相撲協会は何をしているか

朝青龍が遂に帰国することになった。その間一ヶ月が過ぎた。
本当の病気なら朝関の病状が心配だが、何せ本人のコメント

が一切ないのだから真相は誰も解らない。協会の態度もはっきりせず
これまた本意が不明だ。結局両者への不信感と将来への禍根を残した。

一番だらしないのが親方だ。確かに稼ぎ頭だから心中は複雑だが、
もっと厳しい態度で(引退されてもやむなし)の強い対応が求められた。

もし再来日しても、人気、実力とも再生復活は困難だと思う。
協会の処分そのものは正しいが、引退のリスク迄考慮していたか

どうか?そうでなければ協会自らと朝青龍、の両方を潰した事になり
協会の甘い判断と批判されかねない。

何れにしても、もう少し早い結論を出すべきだった。
とかく協会も密室主義でこの機会に、開かれた透明性を真剣に

考え相撲の発展と繁栄に、努力すべきと思う。

関連記事

食の安全について

石屋製菓の新役員が決まったが、顔ぶれが銀行の役員と石屋元社長の実弟が主体

だ。これで果たして製菓業の再建がなるのだろうか?経営の理念は教育できて

も製造現場の実態を把握できるとは思われない。十一年の長い間、消費者をだま

してきた、驕りの体質は簡単には改善できるもではない。如何に北海道のブラン

ドと言えども拙速に(生産開始)を主眼に進行しようとする姿勢は過去にたいする

反省を疎かにしているような疑念を持たれても致しかたがない。

肉のミートホープは清算に追い込まれが、つまるところ両社は根の部分は同じ

だと思う。安倍内閣ではないが、今、問われているのは(責任)のとり方だ。

確かに社長の退陣は潔しとしても依然大株主に代わりはない。命にかかわる

大問題なのだが、行政処分も甘く、これでよいのだろうか。何かすっきりしない

ものがある。何回も同じことが繰り返されている原因は全てが厳しさが足りない

ところにあることにきづくべきと思う。
関連記事

第89回高校野球。佐賀北高初V!

決勝戦で広陵(広島)を8回裏劇的逆転満塁本塁打で破り2度目の出場で

初優勝を飾った!誰もが広陵の勝利を確信していたと思う。

正に野球は筋書きのないドラマだ。天運以外に優勝する伏線があったよ

うだ。監督の(選手が嫌がる基礎体力の強化に徹底した)と言うコメント

があった。それが最後迄粘る体力を作り、精神力を増幅し、(優勝)と

いう堂々の栄冠をつかんだ。しかも佐賀県有数の進学校らしい、(文武

両道)

がモットーだと言う。スポーツは体だけでは勝てない、(心技体)の

集約が無ければならない事を証明した。一人の力では何も出来なく総力

の大事さ、人の和、信頼、etsを学び社会にでたときに大きな力となるこ

とであろう。我々も教訓を得た、球児に感謝しなければならぬ!
関連記事

世紀の決戦,初戦中日が制す。

中日が高橋から、英智。ウッズ。中村の3本のホームランで初戦を ものにしたのは非常に大き


い。阪神も奇跡的大逆転で勝ち2位の巨人に 1.5差に迫った。巨人はチャンスにヒットが出ず最少


得点に終わることが 多く昨年のパターンに戻つてきた。投打のバランスが崩れ春先のあの勢 い


は影を潜めた。吉伸の3番は不調で打線にならないのが一番の原因だ。 もともと今年は3位にな


りプレイオフに出場出来れば上出来かと言う意見 も多かった。まだ長年の甘え体質が抜けきって


いないようだ、原監督は 人柄は良いが果たしてチーム環境の融和をうまくコントロールしている


のか疑わしく思われる。。監督業の辛さだ。併しこんな白熱したペナン トレースもめったになく巨


人の頑張りが評価されても良いと思う。

関連記事

終戦記年日に当たり

私の次兄は海軍飛行予備学生で零式水上偵察機に乗り朝鮮西海岸にて潜水艦に撃墜され戦死した。休暇で実家に帰宅したと

き、家族全員で駅に迎えに行ったときの話だ。生憎の雨だった。兄は突然白い軍服をぬぎ歩き出した。後で母に聞いたところによ

ると、天皇陛下より賜った服を雨にぬらさない為だとのことだった、流石帝国海軍だと思った。

遺骨の箱の中は、石ころと、遺髪だけだった。父母の悲しみは、大変なものだったと思う、いつか突然帰ってくると信じていたよう

だ、息子をなくした母親は、皆。(岸壁の母)であった。出撃の時は基地に帰還するだけの燃料は無かったそうだ。激戦地では食料

も無く、弾薬も不足では、死を決して敵空母に体当たりした(特攻隊)とまったく同じと思う。

それでも大本営は降伏を認めず悲惨な戦死を選ぶしかなかった日本兵士、矢張り戦争指導者の責任は重い。不条理な(死して虜

囚の恥とならづ)を守っても兵士の肉体と心は、鎮魂されないように思える。このような過ちの一節がどれだけ無駄な犬死に等しい

結果を招いたことか、いくらでも祈って頂きたいと思うのは遺族の偽らざる本意です。しかしA級戦犯、外交問題を考慮すると複雑

な問題ではある。

死刑になったのだから合祀して程を見ると、英霊の祭られている靖国神社参拝は、国をあげて参拝しても良い様にも思うが中々

許しをもらえない現状だ。

いつまでも此の侭で良いわけは無い。結局分祀してすっきりするしかないと思う。、民意も異論は無いと思う。早く国会でよい結論

を出してほしいと願うものだ。




























関連記事

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

荒野鷹虎

Author:荒野鷹虎
何時までも心は若者でありたい!。
(男性)道産子、AB型

熱烈な阪神ファン。
囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

フリーエリア

☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!   ☆後ほど訪問致します☆

最近のコメント

コメントありがとうございます!

リンク

RSSリンクの表示

カレンダー

2017年babaさんのカレンダー

月別アーカイブ

&freearea

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

リアル市況

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

フリーエリア

応援よろしくネ~!!
日記・雑談(その他) ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ