阪神岩田稔投手と糖尿病

今日は処暑です、朝夕は涼しくなりますが、夏ばてを癒し元気で参りましょう!


8月23日頃(2015年は8月23日)。
および、白露までの期間。
太陽黄径150度。
立秋から数えて15日目頃。

暑さが和らぐという意味。
萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。この頃は台風のシーズンでもあり、二百十日、二百二十日とともに台風襲来の特異日です。

夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもありますので、まだまだ注意が必要です。

夏の家具や雑貨を片づけ、秋の準備を始める目安にしましょう。 (日本の行事・暦)





 ダウンロード (48)

一時は髭を伸ばしていたが、最近は頭髪もスポーツ刈にした。

先日巨人に思わぬ3連敗を喫し暗いムードであったが京セラドームでDENAとの緒戦に先発して見事連敗を止めた岩田稔投手こそ「優勝を諦めない」大きな流れを作ったのです。その後阪神は連勝しています。

岩田選手は高校2年生の時に1型糖尿病を発症し、1日4回程度インスリン注射を打ちながらも、プロとして活躍を続けています。
公式戦で1勝するたびに10万円をNPO法人日本IDDMネットワーク(http://japan-iddm.net/)に寄付したり、同じ病気を患う子どもたちと支援する活動も積極的に行っています。
「健康百科」
http://kenko100.jp/articles/150202003310/

「糖尿病の初期症状」

http://www.hakuraidou.com/info/tounyou.htm#7

糖尿病の四大原因は、加齢、遺伝、肥満、運動不足と言われている。糖尿病の1型と2型の区別は、いわゆる食生活や運動不足などに起因する糖尿病が2型で、1型は何らかの要因によって、自分の体内でインスリンを産生出来なくなってしまう原因不明の難病で、多くは子供や若い世代で発症する病気だそうです。
私は幸い、1型ですので血糖値降下剤と食生活・運動でインスリン注射を打つまでには至ってません。

岩田さんも大阪桐蔭時代に、練習中に体調不良を起こして病院に行き、そこで初めて1型糖尿病と判ったらしく、一時は野球をやめる覚悟を決めたこともあったそうです。現時点では有効な治療法はなく、一日に数回のインスリン注射を一生続ける必要があるそうです。私の同級生も古希のとき同病にて亡くなっています。1型糖尿病でした。

岩田投手は中学の同級生と結婚して子宝に恵まれ温かい家庭にも恵まれたことが唯一の仕合せだと思う。

いわゆる不摂生から罹患する2型糖尿病とひとくくりにされて、「食生活が悪い、運動しないから」などと心ない言葉をかけられたりすることもあるとか。そのようなときの家庭は大変心強いものなのです。

とくに、子供たちにとっては、毎日なんども注射をしなければならないストレスも大きく、精神的なケアが重要だそうです。
岩田さん自身が患者ということもあり、オフだけでなく熱心に慰問や啓蒙活動に力を入れておられます。


アマチュア時代に糖尿病を発症しつつもプロで活躍したビル・ガリクソンや、8歳で1型糖尿病を発症しながらエアロビックの世界チャンピオンになった大村詠一に勇気づけられたことから「自分が頑張ることで、同じように糖尿病と戦っている人たちを勇気づけていきたい」と話す。まさに「災いを福となす」を実践している気骨のある男の中の男と言えるのです。


ところがどういうわけか彼が投げるときの虎打線が援護できず勝ち星を逃がすことが多いのです。メッセンジャーのときも同じですが外国人と違い「自分の投球が悪いから・・」とあくまで謙虚な我慢の投手なのです。

球団創立80周年を優勝で飾るにはメッセ・能見・藤浪に加えてこの岩田投手の活躍が絶対必要なのです。



 

メッセンジャーの好投とマートンの先制本塁打

「速報」

images (44)


阪神がDeNAに3連勝 メッセ8勝目

阪神 : メッセンジャー 8勝 10敗
[負け] DeNA : モスコーソ 3勝 6敗
[S] 阪神 : 呉昇桓 2勝 2敗 38S

 「阪神3-1DeNA」(23日、京セラ)

 阪神がわずか4安打ながら効率よく得点し、今季5度目の同一カード3連戦3連勝、貯金を最多タイの「8」に戻した。

 初回1死二塁から福留が2試合連続となる先制の右前適時打。四回にはマートンが左翼席へ今季8号ソロを放って加点。さらに五回、2死走者なしからメッセンジャーの遊撃内野安打の後、鳥谷の右前打で一、三塁とし、大和死球で満塁。続く福留の押し出し四球で3点目を奪った。




safe_image (20) 




「朗報」
広島2-1巨人
連日のエルドレッドの決勝打で先発の黒田と抑えの中崎で広島の連勝となり、首位阪神と巨人の差は2・5差と成り
阪神優勢となる。!
            

続きを読む

             

少子高齢化と町内会役員

 肩を手術してからは、準障害者扱いをしていただき、役員を免除してもらっていました。しかし、ここ数年から私の地区は少子高齢化が激しく病人と高齢者の町になってきました。
動けるうちは良い方なのです。先月、役員からその事情を話され今月からは一番楽な班長の役目を務めることに成りました。役目は2ヶ月に一回の町内会費の徴収と回覧板の配達です。しかし、高層マンションが多く足腰の弱い私には可なりの負担です。しかも、5階以下のエレベーターの無いマンションは悲劇です。早速、昨日から今日にかけて集金に回りました。
なるほど、訪問して分かりましたがが、出てくる人は高齢者か、松葉杖を着いた高齢者が殆どでした。是では私も、役員の義務があることが良く分かったのです。

 救急車が患者を搬送する病院が中々、見つからない、病院からは治療が終わったからと退院を迫られているが行き場所が無い、結局一人で暮らす老人が多いのです。現在の医療制度は低所得高齢者にとっては実に住みづらい世の中に成りました。三位一体改革の消費税上げだけは決まりました、肝心の福祉関係は一向に進みません。地域に在った「ご当地医療」の方針が決まったようですが、地域に拠り医療分野に対する姿勢が大きく違い、又、患者にとっての格差が生じます。

各家を訪問して分かった事は、リハビリや訪問診療の充実が如何に大切かを痛感しました。通院したくても出来ない高齢者が沢山いるのですねー。私にしたって通院は大変な負担です。
自治体に任す方向はよいのですが、地方分権と相俟って果たして公平な医療制度を確保できるかは極めて不
透明です。国が最終的には責任を持つべきだと思う次第です。命に変わりはありません。地域格差があってはならないと思うのです。早く老後の安心を築いて欲しいものと思いました。                         

新札幌循環器病院

  




 新札幌駅を中心とした界隈には、先に紹介した「羊ケ丘整形外科」とここ、循環器系疾患治療では道内でも10指に入るといわれる標記病院がある。創立者は顧問金有世博士であるがいまは高名な佐々木孝医師が理事長兼院長である。新札幌地区の医療環境は整った感じがする。
 
 毎月一回発行の(広報誌サンプラザ)によれば今年の4月1日からいままでの、「出来高方式制度」から急性期の医療機関として入院医療費が「一日当たりの定額」を基本とした計算方式に変わったそうだ。

難しくて分かりずらいのだが、早く言えば「出来高方式」は上記の表の様に「入院料x入院日数」であったのが、「一日当たり定額(人件費、注射、薬、検査、レントゲン、処置等を含む)x入院日数」ということに変るらしい。

しかし、患者には、とても分かるはずがありません。患者にとって得なのか、負担が増えるのかが問題なのである。説明によると「これまでの出来高払いでは行った医療行為が多ければ多いほど医療報酬が増え、回復への最短治療を行った病院には支払いが減り回復を長引かせた医療者への支払いが増えるという矛盾があった。この新制度では最初から診断結果に対する診療報酬が決まっていて、ただ無駄な診療をして長引かせても逆に経費がかかり医療者は損失が出るのです。このような形で患者さんと医療者の利害が一致し無駄な過剰診療が無くなり、患者さんへの利益として無駄な医療の削減が期待されるのです」ということだが、未だ、分かったような分からないような複雑な仕組みである。国の医療費の削減に効果があるのであればマシな制度かもしれない。しかし、最短治療という名の元に手を抜かれては、患者にとっては元も子もない恐れもある。





▲もう一つ分からないのがこの度の「税と社会保障の一体改革」の社会保障部分である。その点の説明が不透明で我々は一番不信に思っている。そこで少しく調べてみたことをここに若干書いてみようと思います。

「低所得者対策」の実施

(福祉的な給付)
受け取る年金額が低い高齢者や障害者への対策として消費税率が10%に為る2015年10月から「福祉的な給付措置」が行われます。年金とは別にお金を給付する制度で、一例を挙げると保険料を40年間納めた人には月¥5000を給付し、期間が満たない人には納付期間に応じた給付があります。但し、対象は家族全員が住民税非課税で、年金を含めた所得が77万円以下の人です。障害一級相当の人の給付額は、1・5倍とする。これは決まったわけではなく今回の3党修正合意の話です。参議院で可決すればこのように決まるわけです。

 (簡素な給付措置)
2014年4月の消費税8%への引き上げ時に低所得者に対して現金給付をする。給付額や対象は検討中。恐らくは年額1万~5万の過去の例より多くなるはずです。

  (軽減税率)
消費税は所得の低い人ほど負担が多くなる、逆進性があり、食料品など生活必需品の税率を低くする。
これは、2014年4月から。

  (給付つき税額控除)
税額控除と手当て給付を組み合わせた「給付つき税額控除」は、10%に引き上げた時点で低所得者対策として導入を検討する。
消費税の負担増の一部を所得税額から差し引くとともに、減税の恩恵を受けられない低所得者層には、現金を支給すると謂う仕組みです。

▲いずれにしても、増税という負担増には変わりがありません。企業は商品価格には上乗せできない不景気です。
実施はそのときの経済状態を鑑みるというが若し不況が続き法の施行が行われなかったら、世の中益々の混乱が起こることでしょう。景気がよくなるという保障は全くありません。可なりいい加減な合意というべきでしょう。
また所得の把握には個人情報上問題がある「共通番号制度」が必要に成ります。これまた、大変な作業と税金の節税という名の個人財産の海外移転も起こり、高額所得者と低額、中間所得層との不公平さもあり、極めて問題のある制度です。国の目的は民の平安と幸福を目指すものであると思う次第です。


☆応援宜しくね^^☆


人気ブログランキングへ                         

雑感

 最近は気温が一ケタ台で冬のような寒さである。可笑しな天気が続く。眼科で処方されたカルテで、新しい遠近両用眼鏡を作った。
遠くと、近くがバランスよく見える。しかし私の目は一年半くらいしか持たない。それでも、3ケ月間は無料で取り替へてくれると聞き安心した。

「下肢の浮腫で困っている」という記事を書いた処、



空を見上げて(日日の徒然)のいちこさんからコメントで「 足首から膝に向けて ゆっくりとふくらはぎの裏側を揉み上げて、膝の裏側を擦り、リンパの流れを良くすると楽になるんですよ。」と教えられた。藁をも掴むような気持で気が踊った。

「いちこさん」の言う事を、実行してみたら、大分足が軽くなり療法士に「今日は歩き方がいいですねー」と褒められた。
体験による療法も、如何に有効かという証拠でもあると感謝した。足の甲が腫れ上がり可なり痛いが薬と、この「揉みと擦る」療法で治ると信じて頑張るつもりである。遠近両用めがねと同じで、医師の専門的話だけ聞いていて先ばかり心配しても、近くの「経験法則」をおろそかには出来ないもので、何事も、バランスが大事だということが分かった。

何時も困ったときに相談するタマちゃんの暇つぶしのタマいちさんから下記のようなご意見を頂いた。
タマいちなら、如何するか?
「1、自然治癒力を発揮させ自分自身で治す~仙道(瞑想・導引・気功・生薬・針・灸・・・)
2、それも、シンドイので「分子栄養学(三石理論)」を使う~細胞の遺伝子が十分に働けるようにする~遺伝子が要求する必要な材料を必要な時に必要なだけ、常に用意しておく~良質なタンパク質(プロテインスコア100のタンパク質を体重の千分の一グラム)、ビタミン、ミネラルを体内に用意しておく~良質のタンパク質の摂取(加熱した卵が良い)+ミネラル+ビタミンの大量摂取+活性酸素除去物質摂取(酸化防止=痛みも取れる)~これにはメグビー製品が最高だが、お金が掛かる~安いDHCでも一工夫すれば十分に使える。勿論、乳酸菌もいいですよ。
3、*それも、シンドイ場合は専門家にお任せする~手術をされた今回の荒野鷹虎さんの場合はこれに該当します~しかし、治すのはあくまでも自分自身なんで、お医者さんでも、薬でもありません。

*あっちが悪い、こっちが痛いと声高らかにお医者さんに訴えて、良い薬を探し当てて貰う。
*お医者さんの薬を止めて、暫く様子をみる~タマいちが敬愛するリー先生の見解:安全なHbA1C値は8以下(糖尿病)、健康な血圧値は、160/90mg/Hgとされています。
*今からでも遅くない、1、2を併用する。」 という貴重なお話でありました。

先にも書いたが如何に「自助努力」が大事かが良く分かる。ちなみに、今の私の血圧は135-75.血糖値110.
HbA1C値は6.4(正常値は5・8以下)である。極めて正常値である。この数値を維持することが日常の、努力以外は無いのである。
                        

羊ケ丘整形外科病院

"

 
岡村健二

倉医師 画像 090 画像 053  雑然としたした私のベット

 新札幌駅から徒歩で8分といういわば厚別一等地の角地に4階建ての新築が始まり、近隣の住民たちは、「一体何がたつのか]と注目の的であった。中々ベールがはがれず、期待に胸を躍らせていた。今年に成りやっと羊ケ丘から移転新築してきた羊ケ丘整形外科病院だったのです。

聞けば、岡村医師、倉医師は全国的に高名なスポーツ医学会のエキスパートであることがわかります。HP羊ケ丘整形外科病院
をご覧になれば良く分かります。当然高齢者住民の多い厚別区の人の待ちに待った
施設で、大歓迎を受けたわけです。開院当時は旧羊ケ丘病院の患者さんや、近隣の患者さんで大混雑振りが如何に、大歓迎されたかが伺われます。近隣の病院を圧迫する恐れもありますが、今は患者が名医を選ぶ時代で、格差は自づと仕方がないことです。理事長(医師)と看護師、療法士の三者で協議して経営努力している姿勢が素晴らしいことです。一人が威張っても経営はうまくいきません。合理的信頼関係が目に付きました、理事長を中心にした如何に強い関係かが分かります。
▲実はわたしも予約患者が多く直ぐ入院できず、しかしその間、麻酔や手術に耐えられるかも総合検査をしたのです。入院した後の検査よりその間の入院経費が当然掛からないのです。直ぐ、今はやりの音楽の流れの中で安心して「内視関節鏡手術」を受けたのです。
手術をしなければ儲からないシステムに係わらず、三者の協議で、合理的経営努力をしているのが分かり、今の医療関係の先駆的開拓者でもあると思いました。談話室が食事室に早代わり、風呂も個室で、素晴らしいアイデアです。大部屋が4人なので、私の・[入院八策]は余り必要がありませんでした。笑)
何より、理事長が、忌憚の無い人柄で、スタッフに絶大な、信頼があるのが経営もやりくりできるのだと感心しました。このような経営努力をしている病院には自治体や国の補助金を大いに出すべきだと思いました。患者が待っているのですから・・格差は仕方がありません。良ぃ病院は発展して然るべきなのです。これからは医療費、定額支払い制度も施行され、長く入院させれば儲かるということにも成りません。早い治療で、早い退院と言うことになろうかと思います。
私が下手な説明をするより、HPを見ていただければ、お分かりに成ります。如何に優秀な真面目な病院かが分かるはずです。
この「内視関節鏡手術」をいち早く取り入れた岡村、倉両医師は医療改革の先駆者でもあり患者も病院も共に、発展することが当然であり、またそうあるべきと思いました。
入院中、異常に血糖値が上がり遂に降下剤を服用することになりましたが悪化するより思いのほかの副産物と喜んでいます。地域の病院とも強力し提携して仲良く連携する姿勢も素晴らしいと思いました。
先ずは一端を報告して何かの参考になれば幸いです。療法士さんも、医大の4大を出た、修士課程、博士課程の人もいます。ただあまりに忙しすぎて、職員の健康も心配に成りました。また患者もゆっくり療養、リハビリができる手はずを何か考慮するべきとも思いました。外科は手術後のリハビリ次第とも言われ今後の大きな課題でもあると思いました。             

続きを読む

             

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      148位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      38位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - 1 2 3 45
      6 7 8 9 10 1112
      13 14 15 16 17 1819
      20 21 22 23 24 2526
      27 28 29 30 31 - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア