”清水女流6段と竹俣紅女流棋士”

images (18)
「女流棋界の大御所清水市代6段」

小学校1年の頃、父が自宅で将棋教室を始めました。

 でも、私はじっと座っているのが苦手で将棋を好きになれず、外で遊び回っていました。ところが、小6の時、腕をけがしてしまって外で遊べなくなり、その際、父から将棋の手ほどきを受けました。わざと勝たせてくれて、ほめてくれました。将棋が好きになるように上手に導いてくれたのです。

 徐々に腕を上げ、中学3年の時、女流アマ名人戦で優勝しました。その後、高柳敏夫八段(当時)に入門。師匠は「将棋に学歴は無用」が持論で、私の高校進学に反対でした。でも、私は学校の勉強も大好きだったんです。特に小学生の頃から算数が得意で、将来は数学の教師になりたいという思いもありました。数学はどんな難しい問題でも自分の力で解いて、一つの解答を導き出せる点が魅力でした。当時は女流棋士というだけでは食べていけるか分からなかったという事情もあります。師匠を何とか説き伏せ、地元の東京都立清瀬高校に進学しました。

 2年生の時の担任だった先生は、将棋のことも詳しくて、担当も私の好きな数学だったので、親近感がありました。対局で出席できない日もあり、現代国語の単位が足りなくなったのですが、担任の先生が国語の先生にかけあってくれて、特別に補習をやってもらいました。

 同級生も応援してくれました。3人の親友が私のために欠席した日の授業のノートを作ってくれました。当時はコピーがあまり普及していなかったので、わざわざ手書きで写してくれたのです。時々、「ファイト」という言葉と共にイラストも添えられていて、対局で負けた時もこのノートを見ると、すごく救いになりました。先生と親友3人とは今でも交流があります。(聞き手・飯田達人)

プロフィル

清水 市代(しみず いちよ、1969年1月9日 は、日本将棋連盟所属の女流棋士。高柳敏夫名誉九段門下。女流棋士番号は7。通算女流タイトル保持は43期で歴代1位であり、2016年2月現在、通算獲得数2位の里見香奈(獲得20期) 以下を大きく引き離している。
日本将棋連盟の棋士会副会長(2009年4月から)、日本将棋連盟女流棋士会会長(2015年6月から)。
東京都東村山市生まれ。東京都立清瀬高等学校卒業。高柳師匠には「タイトルをとるまで、恋も化粧もするな」とよく言われたという。比較的地味なタイプなのはこの言葉に拠る事が大きいという。



images (17)

美少女女流棋士として注目を集める現役高校生の女流棋士、竹俣紅(17)が、学業優先のため来期の公式戦を休場すると発表した。

 竹俣棋士は7日に更新したブログで、「これまで度重なる病欠や対局での欠席が多くなりすぎまして高校3年の時期は、平日を対局で欠席できなくなり勝手ではございますが、来期は公式戦をお休みさせていただくこととなりました」と発表した。

 すでに予定されている仕事に関しては「学校を欠席しなくてもできることなどはさせていただきます」とし、さらに「大きなお休みのときには今までできなかった記録係も務めさせていただきます」とした。

 大学進学については「両立の難しさもありますので未定ですが とりあえず、高校を卒業できるように頑張ります」と、対局を休んで学業を優先させるとのこと。「将棋ファンのみなさまとはしばらくお会いすることもなくなりますが、またお会いできるのを楽しみにしております」とした。


竹俣紅7

「行列のできる法律相談事務所」に出演される女流棋士の竹俣紅(たけまたべに)さん!

現役JK棋士、そしてそのかわいいルックスで将棋界に旋風を巻き起こしていますが、熱愛の彼氏の噂はあるのでしょうか?

また実家がお金持ちでは?との噂も・・・

出身高校や画像も気になっちゃう竹俣さんをフォーカスします!

そんな竹俣紅さんですが、在学中の高校はどこなのかというと、

渋谷教育学園渋谷高等学校

偏差値も75とめちゃくちゃ名門!

しかも中高一貫校で私立なのでかなーり学費も高い場所です。



そしてこの高校ですが、東京大学への進学率も高い上に、

部活動でも柔道部が全国大会レベルだったりと、

文武両道も実現している学校・・・

つまり竹俣さんも日本でも有数の名門校に通う傍ら、将棋をされているようです!



かなり大変な生活みたいで、

東京・渋谷にある中高一貫の進学校に通う。「いきものがかり」や「きゃりーぱみゅぱみゅ」の歌が好きだけど、カラオケには行ったことがない。放課後や休日に友だちと買い物に行く暇もない。「お風呂とご飯以外は、学校の宿題と将棋の毎日です」。でも、将棋が何よりの楽しみなので苦にならないそうだ。
出典:朝日News
という生活だとか。



いやーこんな生活自分なら耐えれない気がしますw

でも好きなことをめいいっぱいしているから、まだ楽しんでしょうねぇ・・・・




第74期名人戦七番勝負(羽生善治名人 対 佐藤天彦八段)第3局は、5月12、13日(木、金)に鹿児島県鹿児島市「城山観光ホテル」で行われる。
images (16)
雄大な桜島を望む
ダウンロード (49)

 九州での名人戦開催は9年連続だが、鹿児島県内では初めてとなる。県庁所在地の鹿児島市は人口約60万を擁する、南九州の中核都市だ。有力大名・島津氏の城下町として発展し、幕末には西郷隆盛や大久保利通、五代友厚ら数多くの志士が活躍し、明治維新の原動力となった。
 対局場の城山観光ホテルは、市街地を見下ろす標高108メートルの城山に立つ。錦江湾に浮かぶ鹿児島のシンボル・桜島を正面に望み、周辺には西南戦争で敗れた西郷が自刃した「終焉(しゅうえん)の地」などの史跡が数多く残る。
 前日の「対局者とのつどい」で、佐藤挑戦者は「桜島が目の前にドドンとあって、岩肌までよく見えた。その威容に圧倒された」、羽生名人も「地図で見る印象よりも雄大な場所だなとしみじみ感じた」と語っていた。(深松真司)


 午後4時52分、佐藤挑戦者が2時間9分の大長考の末に△5四飛と指した。控室でも予想されていた一着。なぜ、ここまで考えていたのだろうか。
 大盤解説の中田功七段は「羽生名人の次の手がわかりません。ここまで考えていたのは、佐藤挑戦者もそれがわからなかったからかもしれません」と推測する。軽はずみな手を指して、形勢を損ねてしまっては元も子もない。自分の次の手が浮かんでいても、着手するまでにここまで時間を割けるのは2日制ならではだ。
 消費時間は約1時間、佐藤挑戦者の方が多くなった。羽生名人もお返しとばかりに考え込んでいる。力のこもった読みあいが続いている。(村瀬信也)
 前日に続き快晴の鹿児島市内。対局室には佐藤、羽生の順に入室。定刻午前9時、立会の深浦康市九段が羽生の封じ手を「5八玉です」と読み上げ、対局が再開された。

 今期2局目の横歩取りから両者長考の応酬で迎えた封じ手の局面で、5八玉は戦いの間合いを計る一手。佐藤は早くも黒の羽織を脱ぎ、1時間28分の長考の後、2七歩と指した。

 羽生は、2八歩の桂取りに手を抜いて、角交換から6五角と飛取りに打った。逆に攻勢に出ようとする。解説の豊川孝弘七段は「2七歩は、佐藤八段が攻勢に出ることを決断した垂れ歩でした。羽生名人も何か対策を用意していることが予想され、勝負どころを迎えそうです」と語った。

 佐藤が42手目を考慮中の午後0時半、昼食休憩に入った。残り時間は羽生4時間2分、佐藤2時間23分。午後1時半再開。【山村英樹】
後手番の佐藤挑戦者が、得意とする「横歩取り戦法」に誘導。互いに長考を繰り返す神経を使う戦いになったが、優位を築いた佐藤挑戦者が押し切った。13日午後7時48分、76手で挑戦者の佐藤天彦(あまひこ)八段(28)が羽生善治名人(45)に勝ち、2勝1敗とリードした。残り時間は羽生50分、佐藤8分。第4局は25、26日、広島県福山市の福寿会館で指される。



 陣形を再整備した羽生名人の封じ手▲5八玉に対し、佐藤挑戦者は1時間28分考えて△2七歩と攻撃開始を決断。以下、悠長な攻めでは後れをとると判断した羽生名人が反撃し、互いの飛車と角を取り合う華々しいやりとりが繰り広げられた。

 終盤、羽生名人の玉が上部に逃げ出したが、佐藤挑戦者は冷静に対処。最後は羽生名人の玉を包囲して、受けなしに追い込んだ。解説の木村一基八段は「羽生名人の作戦が不発に終わり、佐藤挑戦者が快勝しました。充実ぶりを感じさせました」と話した。(村瀬信也)


ダウンロード (51) ダウンロード (50) 



第27期女流王位戦五番勝負第1局兵庫県姫路市「夢乃井」で行われました。▲岩根忍女流三段-△里見香奈女流王位は、96手で里見女流王位が勝ちました。終局時刻は17時51分。消費時間は▲岩根3時間55分、△里見3時間4分(持ち時間各4時間)。第2局は5月26日(木)に北海道札幌市「京王プラザホテル札幌」で行われます。


第9回世田谷花みず木女流オープン戦

2016年4月29日(金)に、「玉川高島屋S・C」(東京・世田谷区)で行われ、室谷由紀女流二段が優勝しました。                         

里見、初の将棋女流五冠

加藤桃子王座 130404_20130507004420.jpg

里見五冠      加藤桃子王座   上田女王と里見

[里見(出雲の稲妻と言われる)さんが史上初の女流五冠 女王を奪取 ]
 将棋の里見香奈女流四冠(女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花、21)が5・1日、新たに女王のタイトルを奪取し、史上初の女流五冠となった。女流将棋界には全部で6つのタイトルがあり、残る1つは加藤桃子女流王座が保持している。女流王座は(株)リコーと日経新聞主催の、賞金500万の高額タイトルである。

 第6期マイナビ女子オープン五番勝負の第3局が1日、大阪市の関西将棋会館で指され、先手の挑戦者、里見女流四冠が129手で上田初美女王(24)を破り、3連勝で女王のタイトルを獲得した。上田前女王は2連覇していたタイトルを失い、無冠となった。

 里見女流五冠は終局後、「応援してくれるたくさんの方の期待に応えられてすごくうれしいです」と喜びを語った。六冠全冠制覇への意欲を問われると「目標をたてるとよくないことも多いので、少しずつ力をつけられるよう頑張りたい」と控えめに答えた。

 女流のタイトル戦は徐々に増えてきた経緯があり、過去に清水市代女流六段が二度、四冠全冠を独占したことがある。男性棋士では、羽生善治王座が1996年に七冠全冠制覇を達成している。
(囲碁でも、井山九段が初の6冠を獲得したが、同じ関西棋院の先輩結城九段(NHK杯選手権者)に十段位を奪取され5冠に後退した。)

 里見女流五冠は女流棋士としての活動に加え、男性棋士と同等の資格である「棋士」を目指して養成機関である奨励会でも奮闘中。現在、奨励会では初段で、四段まで昇段すれば史上初の女性棋士となる。
このところ、一人の天才がタイトルを独占する傾向がある。時の勢いと言うものであろうか!
如何に羽生さんの七冠全冠制覇の偉業は凄いかが分かる。
将棋界の話題は専ら、里見五冠の全冠制覇と「棋士」の資格を獲得できるかに集中している。
女性棋士が男性と対等に渡り合う事が可能かが「能力では同じ」と言われる男女の能力の差が無い事を証明して欲しいと願う。                         

里見香奈女流三冠(19)初の奨励会初段になる!

初代女流王座に輝く加藤桃子(16歳)


将棋界のトップ女流棋士、里見香奈女流三冠(19)=女流名人、女流王将、倉敷藤花(とうか)=が7日、大阪市福島区の関西将棋会館で棋士養成機関「奨励会」の対局に勝ち、12勝4敗の成績で初段に昇格した。現行規定で女性が奨励会初段になったのは初めて。

 日本将棋連盟所属のプロには、一般棋戦に参加する「棋士」と、女流棋戦に参加する「女流棋士」がいる。棋士になるには奨励会を勝ち抜いて四段に上がらなければならないが、これまで女性の棋士は誕生していない。

 女性初の棋士をめざしている里見女流三冠は昨年5月、奨励会に1級で入会。年齢制限で満21歳の誕生日(2013年3月2日)までに初段に昇段しなくてはならなかったが、最初の関門をクリアした。報奨金100万円が贈呈される。(毎日)

 待ちに待った「女流棋士」がプロ棋士となる第一歩を踏み出した。先日初代女流王座を獲得した加藤桃子一級(16)よりひと足早く達成した。見事なものです。いずれ加藤桃子さんも上がってくるでしょう。
奨励会規定によると、会員になると女流棋士は休業しなければならない。しかし、里見三冠は女流のトップ棋士であることなどから、特例として3冠保持と女流棋戦への参加はそのまま認めることとした。将棋連盟には、「棋士」(プロ・四段以上の男性)と女流棋戦に参加する「女流棋士」があり、里見3冠は初の棋士を目指す。
里見さんは「女流三冠のタイトルを返上してでも強くなりたい」と申し出たという。
今後、二段に昇段し最強の「三段リーグ」で戦い年間4人の棋士を目指す。まだ達成した女性はいない。

里見三冠は、島根県県立大社高出身で「出雲の稲妻」といわれ終盤に強く早くから男性棋士を破ったりして注目されていた期待の棋士である。羽生善治二冠以来のフイーバー女性といわれている。
早く男性棋士と肩を並べる日を夢見ています。                         

将棋の初代女流王座に16歳の高校生!

初代女流王座に輝く加藤桃子(16歳) 

 女性初の「棋士」を目指し11歳で奨励会に合格、5年の修行の末「女性最強」といわれる
初代「女流王座」を獲得した。しかも元女流四冠の清水市代女流六段(42)との5番勝負を激戦の末
3勝2敗で掴んだ偉業である。
 静岡県出身の加藤桃子さんは中2の夏、突然父を亡くし都内の通信制高校を選び、将棋一筋の棋士の卵である。
将棋は囲碁と違い、戦闘性が強く男性との実力の差は歴然としている。一般に棋士には2種類あり多くの
女性は「女流棋士」となる。地位も待遇も「男性棋士」とは比べ物にならないのだ。
150人の奨励会員の中で、女性は僅か5人である。未だに「棋士」は誕生していない。それほど難関なのである。

 男女同権で頭脳も格差がない中,女性の社会進出が著しい現代だが、女性の「棋士」がいないのは不思議に思う。
世のお母さん方が、「当てのない厳しすぎる棋界」に送り込むことに不安を持っているからだと思う。
数年前に設けられた「マイナビ女王」の優勝賞金が破格の500万円と聞き棋士志望が激増した経緯がある。
この「女流王座」も500万円である。ちなみに他の(名人、王位、王将、藤花)の優勝賞金は、なんと100万前後なのである。清水が四冠時代(名人・王将・王位・藤花)総年収がやっと1000万に届くかといわれる程度である。イベントや司会では持て囃される女流棋士ではあるがアルバイトをしなければやって行けない様では、棋力向上もままならぬ。
 底辺の拡大こそがどの世界も大切で、優秀な人材を集めることは難しい。それには、最低限の生活を保障できる制度の改革が求められると思う。
その意味でも、新王座の今後の大活躍を期待してやみません。             

続きを読む

             

林葉さん初戦に勝てず

 
        
               
       
先日紹介した将棋の、林葉さんが七月に中倉初段(中倉姉妹の姉)に負けました。しかし序盤は名人時代の片鱗を見せました。
あれだけバッシングされたり、挫折を味わった割には、以外に明るい姿を見せてくれた彼女の逞しさを見て将棋界にとり、頼もしい棋士には違いないと思った。黙って追放して置く手はないと痛感した。今後勉強しなおせば、ゆうに通用出来そうに思った。

若いときの不祥事は時効制度が起用されて然るべきだ。大人の責任なのであるから・・・
「うっちゃんのお笑い番組」に出演して40代の魅力をたっぷりと見せてくれた。話題性の高い女性だから、
将棋だけでなくとも、人気が復活してくれるように思った。

挫折を経験した人は、より人の気持を分かるもので暖かく迎えてほしい。出来れば棋界に復帰してフアンを楽しませてほしい。今回の棋戦は日本将棋連盟から分離独立した、日本女子プロ将棋協会の招待選手としての参加であったが、継続的に会員になり各棋戦に参加してタイトル獲得に第二の人生を求めて欲しいと思う。

日本将棋連盟も日本女子プロ将棋協会との和解をして、応援して欲しいと思う。             

続きを読む

             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      173位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      41位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - 1 2 3 45
      6 7 8 9 10 1112
      13 14 15 16 17 1819
      20 21 22 23 24 2526
      27 28 29 30 31 - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア