血糖値と安倍首相の福祉政策減退

 
オバマ米大統領は15日、訪問先のギリシャでの記者会見で、「露骨なナショナリズム(国家主義)や民族主義に対抗しなければならない」と述べ、米大統領選でのトランプ氏勝利を受けて、欧州にも排外的な主張が台頭する可能性に警鐘を鳴らした。

 ギリシャのチプラス首相との記者会見で述べた。オバマ氏は選挙後、トランプ氏への表立った批判を控えてきたが、外遊先では「本音」を吐露した形だ。欧州では英国が欧州連合(EU)離脱を決めたほか、移民排斥の動きが広がっている。

トランプ人事、早くも内紛? 安保担当元下院議員が離脱
http://www.asahi.com/articles/ASJCJ2S8JJCJUHBI00S.html

米国のトランプ次期大統領の政権移行チームで安全保障を担当していたマイク・ロジャース元下院議員は15日、移行チームから離脱すると発表した。チーム内では、新政権での人事などをめぐり、同元議員ら「共和党主流派」と、トランプ氏に近い「反主流派」による主導権争いが過熱しており、それが表面化した格好だ。

TPP拘泥の安倍首相は孤立 トランプ“中国接近発言”の狙い
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193876/2

トランプ次期大統領の側近が、中国が主導する「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)を“歓迎”した。トランプは選挙中、中国を徹底批判していたが、本音では第2の経済大国を無視できないようだ。翻って、「ゴミ箱」に捨てられそうなTPPにこだわり続ける安倍首相は、すっかりハシゴを外された格好だ。

☆トランプ政権誕生までには、まだまだ紆余曲折があるようです。ホワイトハウス(官邸・公邸)の3000人とも言われる局長クラス以上の人事が決まるには共和党の主流派とトランプ氏の身内まで引き込んだトランプ氏に近い「反主流派」との主導権争いがあるからです。トランプ氏にとっては過激発言と批判されながらも既得権益層を破壊し「保護主義的アメリカ第一」の独自構想を実現したいはずです。プーチンとも良好な関係もすでにロシアで不動産商売を行っているからです。中国とも将来インフラ整備で魅力が大きいのです。TPPで日本と自由貿易をしても、余り得にならないと見ています。日米同盟を維持するのは「米国の前線基地」として米国本土を守るために必要だからです。中国と戦争になっても日本が戦場になるので好都合だからです。

それでも安倍政権は対米追随政策を改める気持ちが見えません。自民党と公明党、右翼団体である日本会議、安倍総理や橋下徹氏、小池知事などのやり口も既得権益層保護に関しては全く同じです。米国が離脱すると言うTPPを日本が先の国会で強行採決した事は愚行といわざるを得ません。首相は「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に移っていく」と日中や東南アジア中心で米国が不参加の枠組みを引き合いに出し、トランプ次期大統領をTPPにつなぎとめる狙いと見られる。元々が自民党も国民も大半が反対していたTPPにこだわる安倍政権の空気の読めない政治感覚はトランプ氏にも相手にされないことと思う。やることがあべこべなのです。

国内では厚労省が来年度から医療や介護の負担増の大枠を決めました。現役世帯並みの収入がある70歳以上の人は医療費の自己負担上限が上がり、当たらしう75歳になる人は保険料の軽減特例がなくなるというものだ。
http://www.asahi.com/articles/ASJCJ2FXCJCJUBQU005.html

先日、糖尿病の検査に行って来たが、70%以上が高齢者である。「今は、1割負担だが、来年ちょうど75歳になるので通院も出来なくなる」と嘆いていました。すでに75歳以上の後期高齢者も3年かけて段階的に廃止することも検討すると言う。年金は徐々に減額され食料品は高くなり低所得者のエンゲル係数は100に近い状態です。病院側も事情があると見え、受診期間を長く取り、薬だけを45日分とか中には1ケ月分くれるところもあるらしい。診療の減退につながりかねないと不安を言う人もいます。
私は2型糖尿病ですが、食事療法と軽い運動で血糖値は高いですが、HbA1cは6・6まで下がり週3くらいの割合で好きなアルコール飲料を取ることが出来、ささやかな幸せを感じるこのごろです。今流行の「グリコのビフイズス菌入りのヨーグルト」も効能が認められフアンになりました。

子育て支援団体が激怒 安倍首相「署名文書」の唖然内容

内閣府が「子供の未来応援国民運動」の1周年を記念し、今月8日付で〈総理大臣 安倍晋三〉の名入りの文書を公表した。〈日本の未来を担うみなさんへ〉と題され、総理が優しく語り掛ける文面なのだが、これに対し、無料や割安の食事を提供している「子供食堂」を運営しているNPO団体などから怒りの声が出ている。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193877


小久保Jにファン不満 球界に「松井秀喜監督」要請の動き
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/193865
「あくまで強化試合とはいえ、大谷(日本ハム)が天井直撃二塁打を放ったり、オランダ戦は2試合続けてタイブレークにも突入。見せ場があったのに、この数字は寂しい。小久保監督が就任してからの強化試合の視聴率は大半が1ケタで『10%』の壁を突き破れないでいる。観客動員も土曜日開催だった12日の3万7101人を除いて2万5000人前後。過去のWBC本大会は軒並み高視聴率をマークしていますが、不安もあります」                         

清酒の飲み方

2/7の「ジョブチューンSP」を始めて見て驚いた。「各界の達人が美味しく飲食するコツ」を紹介する番組である。
特に酒屋直伝の進める美味しいお酒と美味しいお酒の飲み方には感心したり驚いたりで大変参考になった。千葉県で「油忠」(あぶちゅう)を営む店主によると「飲む直前に瓶ごと思い切り振ることで固まったアルコールの分子構造が分離して角が取れ、甘味とまろやかさが増す」と言うのだ。騙されたと思い早速試してみた。酒は北海道の小樽の「北の誉酒造の(吟醸酒・「群来(くき)」である。なるほど一段とまろやかさがあるのである。こんな飲み方は普通は邪道で嗤われるのが落ちである。しかも、ぐい飲みに注ぐ前に毎回振るのも大事だと言う。ちょっと面倒なふしがあるが清酒の好きなお方は是非お試しあれ。!


又、清酒の一番美味しいのはてっきり新潟県か、安倍総理のお膝元山口県と言うと思いきや、酒の美味しいのは高知と静岡だと言うのだ。高知の「土佐鶴」や「水鯨」は良く飲むので分かったのだが、静岡の酒は、北海道ではあまり見かけないので早速、検索で調べてみた。不思議なのは山口県の岩国の「獺祭(だっさい)」が日本清酒ランキングで一位にランクされていた。




   がりゅうばい


静岡を代表する銘酒「開運」
明治7年(1874年)年に創業したこの蔵は、蔵元の地元、小貫村の発展を祈って酒名を「開運」と名付けられました。
私(佐野吾郎)が開運と出会った1990年代、開運は全国新酒鑑評会をはじめ数々の品評会で上位入賞を繰り返し、注目を集めるようになっていました。
日本吟醸酒協会が開催する吟醸酒メッセというイベントに参加した時に、毎年開運の造る酒の出来の良さに感動させられ、この蔵のお酒を皆様
土井酒造場の「開運」は、能登杜氏伝統の職人気質に自家精米へのこだわり、そして最新の酒造設備で醸した旨い酒。
間もなく冬至というある日の朝、東の空にようやく明るみが差し始めたころ、掛川市小貫の土井酒造場に到着した。ほの暗い中、蔵屋敷の前を流れる小川沿いを進むと、見事な薬医門の向こうに、盛んに湯気を立ち昇らせている蔵の屋根が見える。これまでに何度か土井酒造場を訪ねているが、いつ見てもすばらしいロケーションと蔵屋敷で、静岡県の歴史的建築物としても紹介されている。殊に桜の時期は、蔵の黒壁に淡いピンクの花びらが映えて本当に美しい。

静岡の友人に問い合わせてみたら「www.sakeno.com/ranking_todou/21


此処に、(全国の)日本酒のランキングが載っています。

静岡県の「開運」は3位になっていますね。
静岡県では、「臥龍梅」が1位ですが、私は飲んだことがありません。
8位の「花の舞」が私は美味しく感じます。」と言う答えが返ってきました。

  yjimage (25)






「土佐の風土と酒文化」
土佐の人は昔から食文化に旺盛で口が肥えているという。

商品名の慎太郎は坂本龍馬と並ぶ土佐の偉人、近江屋で龍馬と共に暗殺された陸援隊長だった中岡慎太郎から頂いたものです。
精米歩合60%で吟醸酒と同じ少量仕込み、低温発酵で丁寧に醸されており、柔らかな酸味、膨らみと切れの良い淡麗辛口の特別純米酒です。 あなたも維新を感じながら一杯いかがですか!

風土が醸す酒造り
お酒造りにとって、お酒の味わいを決める重要な要素の一つが自然環境、特に気温が重要です。南国高知では、冬季の仕込み期間中でも気温が高く、決してお酒造りには適した土地ではありません。今では冷蔵設備が普及し、安定した造りが可能となりましたが、このような設備が少ない、その昔は酒造りをする上で多くの困難を伴いました。

酔鯨の蔵は沿岸部、高知市にあり、気温の高い環境で酒造りをすることには昔から苦労してきました。一方、このような環境であるからこそ試行錯誤を繰り返し、その結果、特色のあるお酒造りが可能となりました。土佐の風土に根ざし、その環境があるからこそ育まれてきた土佐のお酒です。





鶴来(合併で白山市)には「加賀の菊酒」といわれ秀吉の醍醐の花見に饗された酒があったという。白山信仰の門前町で280余年の歴史を刻む。「萬歳楽」は伝統の中で磨きぬかれたその味を鑑評会受賞常連の南部杜氏の技で極める。
隣の福井県では勝山にある久保酒造の『一本義』が美味しいと言う。







私が飲んだ酒で特に美味しいと思った酒は、実際その土地で飲んだ酒では、大阪市の「秋鹿」「呉春」、灘の「大関」、伏見の「白鶴」、石川の「白山」(金沢で飲んだ)、秋田の「太平山」、岩手の「あさ開き」、新潟の「越乃景虎」「八海山」、特別なのは佐渡島の「真野鶴」と「北雪」(酒米として最適な山田錦を35%まで磨き上げ、昔ながらの手法でこしきと麹ブタを使い長時間低温発酵て生まれた手造りの大吟醸です。)であった。
又広島の銘酒「酔心」青森の「亀吉」であるが、もちろんわが北海道の清酒は水のよさか大抵美味しいです。「男山」「北の勝」「国稀」と数え上げればきりがないほどです。札幌の酒の専門店で買い求めた中では岐阜の「三千盛」、長野の「大信州」、宮城の「浦霞」「一の蔵」、山形の「初孫」、福島の「奥の松」、秋田の「六舟」「おもてなし」等数え上げるには切りが無い。酒は米と、水と杜氏が三位一体となり出来る物で、どれ一つかけても美味しい酒は出来ないようである。最近は贈答品の売れ残りを安く売っているが、製造月日が1年以上もあるものは美味しくない。
冷やして、よく振って飲んでみてはいかがだろうか・・!?             

続きを読む

             

根室の酒「北の勝」

「酒なくて何の己が桜かな」ま~花より団子の人生である。又人生の潤滑油とも言える。鈴虫の声を聞き飲む夜の酒の味も又風流である。


 今この酒が北海道では、中々手に入らない逸品の酒である。
上の酒が「大海」と言い¥1・476円。下の「鳳凰」が¥1・733円と言う超格安の
清酒なのだ。吟醸酒でもなく淡麗でコクがあり、ちょうど「八海山」によく似た味がする一般酒なのです。値段を考えればこれほどお得な酒はあまり見た事がありません。根室市の碓氷勝三郎商店(社長碓氷ミナ子)と言う個人商店と言うのも珍しく大量生産もできない事が返って 念入りな酒造りが出来る事が幸いしていると思うのです。
名前が縁起もよく、選挙で勝つと言う事で政治家には特に人気が高いようです。 

根室市およびその周辺の酒店では必ずといっていいほど「北の勝」が置かれており、地元に定着している。しかも全生産量の8割は、釧路・根室地区で消費されている。

普通酒の「大海」が以前は糖類・酸味料添加であったが、2007年7月以降は糖類・酸味料無添加になっている。

毎年1月に限定発売される「搾りたて」は吟醸香が豊かでフルーティーな味で出荷本数が少なく入手困難な酒として全国の日本酒通に有名である。
吟醸酒はおいしいが、皆、香りがよく果物の味がするのが特徴で、ある意味、銘柄を選ぶ楽しみがないものである。

煙草と違い、上手に飲めば百薬の長でもある。特にこれからの北国は鍋を包み、燗酒を飲むのが健康のもとでもある。




  

          この「福司」は釧路の名酒で、1600円ほどで買えます。「北の勝」と並んで、道東の両横綱と言えるお勧めの酒である。観光に来られた時は是非試飲されてはいかがでしょうか!                         

北24条界隈

 
北24条駅、以前は終点でした 北24条交差点



10年ぶりに大阪の北とも言われる北の歓楽街に行ってみた。昔はここが地下鉄の終点だったので凄い人出でした。今は延伸して麻生までですが、相変わらずのにぎわいで懐かしく思いました。私はこの近くで新婚当時化粧品店をやっていたので更に思い出が深い場所です。

  004_2013080401052491b.jpg

「飲食店街付近」        「居酒屋きんぴら」          


実はこの近くに住む後輩が、最近居酒屋で知り合った素敵な人を紹介すると言う事で集まったのですが3人とも獅子座生まれであったのです。誕生日は違うが(誕生会)という名目だったのです。
話がはずみ素敵人は神戸生まれで戦災で疎開した私と同年輩の人でした。同じ国民学校出身なので話はどこまで行っても尽きること無く酒量もはかがいった。
後輩の粋な計らいのおかげで楽しいひと時を持つことに感謝した事でした。

013_20130804125721f0f.jpg 021.jpg
酒は吟醸酒ばかりで、何を飲んでも一杯500円と格安で【写真は寒紅梅・作(ざく)どちらも北海道では入手困難だとか】
料理は沢山あったが特にこの余市産の分厚い(宗八)が格別の旨さでした。又最近流行のトマトの天ぷらも、牡蠣フライも一味違い小料理屋と言った方が良い店でした。




 030_20130804132051b17.jpg
当然二次会という事になり居酒屋のママさんの紹介のスナックへと足を運び、私と素敵人は昔懐かし裕次郎の歌を歌い昔をしのんだ。
おまけにこのビルの名前が「タイガービル」であったのが因縁を感じた。
037_2013080412572456f.jpg

042.jpg
地下鉄も終電が12時まで伸びたのでタクシーを利用しなくても良くなり便利になった。しかしタクシー泣かせでもある。

昨日デュエットした「北空港」
                        

雨中の円山公園の花見

  円山公園の入り口 
    円山公園の入り口
          
 
   

 待ちに待った桜が咲いた。先日の真夏日の気温で一気に開花、満開宣言である。ところが昨夜来、関東から、東北を経て北上した、豪雨を伴う強風で桜の花びらも一部散り、小枝も折れている始末である。

 京都の、円山公園を真似て作られた、此処、神宮境内の公園は札幌市とその外郭団体が運営している。近くには、動物園、庭球場、野球場等が在り、5月上旬には花見、6月は神宮祭と賑わいを見せる。名前は同じだが、桜の美しさは、京都とは比べ物になら無い。雨と、桜の寂しさに、写真のUPもできなかった。

 動物園の、象さんがいなくなり、子供には最大の人気者を今インドから雄、雌、3匹の輸入計画がある。
又今日は「みどりの日」でもある。定山渓温泉の途中の、小金湯に「小金湯さくらの森」を整備することが決まり、広大な桜並木を作り、多目的広場の造成計画も27年春開園予定である。動物園は、高齢者が無料であったが今は有料になっていた。

 雨で、一旦は中止となった花見を友人がキャンピングカーを借りて急に、円山公園に行く事になった。いつもの、大木の木の下に陣取り旧会社の仲間と語り、懐かしいひと時をとり、愉快であった。キャンピングカーと行ったり来たりの花見であった。この大木は雨宿りに絶好である。

 隣の女性は、私と一回り違いの、干支で、良くジョッキを傾けた酒豪である。糖尿病の十年先輩で、色々指導を受け給うた。笑)彼女の孫がなつき、可愛かった。
「そんな糖質ゼロとか、ノンアルコールなら飲むのを止めなさい・・・・」と昔と同じ、利かない女性の言葉が懐かしかった。「未だ、十年は持ちそうだわ・・」苦笑せざるを得なかった。若い家族や、サラリーマンがポチ、ポチ集まってきたが、午後4時頃には気温が下がり、寒くなってきた。

画像 135 画像 136

雨上がりのつかの間




 果たして、夜桜まで居られるのだろうか?
それでも、思い切って花見を強行してよかったと思った。芝生と、雨で洗われた木々の清々しさが美しかった。

帰宅して録画を見たら、虎が又負けていた。六甲の桜は完全に葉桜となったのだろうか?!
先ずは夢にまで見た、桜を眺め楽しい日であった。明日は大雨の予報である。                         

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    荒野鷹虎

    Author:荒野鷹虎
    何時までも心は若者でありたい!。
    (男性)道産子、AB型

    熱烈な阪神ファン。
    囲碁・将棋の大フアン、スポーツ大好き、
    太宰治に傾倒、自らも人間失格を自称、クラシックも好き、気の多い多趣味な、多酒味男、政治の腐敗に喝!

    フリーエリア

    ☆いつも不思議な不正義へご訪問ありがとうございます。 !!  ☆後ほど訪問致します☆      

    最近のコメント

    コメントありがとうございます!

    リンク

    RSSリンクの表示

    文字を大きく・小さく

      カレンダー

      2017年babaさんのカレンダー

      フリーエリア

      月別アーカイブ

      &freearea

      カテゴリー

      FC2カウンター

      現在の閲覧者数:

      アクセスランキング

      [ジャンルランキング]
      ブログ
      148位
      アクセスランキングを見る>>

      [サブジャンルランキング]
      その他
      38位
      アクセスランキングを見る>>

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
      にほんブログ村 酒ブログ 酒と健康へ

      FC2Blog Ranking

      ブロとも一覧


      私とソラ

      小さなお花畑

      1960+(50代3人による暇つぶしのお供)

      ちょっと寄り道しませんか?

      aioままのフォト日記

      吃音な俺がブログとやらをやってみた

      ライフスタイル向上のすすめ

      子育て主婦の日記ブログ

      猫のあくび

      ☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

      勝手に言わせてもらいます。

      ブラウンも、ルージュも大好き

      お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

      想い出という忘れ物を探しに~UNTIL THE DAY I DIE~

      トイプーブログ☆ちょこたんの毎日☆

      趣味人の箇条書きブログ

      やさぐれ戦記

      夢を追う旅-Doll making

      ぷーことおてて

      †夢見草†

      みぃちゃんブログ

      タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

      きっと誰かに愛されている

      中国通史で辿る名言・故事探訪

      TAKEろぐ

      ふんわりのかけら♪

      ハタつれ‥‥昭和30年からの風景

      2代目看板愛犬♂ラヴィン&ひろみの笑顔日和

      いろあそび工房  in  空想Cafe 『日ごろ景色』

      四季自然

      クマさんと一緒

      芥川しげるのミステリー小説「人生賞」(大賞10万円副賞+α)

      江戸の笑い

      ビーチサイドの人魚姫

      わくわく株式投資

      心に響くほんとの話

      もっとインターネットを楽しもう♪

      京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ

      makoのなんだろう~~?

      アメコカリキの世界

      伊織のブログ

      炭酸水たー坊の食事日記

      薬剤師の不養生

      日本の四季

      【ミー子】の伝言(ことづて)

      脳科学 心理学 ブログ

      ミリオネアインテリジェンス!!!!! 資格編

      ピンクすずらん姫

      Poem Spice-久遠の詩-

      茜いろの森

      purotokoのブログへようこそ

      世間の事 ~ハラハラドキドキ人生~

      ひろかずのブログ

      山 ときどき 温泉

      空色の童話 -詩集-

      高橋さんの写真記念館

      竹林乃方丈庵

      月の木漏れ陽亭

      不公正な国家賠償訴訟

      初期装備は ひのきの棒

      弱者のネット活用術

      Webスクラップ帖

      Wonder_Ryuchanの大人の日記

      洒落た日々喜楽

      私は、姑。

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

       

      フリーエリア

      リアル市況

      Calendar 1.1

      <
      >
      - - - - - - -
      - - 1 2 3 45
      6 7 8 9 10 1112
      13 14 15 16 17 1819
      20 21 22 23 24 2526
      27 28 29 30 31 - -

      全記事

      Designed by 石津 花

      フリーエリア