スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                        

太宰文学 (2 )




太宰治は東大の学生時代に、銀座の女給田部あつみ(シメコ)と知り合い、鎌倉の七里ガ浜でカルモチン100錠を呑み入水自殺を図る。しかし太宰は、助かり、自殺ほう助罪で留置される。このとき太宰は、水に濡れた所がなかったようだ。だが太宰の有力関係者のお陰で、無事、不起訴となる。
[葉」[狂言の神][東京八景][人間失格]などの小説で、書かれている。
太宰は、狂言自殺をしたのではないかと疑われたわけだ。第一の疑問である。
▲青森の、芸妓小山初代と直後結婚するが、前の事件で、武蔵野病院に入院中、初代は、太宰の姻戚、小館善四郎と不倫の関係を結ぶ、そして、善四郎は太宰に、初代と結婚したいと告白した。
流石の太宰も、怒って、離縁してしまう。この内容は太宰19才の時に本名の、津島修治の名前で[この夫婦」で予言されていた。
 彼の人生は予感と、宿命との中に初めから決まっていたかのようだ。初代とも、
カルモチン自殺を試みたが、100錠では致死量ではないことを知っている太宰と、二人は、助かった。
この顛末は、その後[姥捨て]で発表された、まるで小説の題材の為に、狂言自殺をしたかのような印象を受ける。第二の疑問である。
▲29才の時に、東京女子高等師範出の石原美知子(26才]と師匠の、井伏鱒二の媒酌で、正式に結婚する。[富嶽百景]、[津軽」「走れメロス」等々暗さから、解き放たれたような、佳作を発表する。
長女園子が生まれる。幸福なひと時であった。
その直後、文学少女の[太田静子]から手紙が舞い込んだ。運命の出会いである。
静子の母はチェーホフの戯曲[桜の園」の女主人公ラネーフスカヤのような人で困っているといわれ、太宰は、日本の[桜の園]を書こうと決心し、静子に日記を書くように迫る。後の最大文学、[斜陽」の
原稿と為る。太宰は、日記を借りるというより、すっかり、惚れてしまった。.静子が、〈子供が欲しい〉と言い出し、神奈川の下曽我で情愛を重ね、遂に、不倫の子を身ごもることになった。
▲[斜陽]の執筆で多忙な太宰、静子との不倫が、知れる事えの不安、ダウン症の長男の不憫、次女の出産で疲れた、険しい美知子の表情・・・・。
そこへ現れたのが、山崎富栄である。どんな冗談でも真剣に受け止める。〈至高無二の人から、女として最高の喜びを与えられた私は幸せです]と日記に書いた。昭和22年11月12日に下曽我で太田静子が女児を出産した。太宰は、富栄の部屋で、修治の一字を取って[太田治子]と命名して[この子は私の可愛い子で父をいつでも誇って健やかに育つことを念じている]と認めた.。「さっちゃん、どうだろう]太宰が訊いた客が帰ると富栄一晩中泣き通した。.太宰は、思いつく限りの言葉で慰めた。
「おまえにはまだ修の字が残っているじゃないか」
なんと太宰は、女心を知らない男だろうか。この部分を読むと、涙が禁じえない。


▲山崎富栄は本当に、太宰の子供を欲しかったのだと思う。これだけ献身したのに、 静子に[治子]
を与えたことに、女の、嫉妬もあったと思う。また津島家の周りを歩き、家庭の幸せを垣間見たときも、
同じ感情を抱いたとしても不思議ではない。[太宰は、私を本当に、愛しているのだろうか。]口先だけは、(さっちゃん、一番愛しているよ、一緒に死のう]と口走る。
 本当に死のうと思っている富栄と生きようとしていた、太宰の間には、男と女の、深く暗い川底のようなものがあったように思えてならない。
太宰が6日後に玉川の下流で発見された時に、放蕩仲間の、〈山岸外史〉が太宰の顔を見て〈実にさわやかな顔をしていた)と回想している。つまり水を飲んでいない証拠だというのだ。
 
 富栄が太宰の過去の、心中事件を知っているから、生き残りは絶対させないと思い、ウイスキーに
あらかじめ青酸カリを入れ入水する前に、太宰は、死んでいたという推理だ。
文壇が、[斜陽]で一気に一流作家として認めたときだけに、富栄にとり思わぬ、濡れ衣を着せられたようなものだ。その意味でも富栄程可哀想な女はいないと私は思っている。二人とも死んだので、真相は永遠に、謎ではある。

▲太宰文学は、死と生との狭間を迷い、平易な文体で自己の内閉された恥部をさらけ出し、読者〈作者でもある〉に日常の語り言葉で語りかけるところが若者の、心情に受けたのではないだろうか。
臆病な所があるかと思えば、図太い強さもあり、生真面目さと無責任さ、正直さと虚言、これ全て、人間のもつ二面性である。世間、社会、神を畏れこの世では、到底生きてゆけなくなって、事実、〈生まれてすみません〉の名言を残し、死を選んだところが、現代の、苦悩の闇世界に共通し、弱者の味方
と捕らえられているのではないでしょうか。
現代の、若者の魂と、交流する魔性があると思う。
 太宰文学は、青春の、永遠の希望なのだ。


追記
退院後、この記事を書いたのだが、パソコンの不調で3日間友人のブログにも行けず愈々閉鎖かと悩んでいた所、ヘルパーに来てもらい動き始めた。この記事も残っていたので、その日のままUPしました。桜桃(サクランボ]も朽ちた時期だが、敢えて載せました。しかし二部が消えてしまい、トンダハプニングと為る。付かれきった。女とパソコンは優しくしないと、怒り出すものらしい。

太宰の遺書
[池水は濁りににごり藤なみの影もうつらず雨降りしきる]伊藤左千夫作  伊馬春部宛て

「おまえを、一番愛していました」妻美知子宛て
スポンサーサイト
          
関連記事
             

桜桃忌、何故今なお人気か?

、三鷹の禅林寺境内の、太宰治の墓〈友人の、亀井勝一郎の追悼文が書かれている 






 太宰治の墓、 斜め後ろに、森鴎外の墓がある。


ちょうど太宰の命日に、胃腸のカメラで検査入院していたら、新聞に、一切桜桃忌の記事がなくおかしいなと思っていた。秋葉原殺傷事件記事で一杯だからか、太宰の暗い文学は、この時期に、不適だからかと勝手に思いこんでいた、帰宅して他紙を見たら、写真入で報道されていた。私事ながら、私の検査は悪性ではなくほっとした。
太宰が、富栄と入水自殺してから速くも、60年が経た。来年が、生誕100年になる。
放蕩時代の友人今官一が[桜桃]から懐けたのが桜桃忌の起源だ。
その一節に下記の文がある。
「お父さんはお鼻にいちばん汗をおかきになるようね。いつも、せわしくお鼻を拭いていらっしゃる。」
「それじゃ、お前はどこだ。内股かね?」
「お上品なお父さんですこと。」
「いや、何もお前、医学的な話じゃないか。上品も下品もない。」
「私はね、」
と母は少しまじめな顔になり、
「この、お乳とお乳のあいだに、・・・・涙の谷、・・・・」
涙の谷。
父は黙して、食事をつづけた。
〈父は太宰、母は妻の、美知子さん)
このように太宰は、暗いイメージとは反対に、実に、ユーモアがあり、人を笑わせることが得意な面があった。所謂[奉仕の精神]、と言う奴だ。道化がうまい人でも在った。


次回に続く
          
関連記事
             

遂に、羽生二冠19世名人の資格獲得!!

「勝利直後の記者会見の様子」

羽生二冠、永世名人になった瞬間の[輝ける表情」
厳しい顔は、苦戦を物語っている。オメデトウ!!







23歳で初めて名人位に就いてから14年、将棋界のスーパースターがついに十九世名人の称号を手に入れた。森内俊之名人(37)と羽生善治王将(37)の「宿命の対決」となった第66期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)。今回は、羽生が永世名人争いで先を越された森内を4勝2敗で破った。羽生は「鬼門」をクリアして「永世7冠」に接近。〈毎日JPより)森内の5連覇を阻止念願の永世称号を獲得!フアンの私は、自分のことのように欣喜雀躍した。さぞ辛かっただろうと思うと、嬉し涙を禁じえません。
 羽生新名人は70年、埼玉県所沢市生まれ。89年に19歳で初タイトルの竜王を獲得して以降、94年に名人位を得るなど七タイトルに計69期就いてきた。すでに棋聖、王位、王座、棋王、王将の永世称号を持ち、将棋界初の永世七冠まで残るは永世竜王だけだ。

(羽生名人の話)

「名人戦は簡単じゃないと感じる場面は多かった。棋士人生は長く、瞬間瞬間に次を目指すマラソンみたいなものなので、走り続ける姿勢が大事だと思います」


(先輩の谷川17世名人の話)
--最近の羽生さんは内容重視というか、勝負にあまりこだわらない感じでした。でも、今期は永世名人という目標があるので、かなり勝ち負けを意識していたと思います。
羽生さんの強さは、柔軟性があって、その局面の急所をとらえる能力が高いところにあります。作戦の選択も相手の出方に自然に対応していますが、すべての戦型を熟知していないと、こうしたことはできません。なるべき人がなった、寧ろ遅かったくらいです。(毎日JPより)


            
関連記事
             

史上稀にみる、秋葉原殺傷事件に思う

 織田信長が、腹心の明智光秀の[本能寺の変]で炎の中で腹を切って死んだのが、1582年六月初旬である。光陰矢の如く、早506年の歳月がたつ.
 出世頭と世に謳われたおとなしい学者のような、光秀が何故主人を殺そうとしたのか・・・

[信長の〈あらぶれ法師〉のような気性との合性の悪さ、数々の信長からの侮辱で恥を受け密かに
恨んでいた」〈信長は全然気にしていない)


「秀吉が余りにも出世して行くので嫉み、信長を殺し天下を取り、秀吉を押さえつけてしまおうとした]
いろんな憶測が生まれる。
信長は[まさか、光秀が・・・?]と思ったはずである.

■先ごろ、青森金融幹部の父、専業主婦、3才下の弟の四人家族の長男で成績優秀で、県立TOPの進学校入学、と此処まではよくある平凡な家庭である。
両親の過酷なまでの教育熱心から、自意識の軌跡が狂いだす、[八年間びりの生活だった]と述懐している。
本人の意思に反する強制は両親を、恨むようになる。
入学時は、夢をもっていたが、次つぎと挫折し、派遣社員の悲哀を強いられる生活であったらしい。
内向している為、他人に、自分の思いを上手く伝えられない人間は、傍から見たら、一見真面目なおとなしい良い人に見える。人の内面はたやすく分かるものではない。

挫折と、絶望の爆弾は、反感、嫉みという起爆剤で、[自爆テロ]の脅威に豹変するもんだと思う。
若者、〈思春期〉は確実な目標が持てず、「アキバ]人間も[ただ愚だぐだ話して、あてもなく歩いている」と語っている。皆実は、孤独なのだ。だから、[彼女を連れ楽しそうな奴には、分かるわけがない]
と嘯いている。かと言って、死ぬ時には、人を巻き添えにするほど卑怯なことはない。
其処に気がつかないのは、甘えの典型である。
他人から好かれたければ、自分から素直に好きだという勇気が必要なのだ、他人に自分を好きになれとはいえないのである。
■日本社会も、「隣の人は何するものぞ」、[人を見たら泥棒と思え]の寂しい環境になってきたようだ。
亦反対に、知らない人からほれられているかもしれない,ストーカーの存在だ。
犯人が言っているように、犯罪予備軍は沢山入るのだ、警察の、体感治安の低下も再犯予防の教訓となっていないのも問題だ。

今回の事件も、あれだけの予告があったわけだから、何とか防止できなかったものか?
犯人の言うとおりであれば、17人もの犠牲者は出さなくとも済んだのではと思うと情けなくなる。
何もとがのない人が、突然殺される世の中は、怖くて住んでいられない。人間不信が助長されるのが心配だ。
信長は人の気持ちを察することが出来ず、光秀は自分の心を、素直に伝えることに欠けていた
一ついえることは、自分の殻に閉じこまらずに、他人に、声をかける、[勇気」が必要だと思う。
被害者とそのご家族に心から哀悼の意を表したく思います。           
関連記事
             

勇みの歌

やめると決めたばかりの煙を
もう求めてる
なんと意志が弱いことか
自分に正直なのか…?


好きならやめることはないじゃないか
出来ないことを決心するから
余計な苦労を背負うのだ

“どれだけ耐えられるか”
そんな哲学めいたことは
俺には似合わないこと位わかっているだろう

紫煙をくゆらせ、時の、句読点を楽しみ
故郷に帰ったような、心の癒し
 耐えるべきあるや

部屋の隅々まで探索、背広のポケットに手をいれる
発見した時の勇みの歌は、
紫煙と共に空まで届く


(注)  イサミは吸殻のこと。
                
関連記事
             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      プロ野球データFreak
      セリーグ順位表
      パリーグ順位表

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      461位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      136位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング


      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      アイズの2代目看板愛犬♂12歳ラヴィン&ひろみのシャロ~ムでユニ~クな日々♪

      いろあそび工房 in 空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ノーベル賞候補犬 サンちゃん

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      アオの物語

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 78
      9 10 11 12 13 1415
      16 17 18 19 20 2122
      23 24 25 26 27 2829
      30 - - - - - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。