強い苦悩が続くことになった。勿論自分の浅はかさも反省している。

いまは、「血糖降下剤」の副作用で苦しんでいる。どの薬も副作用はあるらしいが特にこの二つの薬は特別あらゆる悪さをする薬だと思う。患者は医師を信頼して従うのであるが、互いに良く話し合って信頼関係を築き両者が対等の立場で語り合うことが絶対必要だということが痛感された。「上意下達」で鵜呑みにするだけが善しともしない物であることも分かった次第。くれぐれも、命令と従属は危険だという事だ。

政治も混迷を深めているが政権、官僚の言うことが全部正しいわけではなく、時に冷静に中身を吟味することが如何に、大切かが良く分かる。
スポンサーサイト
            

続きを読む

関連記事
             

とねっこの湯(門別温泉)

画像 152 (1)access_2.gif 画像 151 画像 153


 何時も肩が痛い、痛いと泣き叫んでいるので、甥っ子2が温泉に連れて行ってくれた。この温泉は筋肉痛、関節痛には格別の効能があるらしい。
 昨年も、丁度今頃同じ理由で来た事がある。昨年と違うのは桜が見ごろであったことだ。気温が低い分未だ散っていないのでしょう。桜好きの思わぬお土産でした。


 sakura


画像 154 (1)



画像 310 


 平成の合併で各地で地名になかされる。ここは旧日高門別だったのだが北側の日高町と合併して出来た地名です。地名は過去と現代をつなぐ人の名前にも当たる大事なものだと思う。地図を見ても、昔の面影が思い出されない。頭が混乱してしまう。
湯量がたっぷりしているのも特徴で、肩の力が抜ける思いがする。
月替り湯はさくら湯でした。紅葉、緑茶等と変っていくらしい。平日は、どこへ行っても閑散としている。

帰り際、どこからか送迎バスで数人が降りた。老人施設からの客らしい。やはり温泉は我が家の風呂とは違い身体の芯まで温まる。「いい湯だった」甥っ子2の思いやりで、心の芯まで温まった。有難う!           
関連記事
             

将棋界の話題

 森内俊之名人(41)に羽生善治王位・棋聖(41)が挑戦する第70期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第4局が22日、静岡市葵区の浮月楼で始まった。ここまで名人の2勝1敗。名人が勝って防衛まであと1勝とするか、挑戦者が勝ってタイに戻すか、注目される。対局室のある明輝館(めいきかん)は木造二階建てで、1951年に建てられた。元々は、江戸幕府の最後の将軍、徳川慶喜が、明治2(1869)年から約20年を過ごした館のあったところだ。慶喜は大政奉還後、江戸を離れて徳川家ゆかりの駿府(現在の静岡市)に移り住み、写真と鉄砲打ちを趣味として過ごした。(朝日新聞)


この二人は子供のときからのライバルでともに、「永世名人」の資格を持っている。
豪華な取り組みと言える。先手が有利で、この対戦も昨年と同じく最終局までもつれる可能性が高い。羽生二冠は、前回は右手首を痛めていたが今回は包帯が見えないところを見ると絶好調な感じがする。
兎に角負ければ、直ぐ王手を掛けられ、絶対に負けられない大事な勝負である。



第38期女流名人戦で最強の挑戦者、清水6段を退け3連覇を成し遂げた、里見香奈女流名人。高校生でタイトルを獲得した「出雲の鬼」と言われる里見香奈さんもいつの間にか、大人に成り一段と女っぽく成りました。棋界で始めての「棋士」を目指すも流石に厳しく、未だ初段どまりではあるが、いずれは4段に昇格し、「将棋棋士」と為ることであろう。将棋の「女流名人位戦」は、女流棋士の誕生とともにスタートし、30年余りの歴史をもつ、女流将棋界で最も古いタイトルです。また、6大タイトル戦(女流名人位戦、マイナビ女子オープン、女流王位、女流王将、倉敷藤花、女流王座)のひとつでもあり、女流棋界の最高峰とされています。
甲斐智美女流王位に里見香奈女流三冠が挑戦する第23期女流王位戦五番勝負の第3局(西日本新聞)は、5月23日(水)に福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」で行われます。
二連勝の里見女流三冠が3連勝でタイトルを奪取するか、あるいは甲斐女流王位が勝って防衛に望みをつなぐか、注目の第3局です。これに勝つと女流4冠と成ります。

柘植の木  御蔵島特産のツゲで作った将棋の駒に感謝し、島の自然に親しむことを目的として、5月の第2土曜を「ツゲ駒感謝の日」と平成15年に制定、東京都御蔵島村では毎年イベントを催してきました。ツゲは成長を続け、伐採まで約100年かかるといわれます。名人400年に当たる今年、御蔵島の自然が育んだツゲに、人々のつながりを感じ、駒ひとつひとつに世代を超えた魅力を感じてまいりました。将棋の駒では、黄楊の木が最高とされています。又盤は榧(かや)の木が最も優れています。ちなみに私は本物の榧では無く所謂「新榧」(中はボードで表に、本物の榧を貼り付けたもの)です。
それでも数万円はします。駒は黄楊の本物を持ってます。手の感触がよく、気分は名人になった気がします。笑)
ツゲに生えるセッコク蘭。可憐な白い花が咲くそうです。




蛇足

記事が消えてしまいどこを探しても見つからず、もうブログをやめようと思ったとたん、日付けの設定が間違っていたことに気づき、1970年台の記事を開いてみたら、「有ったではないですか。!」感激で、心の臓が止まりそうに成りました。何回繰り返したことだろうか?我ながら、嫌に成りました。それにしても、パソコンが遅くて困ります。インストールとアンインストールを繰り返したことが一因かも・・モチ。古いことが一番かも・・(渇)
            
関連記事
             

金環日食

title.jpg t_TKY201205190477.jpg 024s.jpg 001.jpg               1948年5月9日:金環皆既食
                        礼文島起登臼付近で日本の観測陣による観測

栃煌山との優勝決定戦を制す
                                  
                         


 明日は全国の殆どの地区で金環日食が見られそうだ。私は(1948)小学生のとき初めて日食に出くわした。
ガラスの破片をローソクの煤で曇らせて太陽が欠ける瞬間を眺めた。段々暗くなっていったことを記憶している。
ちょうど田舎の川で魚釣りをしていたときで、鮒や、ウグイが急に釣れ出したことには驚いた。魚が集まってきたのだ。そんな性質があるのだな~と今でも不思議に思っている。

 大相撲は稀勢の里が優勝するものと思っていたら、又、今は帰化しているが、モンゴル出身の旭天鵬が37歳で初優勝を飾った。横綱、大関が成績が悪く、幕内力士同士の決定戦での優勝である。
白鵬が一人横綱の疲れからか、全勝できなくなった。今場所は10勝止まりであった。珍しいことだが、たまには良いであろうと思う。大関6人もいてその中から優勝力士が出ないと言う情けなさである。

 プロ野球も連続観客が減少し、大相撲も、全般はガラガラと言う不人気であった。多少、スポーツ界に人気の変化が見られるようになった。なでしこ人気にさらわれた感がある。これまた時代であり、野球も相撲も、よほど、面白い試合をしなければ回復は面倒だと思った次第。             

続きを読む

関連記事
             

五月の雪は五月雪と言うのだろうか?

北見市 時知らずの雪が降り、桜の花も白い雪に覆われた。最近の天候異変は「五月雪」と洒落てばかりもいられない。先日在ってはならない、行楽バスの居眠り運転による衝突事故があった。「天変地異」は「人心の疲弊」まで呼び起こし尊い命まで奪う。利益優先が生んだ当然の事故である。安心出来る管理、運営を期待する。
広島ホテル火災 こんな悲惨な火災があるものなのか?と耳目を疑わざるを得ない。広島県福山市の「ホテルプリンス」で7人が死亡、3人が重症を負った。裸で飛び降りた人もいたと言う。死亡者の中に親娘の二人ずれもいたと言う。再三にわたり、消防署からの警告を受けていたのに、「お金が掛かるから・・」と防災修理はしていなかった。又消防関係者もその後の再検査を怠り、「忙しくて出来なかった。残念である」と言うコメントを出して認めている。この怠慢は重大な過失と言うよりもはや、殺人事件に等しいと言わざるを得ません。
弁解はもう聞き飽きました。どうか人命尊重の精神を今一度考えて欲しい。
サルコジとオランド フランスでは現職のサルコジさんがは敗れ、新大統領にオランド氏が選ばれた。ところが、オランド新大統領のパートナーのバレルさん(47)は正式な婚姻関係には無いという。いわば、内縁の「フアーストレディー」というわけだ。お国柄とはいえ、日本では、考えられないことである。欧州はカトリックやイスラム教があり早くも、「夫人」として受け入れられるかどうかが心配されている。財政再建、景気回復問題を抱え、多難な船出となった。
沖縄で弁解する元総理 もう忘れられたと思う人が、「普天間の県外移設」を弁解し、返って批判を浴びた鳩山さん。気持は分かるが、どこも受け入れるところは無いのである。
そもそも、前政権が「金と基地」というあめと鞭で沖縄に強引に作った基地である。復帰から40年もたつのに、未だに立派な箱物は残ったが、いずれも赤字で又、お金をつぎ込むという悪循環を繰り返しているのだ。
インフラ整備は本来将来自立できる為に多額のお金を注ぎ込んだのである。「金と基地」政策が返って自立の精神を疎外して今に至っている。

瓦礫の作業
札幌市の上田市長が、瓦礫の受け入れを拒否した。「瓦礫と放射能は違う・・」という理屈である。市民の命を守ってくれるのはありがたいが、市民の意見も賛否両論で割れている。何故か、後ろめたい気持を禁じえないのである。「普天間問題」と同じくどこも、率先して手を挙げる県は無い。情けない。震災直後の、あの「絆」は一体どこへ行ったのであろうか。?!世界から日本人の暖かい「絆」は素晴らしいと絶賛されたのに・・・一層。都道府県が平等に、受け入れを分担するべきと思うのだが。!

脱原発、原発再稼動と、意見が割れているがこの現実を見れば脱原発論が当然と思われます。
原発基地も、「金と基地」で自立の精神を奪われ、漁業まで捨てなければならくなったのである。「金と基地」政策はただ、「人心の疲弊」と「正義の精神の荒廃」を生むだけであり、「五月雨」」と一緒に潔く流されて然りである。           
関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      394位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      112位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの2代目看板愛犬♂12歳ラヴィン&ひろみのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - 1 2 3 4 56
      7 8 9 10 11 1213
      14 15 16 17 18 1920
      21 22 23 24 25 2627
      28 29 30 31 - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。