家庭は諸悪の本

 酒もタバコもやらない模範的な、役場の戸籍係がいた。しめた!帰宅の時間だ。その時みすぼらしい身なりの女が出産届けを持って彼の窓口に現れる。「お願いします」「駄目ですよ。きょうはもう。」「今日でなければ、あたし、困るんです。」彼はその出産届けを窓口の外に押し返す。

その夜半にその女は玉川上水に飛び込む。極めて官僚的な仕事振りを描いて、その背景には家庭の小さな幸福を、守り通そうとするエゴイズムがあると言い「曰く、家庭の幸福は諸悪の本である」と断じた、太宰治の「家庭の幸福」の一節である。
彼の信条に「自己は他のためにある」「人を傷つけずに、奉仕することだ」とあり精力的に、多くの作品を残している。

 政局は菅降しが極まり自公が不信任案を提出すると言う。数から言えば否決されるのだが、あれだけ嫌って排除した、元小澤一郎グループの反旗に期待するところが多である。この非常時に、何故か?と疑問がある。
復興の手立てと、原発の対応が悪いと言うが、若し、可決して誰が総理になると言うのか、国会は大混乱を来たし復興をさらに遅くはしないだろうか。!被災地の方はどう思うだろうか。

 菅総理が不人気で、支持率も低いのは皆が分かっている。しかし、復興予算も決まらずにいる今、権力闘争をしているときではないと思う。予算を通した後でもよいのでは。
原発事故では、被曝して死者まで出ていると言うのに、一体政治家と言う人種の性根が分かりかねる。

 政党を家庭に置き換えて考えてみると、各党の繁栄を思うのは当然であるが政治の目的である弱い者を助け、安心安全を願うことが先ではないだろうか。
太宰も、「家庭の幸福は人生最大の栄冠である」と言っているが、他者(国民)を救うための土台であるからなのだ。各党の利益を追求するうちに悲劇はかまわず、突き進んでいくことを忘れてはならないと思う。

 
関連記事

日高振興局,門別温泉とねっこの湯

門別町富川 画像 306 


画像 308 画像 310

                
 この温泉は1999年10月オープン、日高町と、飛び石合併した門別町富川の町営温泉です。(とねっこ)とは「生まれたばかりの仔馬」と言う意味で、馬産地らしい可愛い名前です。

 この裏が直ぐ太平洋で、大津波が来たら、ひとたまりがなさそうな地形です。蝦夷山桜が、咲いていましたが殺風景で写真UPする気になれませんでした。

 日本人の温泉好きが各地に掘削過剰現象がおき、温泉の枯渇が取りざたされています。無限資源ではないのです。

 東太平洋大震災の影響で、数箇所に温泉が枯渇したり逆に、湯量が増加したりと言う奇妙な現象が起きているそうです。子孫に「癒しと安らぎ」を残しておかなければ成りません。大事に、使用しなければならないと思いました。

 個人的に、4年前手術した肩の腱板断裂が又再発したように、痛むので「神頼み」を念じて温泉治療に、励んでいますが「効能書き」のようには行かないのが現実です。

 理寮士の言うには、一日おきくらいに通えば、効果はあるそうです。今日も近所の、農家の人たちの健康そうな高齢者を見ると、なるほど元気一杯でした。願わくば温泉地に、移住できればと枯れ桜を見ながら帰宅したところです。
関連記事

男と女と政敵と性的

 先に、IMF(国際通貨基金)の専務理事が、性的暴力にて逮捕となったが、次期フランス大統領候補で、
現サルコジ大統領より人気がある人物らしい。政敵のサルコジさんはほくそえんでいると思う。
フランスは女性スキャンダルには寛容な国と聞くが、ホテルの従業員の女性に、乱暴したとは、許されない思いである。

男と女は所詮、磁石のように、引き合うもので止める事はできないが世界のトップといわれるような人物は、何も素人の、弱い女性を襲うまでも無く、高級コールガールと優雅に楽しんでいれば良いと思う。

ただ、男という動物は、女性を見て、にわかに劣情を催すという困った生き物である。女性が拒まず、受け入れれば何事も無く終わるのだが女性が拒否、告訴すれば事件となるのである。

過去、この種のスキャンダルは星の数ほどあり、元大統領のクリントンさんが白亜の殿堂内で、不倫行為をして騒がれたことはご承知の通りである。

 特に外国では、性の解放が進んでいて地位やお金の力でどれだけの女性が男の餌食になったか数え切れないと思う。納得すればよいというが、立場上拒否できずに、泣き寝入りするのを良いことに、肉体をもてあそぶことは「女性蔑視」に繋がると思う。決して見過ごすべきことではないと思うのである。

 良く男と女を蝶と花に譬えられるが、互いに必要な自然現象で、「美しい恋」ともいえる。
恋心も無く己の、情欲を満たす行為は野獣と変わらないものと思う。
姦淫はやがて身を滅ぼし、性敵と成ることを肝に銘ずべきと痛感した次第であります・
関連記事

将棋:森内九段が勝ち、返り咲きに王手 名人戦第3局


感想戦で対局を振り返る挑戦者の森内俊之九段(左)
と羽生善治名人=宮崎市のフェニックス・シーガイア・リゾートで
2011年5月7日、田鍋公也撮影


 今日は、めったに無い、最悪の日と成りました。
羽生名人がよもやの、3連敗で、名人位を明け渡す恐れが出てきました。
3連敗から4連勝も無いではありませんが、最近の名人は40歳の
曲がり角なのか、少し粘りに掛けているように思えます。
あらゆる記録を作り、依然「棋界の王者」には違いのですが、再挑戦の壁が厚いのです。
A級で挑戦者になるほうが難しいからです。無冠の森内九段の充実感が光っていました。

 又、阪神が、よもやの横浜に2連敗。ライバルの巨人が連勝。なきたいくらいです。
こんな日はもぅ2度とあっては欲しくないものです。「想定外な日」と言うことです。
関連記事

両陛下、福島訪問


 両陛下は4月14日から5週続けて被災地を訪れ、鎮魂と励ましの祈りを捧げました。
皇室も各地で、激励、弔問のお見舞いを続け被災者を大いに奮起されました。

 原発事故は、想定されたとおり、「炉心溶融」という事実が発表されました。愈々、終息どころか悪化の一途をたどっているのです。

 体調不良の中、自ら希望して福島を訪問いたし、深い祈りを捧げ被災地、避難民の方に「生きる希望」を
呼び起こし国民ともども、感動を受けました。

 与野党議員も連日訪問し、「陳情は聞くが結果なし」と各自治体に持て余されています。天皇、皇后様の
真心と現地視察の足跡だけの議員とは大きな違いがあるのです。

 維新の、五箇条の御誓文の「・・・大ニ皇基ヲ振起スベシ」と
教育勅語の「・・・以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし」という後半の結語はいまだに活き
皇室の発展を祈る気持がわいた次第です。


続きを読む

関連記事

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

荒野鷹虎

Author:荒野鷹虎
何時までも心は若者でありたい!。
(男性)道産子、AB型

熱烈な阪神ファン。
囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

フリーエリア

☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!   ☆後ほど訪問致します☆

最近のコメント

コメントありがとうございます!

リンク

RSSリンクの表示

カレンダー

2017年babaさんのカレンダー

月別アーカイブ

&freearea

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

リアル市況

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

フリーエリア

応援よろしくネ~!!
日記・雑談(その他) ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ