北の大地に、猛夏居座る

 
 モダンな居酒屋さん
                            モダンな居酒屋さん
春は見事な梅の花が咲き誇る庭園


ビール園の正面  店内に、七福神の額が飾られている
         店内に、七福神の額が飾られている
高級レストラン「ピルゼン」


 30日は今夏最高の34・1度を記録した、もう家にいても体のやり場がない状態です。
思い気って、行きつけの床屋さんで、髪の毛をばっさりと短髪にしてみた。「少し若くなったね~」とお世辞を言われ、気をよくして、久し振りに、白石区に出かけてみた。先輩に、電話をして、昔馴染みのアサヒ・ビール園に向かった。ジンギスカンは暑くらしいので、ピルゼンにて、生ビールを飲み続けていたら、声をかける人がいる。
よ~く見ると、昔の、ホテル時代の後輩であった。しかも、吾が愚息に顔がよく似ている。20年振りである。

この暑さだから、さぞ、景気がいいだろうと思いきや。「この通りの不況です」という返答。私と同じで、ジンギスカンは、暑くらしいからだと思う。札幌の2大イベントの、冬の「雪祭り」は変らぬ人気だが、夏の、「大通り公園のビール祭り」の売り上げ、人数もは平年の2割減だという。騒音防止令を発動して時間も、30分縮小したのが原因らしい。

この暑さで、儲かったのは電気店と、アイス飲料だけである。海水浴場も、閑散として「暑さの効用」は思ったより無かったということで、思うようには行かないものである。

散々飲んで、よせば善いのに昔馴染みの居酒屋さんに向かった。此処のママさんは、お母さんの法事を担当して以来、20年の付き合いである。四国の愛媛県出身で私の先祖と同じなので、親しみが強いのである。
兄弟は医者一家の名門ですが、癌に侵され弟さんのお陰で無事元気になりさらに、人情深いママさんに変身した人である。道端の野草のような、強い人である。3年ぶりの、再会に、又飲んだ。

六十をとうに過ぎても、人と楽しい酒を飲めることは、とても幸せなことである。帰り際突然の豪雨で濡鼠の様になり帰宅して死んだように布団に倒れた。

今日は「飲まないぞ」の決意は見事に外れ今又ビールを飲んでいる。アルコール依存症に気がついていないのである。           
関連記事
             

坂井秀至が碁聖奪取!【第35期碁聖戦五番勝負第5局】8/27

 

坂井秀至(37歳)碁聖誕生により、2つある囲碁のプロ組織のうち関西棋院所属棋士の七大タイトル獲得は1981年の橋本昌二王座以来29年ぶり。

 囲碁の国内最強の張栩(ちょうう)4冠(碁聖、棋聖、十段、王座)を倒してのものだから価値がある。 張の5連覇はならず、棋聖・十段・王座の3冠に後退。七大タイトルは井山裕太名人、山下敬吾本因坊・天元、坂井秀至碁聖との4人で分けあうことになった。

灘高校では、囲碁部主将として全国高校囲碁選手権大会団体戦3連覇を経験。高校3年の秋から、大学浪人の2年間は囲碁から離れる。大学入試の面接で大学に入学したら何をやりたいかと問われた際に「碁をやりたい」と答えたと語る。よほど囲碁が好きだったと見える。
93年、京都大学医学部に入学。父の影響で産婦人科専攻を志す。1年の留年を含み00年までの7年間に、数々のアマチュアタイトルを手にする。医師国家試験に合格した28歳で関西棋院の試験碁を受け、4戦全勝で飛びつき5段となりプロ棋士となった、異色の経歴の持ち主である。

関西に、タイトルをと念願していたが、先輩の結城聡九段(現NHK選手権者)が棋聖戦に挑戦したが、一歩及ばず敗北、今日まで持ち越されていた。関西が弱いのではなく東京の日本棋院所属のほうが、全てに有利で多くの棋士は東京へ出てしまう。
酒と女で有名な異色の棋士、故藤沢秀行塾に通い、鍛えられ人生を学んだことが大きい財産になったという。生真面目な坂井棋士は師匠の、大胆さと細心さを身に付け融通無碍なバランス感覚を磨いた。又浪人中の、苦労が辛抱強い囲碁を打てる一因でもあった。

一般的には、医者を捨ててまで、囲碁の世界に飛び込むことは、「もったいない」と言うかもしれないが、好きな芸道を追求する事は、医師が未知の体の研究に没頭することに、合い通じるのかもしれない。関西棋院と、坂井碁聖の益々の繁栄を祝うものである。

            

続きを読む

関連記事
             

小沢一郎氏、鳩山氏の支持を受け代表戦に出馬表明

  








民主党代表選(9月1日告示、14日投開票)で、小沢一郎前幹事長は26日朝、東京都内で鳩山由紀夫前首相と会談し、代表選に出馬する考えを伝えた。小沢氏は会談後、記者団に「代表選に出馬する決意をした」と述べ、出馬を表明した。代表選には再選を目指す菅直人首相が出馬の意向を表明しており、首相と小沢氏の一騎打ちになる見通し。鳩山氏は小沢氏との会談後、記者団に小沢氏を支援する考えを明らかにした。(毎日新聞)

「脱小沢といわれるシフトを小沢さん本人は快く思っていない。小沢さんとしては『はい、分かりました。挙党態勢でいきましょう』とはならない」。鳩山氏によると、首相との会談で小沢氏の心境をこう伝え、小沢氏に真剣に協力を求めるよう説いた。しかし、首相は「参院選後、謝罪も含めてお会いしたいと申し入れたが、なかなかお会いできなかった」と反論
鳩山氏は、この日午前、小沢氏と会談し、小沢一郎前幹事長から代表選出馬の意向を伝えられたことを明らかにした上で、「小沢先生に民主党に入ってもらった経緯からして、応援するのが大義だ」と支持する意向を示した。
菅直人首相は26日午前、小沢一郎前民主党幹事長の出馬表明について「大変いいことだ。民主党という政党は何回も代表選をやったが、それで分裂したことは1度もない」と述べた。新人議員との会合で語った。

 菅首相は、また、「正々堂々と『首相になったら、こういうことをやっていく』ということを改めて明らかにしていきたい」とし、再選への意欲を改めて示した。

 鳩山氏は24日夜、小沢氏と会談。激突回避には「脱小沢」の修正を首相に求める必要があると判断し25日の会談に臨んだが、首相がこれを拒んだ形だ。

 首相が、「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏の出馬圧力に屈して「挙党」へ動けば、続投を支持する前原誠司国土交通相や野田佳彦財務相のグループが反発するのは必至。両グループには小沢氏と戦った上での再選を望む声が強く、グループの一人は「小沢さんが出なくても分裂含み。代表選をやった方がいい」と語る。

 小沢氏サイドでも主戦論が高まっている。25日夕、山岡氏らが国会内で開いた会合には新人議員を中心に約70人が参加。そのメンバーから出馬要請を受けた小沢氏は「今の政治状況を見ると立ち向かわなければならないと思っている。私にも考えるところがある。少し時間をいただきたい」と出馬を検討する考えを表明した。小沢氏が出馬の可能性を公言したのは初めてだ。(産経新聞)

▲まさか、小沢氏本人が直接出馬するとは思っていなかったので、衝撃のニュースであった。
「政治とかね」の問題を抱えているので影武者が出るのではと思っていた、ところが、鳩山氏が支援すると言う事で勝算ありと見たのか、このままでは政治生命の終焉と見て最後の、勝負に打って出たと言うことであろう。政治家としての実力は誰しも認めるものの、「壊し屋」の異名を持つ小沢氏が若し負けた場合に、党を割り新党を興し民主党が分裂する恐れがあり、政権の倒壊につながる危険がある。参議院選挙では負けたが、「菅首相は辞めるべきではない」と言う世論が80%近くあり小沢氏が首相になったら、これまた政権は持たないであろう。元々、民主党は寄り合い世帯であり、挙党一致はかなり困難と言われていた。その意味では、この決戦ですっきりして解散総選挙をしたほうが良いのかもしれない。政界再編を求める野党は、解散を迫っているわけで望むところだと思う。自民党の抗争も熾烈ではあったが、意外にいざとなると、結束が固く仲良しクラブと言われる。しかしその自民党から出た小沢氏なのだ。ある意味、武士の気骨を持った最後の政治家とも言われる。それにしても、菅、小沢両氏も頑固すぎるとも思う。せめて話し合いをして、歩み寄りは出来なかったのか? 個人的私怨で戦っても、後に残るのは「しこり」だけである。

日本の現状は、危機的経済状況の中、選挙、選挙で、政治空白を作って良いのだろうか。国民不在の政治と言われても仕方がない。本来、勝負は敗北した方が勝者に従うのが義務だと思うのだが、
どちらが勝っても、政策調整して、国会法、政治改革、議員削減等の早急な成立を図るべきである。             

続きを読む

関連記事
             

日本上空、豹変の嵐


阪神、打線爆発22点で大勝!1日で首位奪還 金本が逆転満塁弾
(サンケイスポーツ - 2010/8/25 )


 最近は、腹の立つこと多しである。黒いタイガースも5連勝の後、4連敗。今日も、3-8と広島に、リードを奪われ5連敗濃厚であった。しかし、6回裏城島の2ランが呼び水となり7回に、兄貴こと金本の、逆転満塁本塁打がとびだし、終わってみれば球団新記録の、22点を上げる大勝で一日で、首位を奪取した。しかし、先発投手が序盤で、点を取られすぎ、後を追う苦しい展開が続いている。阪神、巨人、中日の三つ巴の激戦が最後まで続きそうである。


▲政治は代表戦に明け暮れ、夏休みを利用した、与野党、国会議員の研修と言う名の海外旅行が盛んである。自民党時代からの慣習で野党議員を同行して、遊興に近い税金の無駄使いである。
民主党政権も、何も同じことをすることはないと思う。まさに、「みんなで渡ればば怖くない」式の国民不在の特権行為である。地方議会も同じである。事業仕分けで、苦労して無駄を排しても、是ではザルで水をすくう様なものである。厳に謹んでもらいたい。
▲大阪府民共済生活協同組合(大阪市)が違法に退職金約2億5000万円を松本一鶯(いちおう)・前理事長(75)に支給していた問題で、府民共済を監督する大阪府の橋下徹知事は22日、松本前理事長の退職金や月額報酬(約360万円)について、「誰もが(高すぎて)おかしいと思うので、何もしないわけにはいかない」と述べ、今後、業務の改善指導などを行う考えを明らかにした。全国に数十の共済組合があるが、皆同じことをしていると疑われる。税金を減免されている法人として極めて非常識な、独善的詐取行為といっても過言ではない。このような事が何時まで続くのか聊か怒り心頭に来るものである。

幕末の勝海舟は「行政改革は小さな事からしなければならない」と言っている。国会閉会中でも、各委員会が、小さな不正行為の防止策を審議するべきである。議員報酬の、日割り支給も、削減も、公務員改革も遅々として、進まず一体やる気があるのかと腹が立つ次第である。           
関連記事
             

葬儀はいらない

 煌びやかな祭壇 240px-The_altar_of_the_Japanese_Buddhism-style_funeral,saidan,japan
■梨元勝氏(65歳)肺がんのため逝去、謹んでご冥福をお祈りいたします。合掌


先ごろ、表記の趣旨の本が大変人気らしい。読んではいないので内容はわからない。おそらく葬儀そのもを否定しているとは思わない。
 ▲流通大手のイオンが、自ら手がける葬儀紹介サービスの中で「布施(ふせ)の価格目安」を打ち出したところ、仏教界が「布施に定価はない」と反発している。戒名(かいみょう)料などを渡す際に、寺から「お気持ちで結構です」と言われて、悩んだ人は多いはず。そんな声を受けて打ち出された価格目安だったが、寺側は「企業による宗教行為への介入だ」と受け止めている。(赤堀正卓)
▲人生の中で、最大の儀式として”婚”と”葬”があります。特に葬儀は親族、友人等の死という厳粛な事実に対する悲しみの儀式である。遺族としては、できれば立派な葬儀をしたいと思うのも人情である。しかし、現実は考える暇も無く、葬儀社と役員とにより、慌ただしく式次第が決められていきます。終わってみれば、多額の借金が残り「さてこれからどうすれば・・・」と途方にくれる人もいます。
 徳川家光から深い信任をされていた、沢庵(1573~1645)は「自分の葬儀は要らぬ、香典を受けるな、墓も禅師号も要らぬ、葬儀も法事も死者には関係ない、それは、世間体という虚飾であり、本来の仏法とは無縁である」という言葉を残している。
確かに、葬儀は遺族の見栄が働く。だから葬儀社の言いなりになりやすい。葬儀社も、病院から遺体を貰い受け、接待もあり経費も掛かるので出来るだけ高い祭壇を推奨することになる。

大体が、お布施が一番高いのである。宗派により違いはあるが、門徒宗「東、西本願寺派、浄土真宗)以外は、一人では出来ないといわれることがある。それは、木魚、鈴を使うので二人必要という理由である。導師が仮に30万とすれば、(脇僧、伴僧)はその半額である。
布施は仏法で必要な事であるが、遺族の心付けで良いのではないかと思う。

 最近は、密葬、家族葬が多くなり経費節減に努める傾向にあります。有る宗教法人は、友人葬と言いお坊さんを呼ばず仲間内で行う葬儀もあります。お布施が不要なので安く上がる。
デフレ社会で高いのは寺だけというのは、魔可不思議なことだとおもう。沢庵和尚まではいかなくても、(悟りに近い)坊さんも少ないのが現実である。

 聊か不謹慎な意見で恐縮であるが、葬儀社と、お寺に分相応な価格をお願いしたいものである。
又遺族は心のこもった気持で送りたいものであります。


            

続きを読む

関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      148位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      38位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 31 - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア